カテゴリ:未分類( 144 )

Twitter、Facebook乗っ取られT_T

TwitterとFacebook乗っ取られました。゚(゚´ω`゚)゚。

f0176860_06175040.jpg



しばらく前からiPhoneのメールアドレス宛にレイバンからメールが来るようになって、なんか変だな、と、思っていたのですが。

昨日、私のTwitterアカウントにログインされたらしく、偽レイバンの釣広告がツイートされてました。゚(゚´ω`゚)゚。

友達からメンションが来て驚いてググって見ると、レイバンのは多いみたい…。

とりあえずパスワード変更すればよいみたいだったので、すぐ変更しました。

アカウントが乗っ取られた場合

その後、パスワード変更だけで大丈夫なのか心配になり、アカウントに携帯電話番号を登録しました。

アカウントへの携帯電話番号の登録

電話番号を登録すると、知り合いにTwitterアカウント知られちゃわないか、心配でしたが、回避方法があります。

メールアドレスや電話番号からアカウント検索されないようにする方法

で、もう大丈夫かしら、と思った翌朝、今度はFacebook乗っ取られてますよ、と、Facebookのお友達から連絡が:(;゙゚'ω゚'):

また、すぐパスワードを変更。

またレイバンです。私がイベント招待をばら撒いてたみたい…。はぁぁ。

保存版】Facebook乗っ取りの予防法と乗っ取られた時の対処法【必読】

パスワード変更後、私が送ったイベントに反応させてしまった友人に個メッセージを送って、取り消すようにお願い、そして、乗っ取られたことを投稿しました。

今回、幸いすぐ気づいて連絡してくれた方がいたのでラッキーだったのですが、私、ログイン通知をオフにしてたので、連絡くれない限り気づけないところでした。すぐオンに変更しました。

あとはFacebook上で友達まで公開していたメールアドレスを自分のみに変更。

やったことはこのくらいでしょうか。

これまで油断して使い回しのパスワードをまったく変更しないで使い続けて来ていたことを大いに反省し、記号を織り交ぜた、それぞれ異なるパスワードに変更して、また、ショッピングサイトのパスワードもしばらく変更してなかったので変更しました。

これでも絶対大丈夫ということはないと思うので、今後もマメにパスワードは変更して、気をつけたいと思います。


[PR]
by lucie1104 | 2017-03-09 08:37 | Comments(0)

親キャリ シーズン5

お久しぶりの親キャリに参加して来ました。

今回は「越境」がテーマで、めいままさんが、ご自身の越境体験についてシェアして下さいました。

海外にいる上司の下で、色んな国にいるチームメンバーとお仕事されているめいままさん。

チームメンバーとは実際にはまだ会ったことはなく、日々ウェブ会議で仕事をしているのだそうです。

とても未来的な働き方のような、でも結構リアルに迫ってくる未来でもあって、とてもとても興味深く聞かせて頂きました。

私も海外のカウンターパートと電話会議やウェブ会議をすることがあるのですが、物理的な距離による困難も時々感じていたので、共感ポイントも多く、ヒントももらえました。

めいままさんの場合は、上司の方と定期的に面談(これももちろんリモートで)をして、コミュニケーションを取っているそう。

物理的な距離があっても、上司の方と信頼関係ができてることが伝わって来て励みになりました。

お話は、リモートワーク、グローバリゼーション、A.I.に仕事を奪われるかもしれない未来の働き方と広がり、短い時間ながらも充実した時間でした。

ハッとしたのが、かぶりえさんがおっしゃっていた「フリーアドレス、リモートワークでコミュニケーションの質が変わった」という言葉。

確かにフリーアドレス(デスクが固定でなく、毎日好きな席に座るオフィススタイル)だと、どこに座るか(=誰の隣に座るか、誰と話したいか)日々意識的になるし、固定席と違って、会いたい人を見つけづらく、また在宅勤務してると実際に会って話す機会も少なくなるから、誰かの顔を見ると、無意識にその人に話すべき案件を頭の中で考え巡らせるようになってる気がします。

どちらが良いということでもないのですが、面白いなぁと思います。

めいままさんは結構チャレンジな環境に自ら飛び込んでらっしゃる割に、歯を食いしばって頑張る、みたいな悲愴感がなく、淡々としなやかにハードルを越えて行ってる感じがいいなと思いました。

越境体験とは少し違う話になるかもしれませんが、私は後輩の育成で悩んでるところがあったのでその話をして、アドバイスや、ヒントをもらえました。

具体的には、出張中の後輩が帰って来たら、今までよりもう少し彼女の周りをウロウロしてみようというのと、彼女へのアプローチの仕方を変えてみようと思っています。

それから、ストレングスリーダーシップを読んでみよう。

めいままさん、かぶりえさん、ご一緒させて頂いたみなさま、良い時間をありがとうございました!



[PR]
by lucie1104 | 2017-02-27 18:02 | Comments(0)

今年の10大ニュース

なんだかバタバタしているうちに大晦日ですが、毎年書いてる10大ニュースを書きつつ今年を振り返ってみたいと思います。

1. 夫の転職

ぶっちゃけると、リストラ、からの転職。

元いた会社はベンチャー企業で、自由だけどかなり不安定なところもあったので、寝耳に水のリストラも良い機会だったなと思います。

これまでの転職では何もなかったのに、今回はうちの両親、彼の両親からも転職祝いもらってたw

まだまだ始まってもいないけど、大きな変化の序章の一年になりました。

彼はこれを機にタバコをやめ、服の断捨離も敢行。まだ汚部屋は続いてますが、まずまず頑張ったと思います。

2. 子供達、習い事がんばりました。

去年の12月に息子が塾をやめて、二人で公文を始めました。

特に七歳の娘には、毎日宿題をやらせるのはとーっても大変(^_^;)夫とのバトルも沢山ありました。

息子も宿題隠していた事件がありました。

でも二人とも二学年先の教材までいくという目標(夫の)を達成したし、よく頑張ったと思います。

息子は野球で高学年チームに入って、練習時間も長くなったし、試合にも出られないし、一時期かなりモチベーションが下がりましたが、一年よく耐えました。

仲良しの友達が入団してくれて、来年は試合もフル出場できるし、少しは楽しい一年になるかな?!週一のバッティング教室も続けてるので、一回くらい公式戦でホームランを打って欲しいです!

娘も習字は一時期モチベーションが下がってましたが、時間帯を変えたら嫌がらずに通えるようになりました。バレエも頑張って、発表会で見事な踊りを披露してくれました。

3. 年下の上司

仕事では四月にチームに新しく加わった年下の女性が私の上司になりました。

どんな感じかなぁと思いましたが、一生懸命新しい仕事を覚えようとしつつ、今のやり方を第三者的な視点で見直したり、関係者と協議してくれたり、そのほかにも私のキャリア開発についても真剣に考えてくれたりと、予想以上にいい上司でした!

可愛がっていた後輩が別チームに移ることになり寂しいですが、10月にも新メンバーが加わったので、来年もチームワークよく頑張りたいと思います。二人を(一人は上司だけど)育てるのが来年の私のミッションの一つ。

4. 娘、卒園と入学

卒園式では、謝辞を読みました。そのお陰か式では感動に浸れなかったのですが、みんなに良い謝辞だったと褒められて嬉しかったです。

式では普通だったのに、式が終わった後、何かガックリと来てしまって、しばらく抜け殻みたいになってしまいました。

でも小学校に入ったら気分も一新。意外と娘もすぐに慣れ、特に問題なく毎日学校に頑張って通ってくれて感謝です。

5. 二段ベッド購入

娘は私と布団で一緒に寝てるのですが、息子だけ、二段ベッドの下の段で一人で寝るようになりました。

同じ部屋だけど、これまではダブルベッドで添い寝だったので、ちょっとだけ自立へ進歩?!

6. 息子、高学年に。

学校で5年生になると委員会活動や、運動会、音楽会等イベントの裏方お手伝いが始まります。

先生からも率先してよく動いてくれますとお褒めの言葉をもらいました。役割を与えられると、責任感も増していいですね。

運動会では騎馬戦や高学年リレーに出て、私も楽しめましたし、本人の来年への期待も大きそう(騎馬戦で大将になりたいみたい、怯まず手を挙げてほしいです)。来年は鼓笛でカラーガードのセンターを務めることになったので、私もすごく楽しみです。

音楽会での合奏と合唱も、高学年ならではのレベルの高さで感動しました。

7. 石垣島旅行

海の綺麗さ、人の温かさ、本当に良いところでした。

気持ちいい夜風に吹かれながら、ホテルの庭で聞いた島唄のライブが忘れられません。

海の声、いいですよね〜。

8. パソコン買い替え

数年ぶりにパソコンを買い替えました!

DVDドライバーも付いてるし、スペックが大きいので画像の保存も早いし、なんて快適!

データのバックアップを取ってなかったので、前のパソコンからデータの取り出しを頼んだら結構なお金がかかったので、今度のパソコンではそんなことのないように、そして、調子悪くなる前に買い換えを検討しようと思います。

9. 会社の移転

昭和なビルから、最新のビルへ会社が引っ越しました。新しいオフィスビル、快適です♪

賛否両論ありますが、フリーアドレスも私は楽しくて好きだし、在宅勤務、スマートワークを会社が全面的に勧めてくれてるのがありがたいですね。

10. 祖母の施設入居

今年、93になった祖母が、介護施設に入居しました。

あんなに、元気でエネルギッシュだった祖母が、年老いていく姿を見るのは切ないものですが、今年も帰省して会えて良かったです。

体はベッドに寝たきりの状態ですが目がすごく綺麗だったのが、とても印象深かったです。

また来年も元気な姿で会えますように。

番外. 逃げ恥にはまる。

12月まで毎週火曜日が楽しみで楽しみで、幸せ気分を味わってました016.gif

ガッキーも可愛いし、星野源にもどハマり。

エッセイを読んで、オールナイトニッポンもRadikoで聞いてるし、CDも買って、ドラマが終わっても星野源ブームは続いてます。

ライブ行きたいけど、チケット取れないんだろうな〜
[PR]
by lucie1104 | 2016-12-31 18:15 | Comments(0)

夫の転職続き

夫の転職先が決まりました072.gif

これまで働いていたのと違う業界での就職を希望していたため、当初は苦戦していたようですが、最終的には希望する会社から内定がもらえたようで良かったです。

最初の会社をやめた後、震災の復興支援のNPOに入って、その後はベンチャーで勤めて。最初の会社もワンマン経営者の会社っぽかったし、私の印象ではやっと安定した会社に就職したような感じです。

義両親もホッとしてるみたい。

一月は研修で、2月から配属。アサインされれるプロジェクトによって、平日はホテル暮らしになる可能性が濃厚だとか?!

前職のベンチャーは不安定ながら、ワークスタイルはかなり自由度が高くて、私が遅くなるときは夫に子供達をお願いすることができましたが、これからはそうも行かないようです。

夫は新しい業界で、新しい環境で働くことにワクワクしてる様子ですが、私と子供達の生活も一変しそうです。来年は心機一転!です。

f0176860_08575072.jpg


話には関係ない、会社近くで見かけたツリー。クッキーオーナメントが可愛い016.gif
[PR]
by lucie1104 | 2016-12-22 19:25 | Comments(0)

取材

昨日、ワーママ系雑誌の取材と撮影に協力させて頂きました!

過去に一度ブログを見て声をかけて下さった編集の方に、また声をかけて頂いて。

お料理系の記事で、カメラマンさん、ライターさんと、編集の方と三人で自宅に来て頂き、二時間半ほどかけて、料理と私の写真を撮って頂きました。

料理とページのラフな構成については事前にメールで打ち合わせて準備しておいたのですが、どんな風にスタイリングして、どんな写真を撮るかは当日みんなでアイデアを出し合って撮影が進みます。

雑誌の撮影なんて、初めての経験だったのでとても面白かったです。

f0176860_08563187.jpg


全て自前の食器や鍋、私の作った料理なんですが、プロの方が撮った写真は流石に素晴らしくて、本当に料理本の写真みたいで感動しました。

天気が悪くかなり室内暗かったのですが、ほとんど自然光で撮影していて、それがまた綺麗に明るく撮れるのに驚きました。

改めて、自分の普段とってる写真と比べて、プロのカメラマンってすごいな〜と思いました。

私の写真は、よく撮ってもらう時言われるんですが、笑顔が下手で、何度ももっと歯を見せて〜とか撮り直しをして頂いて、申し訳なかった008.gifこれなんとかしたい。

ライターさん、編集さんは女性で、料理のこと以外にも、手帳術などの話で盛り上がり、あっという間の二時間半でした。

それにしてもこんな機会は滅多にないので、出来上がりを見るのが楽しみです016.gif








[PR]
by lucie1104 | 2016-11-24 09:10 | Comments(0)

お色気スクール

先日夕飯中に、面白いからいいみんなに見てもらいたいものがあると夫。

ワイドショー番組に『お色気スクール』なるものを主催してる方が出ていて、その方が旦那さんを虜にする技を紹介していました。

一つ目がとびきりの笑顔。口角を思いっきりあげて、大袈裟な位に笑うのがポイントだそう。

二つ目がその笑顔でオーバーアクションでの「いってらっしゃーい!」そうやって送り出されると、旦那さん張り切って仕事頑張る気になるのだそう。

三つ目が、服でも髪型でも褒める。男性同士は余り褒めあったりしないので、奥さんが褒めると自己承認欲求が満たされるそう。

四つ目は、もらったものにオーバーなくらい感謝する。テレビではボールペン一本もらった時でも学校の「ありがとう〜016.gifこれ欲しかったの〜」とメチャメチャ喜ぶデモをしていました。

五つ目は甘えて頼む。やってくれたら感謝する。旦那さんは奥さんの役に立ってもらえると満足感が高まるので、逆に甘えてやってもらう方が良いとのこと。その頼み方も可愛く言うのがコツのよう。

最後は怒らせたら即謝る。

とまあ、そのオーバーアクションは、引くほどのすごいものでしたが、うちの旦那は、正にこういうのを求めてるんなだなぁとよくわかりました。

わざわざ録画して私に見せるあたりw

私、全部真逆をいってるから( ´_ゝ`)

この講師の方が言ってたことで印象に残ってるのは「心はこめなくていいんです」ということw

心にもないことを言うのは抵抗あるんですが、まあ、きっとやれば夫婦円満になり、夫ももっと私に協力的になり、と、効果ありそうです。

あとは私の心理的なハードルのみです。いつもそんな風にはできないけど、余裕があって気が向いたら、試してみようかと思います。と思えただけで成長?!

[PR]
by lucie1104 | 2016-10-24 18:51 | Comments(0)

帰省と介護施設に入った祖母のこと。

三連休に福岡の実家に帰省しました。

年に一回は実家に帰ることにしてるのですが、今年は、春に脳梗塞で入院し、そこから病院の勧めで介護施設に入ることになった93歳の私の祖母に会いに行くことが一番の目的の帰省になりました。

去年会ったときも随分弱っていて、ほとんど椅子に座ってテレビを見ているか、寝ているかだった祖母がどうなっているのか、会うのがちょっと怖いような気持ちでした。

話には聞いていましたが、できたばかりの施設は明るくてとてもきれい。

ドキドキしながら祖母の部屋に入ると、祖母は寝ていました。両親が私たちのために祖母を起こしましたが、体を支えてあげないと体を起こすこともできないような状態。

父と母が私たちを一人一人誰なのか説明しても、わかっているようなわかっていないような表情で、祖母が何か話そうとしても、何を言っているのか聞き取れず、ああ、やっぱりこんな感じか・・・と、半ば覚悟はしていたのですが、やはり物悲しい気持ちになりました。

小一時間ほど部屋にいたのですが、会話もそんなに続かなくて、父が部屋にあるテレビをつけて、みんなでテレビを見ていました。テレビがなければとても間が持たない感じもまた、寂しくて。

5年ほど前まではまだ会話はできて、体もつらいし、みんなにも迷惑かけるから、早くお迎えが来てほしいと言っていた祖母。

こんなこと言える資格は一切ないけど、日がな一日ベッドで寝ているしかない祖母がこうして生きている意味って何なんだろうと思ってしまいました。

そして翌日。

今度は従姉に連れてきてもらって、従姉は用があったので、すぐ帰ってしまい、私だけ祖母の部屋に残された時間がありました。

話しかけてみたところ、私の祖母の言葉の聞き取り力があがったことや、祖母の調子もよかったみたいで、会話のキャッチボールができてうれしかったです。

祖母の鼓を私が手に取ったら、私の指を取って、持ち方を教えてくれました。

娘に何年生?と聞くので「一年生」と答えたら、「大きいねえ~」と目を大きく見開いて驚いてみせて、私が「おばあちゃんは子供のころ大きかった?小さかった?」と聞いたら「大きくもないが、小さくもない。あの子くらい」と娘を指さして言いました。

祖父の写真を見せたら、子供たちに「あんたたちは知らんやろう?」というので、「この子たちが生まれる前におじいちゃんは亡くなっちゃったね」と言ったら、「怒られんで良かったとよ」と冗談めかして言いました。

そのあと、スマホで娘の七五三の着物の写真を見せて、息子の野球のユニフォーム姿の写真を見せて、娘がソーラン節を踊っているのを見せたら、とても喜んでいました。

前日は完全に衰えてしまった祖母の姿にむなしい気持ちになってしまいましたが、この日は祖母と会話ができて、とてもよかったです。

「おばあちゃん、きつくない?」と聞いたら、「きつくない」と答えてた祖母は、本当に穏やかな顔をしていました。

元気だったころは、ちょっと口うるさいところがあって、正直面倒に思うこともあったのですが、今の祖母は本当に慕わしいです。

吉本ばななさんが、エッセイの中でお父様のことを「元気なころよりも亡くなる直前の情けない姿のお父さんを懐かしく、会いたいと思う」と書いていたことを思い出しました。

私は今42歳。もし50年後、生きていれば今の祖母と同じような状態でしょう。祖母の姿を目の当たりにすることで、老いること、生きること、死ぬことについて、改めて考えさせられました。

来年も祖母に会えますように。

f0176860_13043828.jpg


[PR]
by lucie1104 | 2016-10-10 20:57 | Comments(0)

パソコン壊れて、新調。

Windows 10にアップデートしてしまった後調子の悪かったパソコンが、とうとう電源を入れても立ち上がらなくなってしまいました>_<

買ったのは四年前、富士通のものでした。

四年も経ってるし、買い替えをした方がいいかなと思ってはいたので、買うこと自体は良かったのですが、電源を入れても立ち上がらない状態なので、データの取り出しもお願いしないといけなくなりました。

ヨドバシカメラに行って、お願いしたところ、容量が少なくても2万円代、多いと4万円弱かかるらしく、そちらの出費の方が気持ち的に痛いです。

画像データは大体ハードディスクにコピーしていますが、全部コピーしたか自信ないのと、年賀状用の住所録が必要なくらいですが、上の二つがやはり捨てられないのでお願いすることにしました。

データを取り出してもらって、こちらで購入したハードディスク(これがまた八千円ほどかかった)にコピーしてもらうという流れです。

今度買うパソコンでは、大事なデータはハードディスクに移して、不要なデータは随時削除しようと心に誓いました。

古い方は買取してもらいました。買取額100円でしたが、家電リサイクル法に従って処分するとむしろお金かかるので、100円でもまし。

四年前に買ったのは富士通のノートパソコンですが、6万7千円でした。

今回もそんなくらいで買えると思っていたのですが、国内メーカーだと8万円前後、しかも前回買った小さいサイズだと10万以上。

四年前はノートパソコン持ち歩くこと考えて小さいのにしましたが、今やほとんどの用がiPhoneですんじゃうので小さくする必要もないし、15インチの標準サイズにしました。

メーカーは色々話を聞いて、国内にこだわる必要もそれほどなさそうだったので(サポートセンターの対応者が日本語が怪しかったりするとか)、安い上、スペックも高いDELLとlenovoで迷って、少しだけやすかったDELLにしました。値段は8万ちょっと超えるくらい。

f0176860_12440454.jpg


予定外の出費でしたが、新しいパソコンは快適♪

溜まってる動画の編集もこれでできるといいな〜。
[PR]
by lucie1104 | 2016-09-20 09:05 | Comments(0)

あな吉手帳お手入れ

あな吉手帳、細々と続けています。

透明のプラスチックのバインダーを使っていたのですが、飽きたのと、本屋で気に入ったのを見つけたので、気分転換にバインダーを変えました。

f0176860_12370417.jpg


オレンジの布に、黒い皮。バインダー変えただけで気持ちがあがって、手帳活用のモチベーションがアップしました。

久しぶりに、あな吉さんの本を読み返して、やることシートにペンホルダーを付け、インデックスシートを作りました。

インデックスはまだ活用できてないけど、ペンホルダー付けたら、活用度がグンとアップ。

本を読み返したら、やることシートに便箋を貼るのは表ではなく、裏だったとか、間違えた使い方してたことに気づいたり、やることシートを開いて3ページ分使えるようにするのは、付箋が溜まりすぎるのでオススメしないとか、新たな気づきがあってよかったです。

今やることシートで、to doと、ウィッシュが混在してるのが問題な気がして、それからやることシートを休日、平日の昼休みなど、分類もうまく機能してないので、もう少し使いやすく手入れしなきゃなぁと思っています。

マスター講座も受けたいです。


[PR]
by lucie1104 | 2016-09-13 09:12 | Comments(0)

10年以上ぶりの同期会

会社の同期、私のいる本社の同期とはちょくちょく会うのですが(同じ部にも三人同期がいる)、職場の離れてる同期とは久しく会う機会がなかったのですが、ひさしぶりに同期会をしました。

大体みんな10年ぶり、人によっては20年近く会ってなかった人もいて、最初顔の判別もつかなかったりしたけど、話し出したら、記憶の中の顔と一致して、懐かさでいっぱい。

新入社員当時のアレヤコレヤ、あの人の今って話に、気持ちが一気に20年前に戻っちゃいました。

入社1年目は泊まり込みの研修がずっとあったり、配属してからもしょっちゅう集まって遊んでた仲の良い同期でした。

入社から20年経ったみんなは、ほとんどみんな結婚してて、子供もいて、会社では管理職になってるから、会社の飲み会じゃあまりふざけた事言えなくなったよ、と、時の移り変わりも感じつつ、でも、この同期の中ではなんでも話せる感じがあって嬉しかったです。

話し込むと本質的な部分はみんなやっぱり変わらないな。

当時は気づかなかった1人の同期の大人力の高さに感銘を受けたりも(彼は同期の中でも出世頭のよう。流石)。

翌日に備えて一次会で帰るつもりが、帰りがたくて二次会にも行ってしまった。

次は忘年会だねと言いあって解散しました。人生、仕事の激動期を抜け、本社に異動になった同期も多いし、これからはもう少し高頻度に集まれそう。

翌日、息子に「人生の宝物は、友達だね」なんてつぶやいて、息子には「一番は生きてることじゃない?」と言われ、じゃ「生きてること、家族、友達、それに健康でいられることだね」と答えました。



[PR]
by lucie1104 | 2016-09-04 08:30 | Comments(0)


読んだ本の簡単レビューと日記


by lucie1104

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル