ミラコスタの朝

泊まったのはヴェネツィアサイドのお部屋で、窓からの景色はこんなでした。

f0176860_14342581.jpg

f0176860_14342776.jpg

ホント外国に来たみたい。素敵♪

6時40分から朝食をレストランオチェーリアで予約していたので6時過ぎに起きたらのんびりするまもなく着替えてレストランへ。

ショーの時間帯に食事できたら真正面に見えるお店です。

f0176860_14353797.jpg

和食、洋食のビュッフェ。
f0176860_14363231.jpg

f0176860_14380256.jpg

美味しかったですよ。息子にはベーコンが、娘にはフレンチトーストが好評でした。

準備が遅い息子にはお店の名前と館内地図を渡して先に出たら、店の名前を忘れ、携帯も部屋の鍵も持たずに出て迷ったそうなのですが、レストラン入り口の受付の方に息子が遅れてくる旨伝えたら、ウロウロしていた息子には声をかけてくださったそう。

f0176860_14414964.jpg

海外のホテルじゃこんな気を利かせてくれないよ〜。助かりました。

食事が終わったのが7時半少し前、ホテル宿泊者は開園15分前にパークインできるので、急いで部屋に戻りました。

チェックアウトもなしで出られて、荷物は出るときフロントに電話して部屋に何個残すか伝えればそのまま部屋に置いておけばベルで預かってもらえます。

15分前の入園にはホテルチェックイン時にもらえる通行証が必要なのですが、朝バタバタして部屋に置いて来てしまいました。

でも、宿泊者の列に並んでいる時係りの人に声をかけたら名前を確認して通行証を再度もらえました。

45分少し前に列に並んだものの、既に長ーい行列ができていました(^_^;)

次回ホテルに泊まるときは、朝食なんてノンビリ食べてないで並んだ方が良いかも〜。

とは言え50分には中に入る事ができ、ふつうに行く人よりは有利なこと間違いなし。

この特典はミラコスタ以外のホテルにもあるようなので、また機会があったら前日入りしたいな〜。

ディズニーランドホテルの方も泊まってみたい♪

[PR]
# by lucie1104 | 2017-11-23 11:17 | 子どもとおでかけ | Comments(0)

ミラコスタ

学芸会の振替休日だった月曜日、ディズニーシーに行く予定だったのですが、思い立って日曜日からミラコスタに泊まる事にしました。

半年前から予約開始と聞いていたので部屋空いないかと思ったのですが、一週間前にホームページを見てみたら空いていました。

リゾートラインの駅を降りたら通路を渡ってすぐホテル。

f0176860_20124746.jpg

ロビーが豪華!

f0176860_20131551.jpg

f0176860_20131844.jpg

お部屋も豪華!

f0176860_20135209.jpg

f0176860_21072834.jpg

プールも入ったのですが、私達以外カップル1組しかいなくて、貸切状態でとても気持ち良かったです。
f0176860_20152112.jpg

夕食はあわよくばディズニーシーのショーが見られるレストランで、と思ったのですが、流石に9時まで予約が埋まっていたので、イクスピアリで食べました。

ミラコスタでチェックイン後、二日間リゾートラインに乗り放題のフリーパスがもらえます。

イクスピアリのイタリアンレストランPitta 00もとっても美味しくて満足でした。

f0176860_20181076.jpg

f0176860_20181493.jpg

翌朝6時起床予定のため、夕食後10時頃消灯しました。

考えてみるとこれだけの時間しか滞在しないのに、もったいない気もしないでもないですが、子供達二人共とても喜んでくれたので良しとします!

[PR]
# by lucie1104 | 2017-11-22 20:10 | 子どもとおでかけ | Comments(0)

学芸会

昨日は小学校の学芸会がありました。

子供たちの小学校では、学芸会、展覧会、音楽会を毎年順番にやるのですが、今年は学芸会の年でした。

短い劇で、1役を場面ごとに4つに分けてやる感じなので娘の出番はほんの少し。中でもセリフが少ない方だったので、夫は不満げでした(笑)

義母も残念に思ったようで「あまり目立ちたくないのね。そういう時期ってあるよね」としきりにフォロー(笑)

私は、娘が家で自分の1場と3場のセリフを自分の分だけでなく、他の子のもよく口ずさんでいたのですが、本番を見たら、娘が言っていた通りだったことに感心しました^^少ないセリフだけど頑張ってる姿が見られてよかったです。

息子の方は、当日まで知ったらつまらないからとどんな役で出るのか明かしてもらえず、セリフの練習も、違う部屋に行ってこっそりしてたりしていました。

でも元々できる限り目立ちたくないと考えるタイプで、役を決めるオーディションの前にも、「何をやるかより誰とやるか(誰と同じ場面に出演するか)が大事。楽しい人とやりたい」と言っていたので、そんな目立つ役は期待していませんでした。

見てみたら、確かに、一番の仲よし君と同じ場面で登場(笑)目立つ役ではありませんでしたが、がんばっていました。

六年生の劇は、劇団四季の「エルコスの祈り」というミュージカルを子供向けに短くしたもので、音楽がよかったです。踊りも自分たちで考えたそう。

息子は、デザイン部で舞台背景も作ったようです。こういうのみんなでやるのは楽しかっただろうな。

f0176860_11581519.jpg


最後、全員が立って並んで歌うのを聴いていたら、曲の良さも相まって、ジーンと来ました。ピアノ伴奏の子もとっても上手で良かったです。良い曲だな~♪


これで残す行事は謝恩会と卒業式のみとなりました。寂しいな。





[PR]
# by lucie1104 | 2017-11-19 11:47 | 育児 | Comments(0)

久しぶりの調律

娘がピアノを習い始めたので久しぶりにピアノの調律を頼みました。

最後に調律してから10年は経ってないかなと思っていたのですが、ピアノの中に記録が入っていて、最後に調律したのは2006年、つまり11年前でした^_^;

娘が学校に行っている間にお願いしたのですが、そういえば子供の頃調律してくださってるのを見るのが好きだったのを思い出しました。

f0176860_17544137.jpg

久しぶりの調律だったので二時間半以上かかりました。

日頃弾いてても全く気づかなかったのですが、音が全体的に低くなっていたとのこと。

調律後に弾いてみたら、音の響きがとても良くなったのに驚きました。

それでも40年モノのピアノの割には状態が良いと仰って頂けて良かったです。

鍵盤が一つ欠けているので次回交換してもらい、また、11年ぶりの調律で、また低くなりやすいとのことで、次回は半年後にやってもらうことになりました。

娘には帰宅後、蓋を開けて中を見せてあげましたが、次回は娘がいる時間にお願いしようと思います。

でも次回の調律後は今回ほどの感動はないかも^_^

[PR]
# by lucie1104 | 2017-11-15 12:22 | 趣味 | Comments(0)

公式戦が終わりました

息子の野球チームの公式戦が昨日終わりました。

10月に準優勝で終わった大会のあと3大会あったのですが、ずっと週末雨続きで練習もあまりできず、2大会はそれぞれ一回戦、二回戦が強い相手だったのですが、同じ日の午前午後というのもあってか、両方とも敗退。

昨日の大会は、組み合わせがよくて、これまで勝っていた相手とばかり当たっていたので、決勝までいけるはずと踏んでいたのですが、なんと二回戦で敗退となりました。。。

と言っても7回で2-2の同点、サドンデスで8回をやってもまだ4-4で同点だったため、最後は抽選での負けだったんです。。。

まあ勝てばこんな目にも合わなかったんですけどね。

息子は泣いていませんでしたが(こういう時泣かないタイプ)、半分くらいの子が泣いていました。

特にエースでキャプテンR君の涙には切なくなりました。2年前、低学年の最後の試合も負けて泣いてたなぁ・・・。

一日経ってもまだ思い出してはため息。時間を戻してあのシーンをやり直せれば、なんて考えてしまいます。

次元のまったく違う話で恐縮ですが、先日読んだシェリル・サンドバーグの「Option B」のタイトルが浮かんできて、実によくできたタイトルだなぁと深く感じいりました。Option Aはもうないんです。Option Bを進まなきゃ。

もともとそんな強いチームでもなく、息子も大してうまい選手でもないのに、こんな一喜一憂しちゃうなんて、我ながら親バカだなと思います。でも息子の野球してる姿を見られるのがあと少しだと思うとホント悲しい…

f0176860_15203106.jpg


公式戦は終わってしまいましたが、内輪のリーグ戦の試合ががあと2つ残っていて、その二試合勝てばそのリーグ戦は優勝できるので、気持ちを切り替えて、そちらの応援を頑張ろうと思います。

チームとしては負けちゃったけど、近頃息子のバッティング成績は良くなって来てるので、打撃で活躍できるといいな。

達成感を感じさせてあげたいです。

[PR]
# by lucie1104 | 2017-11-13 15:10 | 育児 | Comments(0)


読んだ本の簡単レビューと日記


by lucie1104

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル