カテゴリ:家計( 11 )

お金は枠で管理する

勝間さんの超ロジカル家事の中に「脱・節約!お金は枠で管理する」という項目がありました。

f0176860_12580542.jpg



家計管理の超ロジカル化もフレームワークが基本、あらかじめ、月の収入(手取り額)に対して、使ってもいい「枠」=各費目の予算を決めることから始め、その枠内で収まる範囲であれば、好きに使って大丈夫、とのこと。

読んだときなるほどと思ったのですが、その後、こちらの本でも同じことが書いてあったのを思い出しました。

年収200万円からの貯金生活宣言

横山 光昭 / ディスカヴァー・トゥエンティワン



各費目の割合は横山さんと勝間さんで若干違い、勝間さんの枠は下の通り。

家賃20%
貯蓄20%
教育費20%
通信費5%
食費15%
衣料費10%
光熱費5%
雑費10%

横山さんの本を読んだときもやってみたのですが、また改めてうちの家計がどうなってるか見てみました。

◇貯蓄

今回改めて見直してみて気づいたのは、貯蓄割合が低いということ。投資信託をもう少し増やそうかなと思います。

◇教育費

教育費も13%で20%よりは低いけど、来年息子が中学生になったり、娘が四年から塾に通うことになったら、さらに娘が私立中学に行くとしたら、今後ぐぐっと上がるんだろうなぁ。20%で収まるんだろうか?

◇通信費

昨年末自宅のインターネット回線をドコモからソフトバンクに変えたのに、まだ機器を変えたり、ドコモの解約手続きしてなくて、二重払いを続けてるヒドイ状況。今週末なんとかしよう…。

自宅のインターネット回線をソフトバンクにしたら毎月のスマホの利用料の割引があり、それに全然使ってなかったオプションもやめたので、月額が半分くらいになりました。

携帯電話は見直しが大事ですね〜。

◇食費

食費がうちは高すぎるんじゃないかと思ってたのですが、月ごとの変動はあるものの、15%には届かないレベルなのでセーフ。

ただ、週5日ホテル暮らしの夫の食費は管理してないので、やはりもう少し抑えないといけないかなと思いました。

西友のネットスーパーを活用すれば(日ごろ近所の高級スーパーで買いがちなので)、少し食費抑えられるかなぁ。

超ロジカル家事で、お肉は100g100〜160円、魚は250円という目安が書いてあってこれも最近頭に入れながら買い物してます。

◇衣料費

私の場合、洋服への意識が低い時は全然買わないので月によって10%も使えないこともざらにありますが、逆にこれを下回る金額だと、着古した服を着続けている可能性が出てくるので、ある程度清潔感や年齢なりの品性を保つためには、逆にこれくらいの洋服を買う(=入れ替える)必要があると思いました。
[PR]
by lucie1104 | 2017-04-20 06:41 | 家計 | Comments(0)

寄附金控除申請

毎年恒例の確定申告、ギリギリで終わりました。

f0176860_08430976.jpg



毎年やってるのに要領を毎度忘れ、今年は4回も税務署に行っちゃいました。゚(゚´Д`゚)゚。遠いのに。

1回目が源泉徴収票を忘れ、二回目は予想より激混みで諦め、3回目は朝一でいったのに、プランジャパンからの領収書不備で再発行してもい、4回目にしてやっと完了。

今年からマイナンバーが必要になったのも要注意事項です。

たかが年に一回のことに、Qコードリーダー買うなんて馬鹿馬鹿しいと思っていましたが、結局こんな時間かけちゃうなんて、やっぱり買って自宅で申請できるようにした方がいいかも、と、思いましたが、やっぱり買わないかもしれないので、来年のために、覚え書きしておきます。

まず、持ち物。

◽︎ 寄附した団体からもらう領収書
◽︎ 源泉徴収票のコピー
◽︎ マイナンバー
◽︎ 身分証明書(税務署で係の人に見せる)
◽︎ 税務署の登録番号

税務署に入ったら、提出のみの人、給与収入のみの人、それ以外の人で並ぶ列が違います。

私は給与収入のみに並べばよかったのに、一番混むそれ以外のところに一時間も並んでしまいました…。

そこで、緑の領収書と源泉徴収票を張る台紙をもらって、張って、必要事項を記入して、Qコードのカードをもらってパソコンコーナーへ。

普通の確定申告の画面に、源泉徴収票の内容を見ながら入力。寄附金控除の項目があるので、そこに領収書の内容を見て入力。

入力が済んだら係の人を呼んで、身分証明書を見せて、確認してもらったら入力完了。

カードを使って印刷して、ホチキスで留めて、ポストみたいなのに投函して終わりです。

去年は全然並ばなかったのに、今年はすごい人で一度出直して、3回目、4回目は朝八時半に行きました。

面倒だけど、寄付した金額の4割くらい戻るので、戻る金額を見ると、頑張ってよかったと思いました(´∀`)

来年は一回で済ませたいです。




[PR]
by lucie1104 | 2017-03-14 10:21 | 家計 | Comments(0)

5年ぶりのマネー相談とキャリア相談

ずっと気がかりで、今年中にやらなくちゃと思っていたことの一つに、自転車保険の検討がありました。

自動車でなく、自転車の保険。

去年うちの近所で、坂道を暴走してた高校生が、自転車で通行人をひく事故があり、気になってたんです。

ネットで検索していくつか自転車保険が見つかったものの、決め手がわからないし、そもそも、入る必要があるかどうかもわからなかったので、五年前にマネー相談をしたFPの氏家祥美さんに相談してみることにしました。

女性活躍推進FP氏家祥美の公式サイト

家計も前に見ていただいてから5年経ち、色々状況も変わって来たので、そちらも合わせてみてもらいました。

前回同様、事前に費目ごとの毎月の支出、収入、預貯金、保険の内容を、送ってもらったフォーマットに埋める宿題が出ました。

五年前は家計簿をちゃんとつけていなかったので、大体これくらいかなというアバウトな感覚で埋めたところを、今回は去年と今年のデータから大体の平均を出して、支出状況がより正確になりました。

投資信託の積立をしているのですが、まーったく資産価値を確認してなかったので、ウェブサイトで確認してすべて書き出してみて、現状を認識できました。

保険関係も送られて来た書類を封筒のままガサッと取っておいていたので、保険証券だけファイリングして、把握しやすくできました。

この宿題をやっただけでもスッキリ♪

そして当日、一時間半ほど時間をかけて、色々お話ししました。

おすすめの自転車保険、加入前に確認すべき事項、今現在の投資と預貯金のバランス(投資信託は新興国のハイリスクなものばかり買ってますが、円での預金額とのバランスを考えればOKとか)、投資信託の見直しをするとき見るべきポイントなど、とても勉強になりましたし、お金のことはしばらく放置状態だったので、モチベーションがあがって良かったです。

キャリアカウンセラーの資格も持っていらっしゃる氏家さん。私が個人事業にもちょっと興味があって、という話をして、そちらもアドバイスを頂きました。

個人相手の事業で生計を立てるのはかなり厳しい、対法人の取引ができるかどうかが決め手だそう。

氏家さんは個人相手のお仕事もされつつ、本を出版されたり、監修したり、法人からの依頼のお仕事が結構あるそうで、なるほどなぁと思いました。

それから事業の内容として、私は今仕事でやってることと全然違うことがしたいと思っていたのですが、今やってる仕事の中に、ビジネスのタネがありそう、と、ヒントを頂きました。

キャリア相談をするつもりはなかったのですが、話の流れでこんな話もできて良かったです。

お金を貯めるのも、どう使うかという目的がないと意味がないので、仕事、住まい、子供の進路、私の今後の生き方など、考え直す良い機会になりました。










[PR]
by lucie1104 | 2016-11-08 20:00 | 家計 | Comments(0)

食費の振り返り~安い高いのにはワケがある?~

以前こんな記事を書いていました。

家計にもう少しシビアになろうかと。。

これを書いたのが2013年の10月で、それから約一年半。なんとなくの心がけだけだったけど、結果どうなったかをレビューしてみたいと思います。

「食費が月5万円を超えない」がこの時立てた目標でしたが、結果的に5万円を超えないは無理でした。。それから、何かで家族四人の食費の目安が5万円というのを目にしたので、とりあえず5万円代ならOKということにして、5万円行かなかった月を◎、5万円代の月を〇、超えた月を×とすると、

2013年10月◎
2013年11月×
2013年12月×
2014年1月×
2014年2月〇
2014年3月◎
2014年4月×
2014年5月×
2014年6月〇
2014年7月◎
2014年8月×
2014年9月×
2014年10月×
2014年11月◎
2014年12月×
2015年1月×
2015年2月〇
2015年3月いまのとこ〇

というわけで、8勝10敗でかなり負けがこんでますが、意識する一年分の食費として計算すると、2013年より2014年は減ってるので、少しは意識した効果があったかなーと思います。

今年に入ってより食費を意識して、生活クラブや、近所の高めでお気に入りのスーパーSばっかりじゃなくて、ほかのスーパーにも足を運んでいます。

が、先週某大型チェーンスーパー系列の小型店Mで白菜とニラを買ったところ、白菜は真空パックに入っていて買って開封した時はとても新鮮な感じだったのに、一週間経たないうちに一部溶けたようになっていて、ニラも、しなびていたことに気づきました。

感覚値でしかないけど、生活クラブとスーパーSで買った野菜は、もう少し長持ちするようなイメージがあるんですよね。。

というわけで、安いのはやっぱりそれなりなのかなと思った次第です。こまめに買い物して新鮮なうちに使い切れればよいのでしょうが、平日は買い物に行く暇がなく、どうしても週末にまとめ買いして一週間使うので、それを考えると多少高くてもその価値はあるのかなぁと。

そう考えると、やはり5万円切りは難しいかな。

それでも見直すと、5万円代に収まらず、6万、7万円を超えてた月もあって、何を買ったんだか気になったのですが、一回で買い物した金額をまとめて入力してるので中身がわからない。。。

さすがに一品一品を入力するのは手間なので、今使っているCashFlowFree以外に、レシート読み取り機能がついてるアプリを使ってみようかなと思います。

http://www.appps.jp/2136709/
[PR]
by lucie1104 | 2015-03-28 06:12 | 家計 | Comments(0)

確定申告完了

確定申告終わりました〜。

長かった^^;

去年は夫に頼んだので、要領がまったくつかめなかったのですが、「ネットでできるよ」と言われたので、まずネットでやってみることにしました。

ところが調べてみたところネットですべて完了させるにはカードリーダーが必要だそうで、わざわざ買うのもなぁと思い、ネットで申告書を作成して、郵送することにしようと思いました。

が、こちらも入力しててわからないことが何点か。調べてもどうにもわからないので、結局税務署に行きました^^;

並ぶの覚悟してましたが、期間も終わりに近づいているせいかとても空いてて全然並びませんでした( ´ ▽ ` )ノ

わからなかった問題二点は、ひとつは、
Q: 寄付の年月日を入力しなければならないのですが、私は毎月銀行引き落としされてるので、それを毎月引き落としの日で12ヶ月分入力しなければならないのかということ。

A: 1年分まとめて入力してOK。領収書に記載の12月31日を入力しました。

Q: 入力後、「住民税がどうのこうの…しますか?」というメッセージが出てくるけど、はいかいいえかわからない。

A: 私の場合ユニセフへの募金なので関係なし。ふるさと納税をした場合に関係してくるみたいです。

そのほか振込先の情報を入力する際は、3つ目のポチを選んで、「去年と同じ」と入力すれば良いらしいです。

自宅でやった時はそこまで行き着かなかったのですが、自力ではきっとわからなかったと思う…。

終わった後、利用者識別番号を記載したプリントをもらったので、来年はこれを持っていくとよりスムーズ。

税務署、パートと思われる人が沢山いて、ほぼマンツーマンで、すぐ教えてもらえて、20分位で終わっちゃいました。

ちょうど今日は小学校のクラス懇談会で午後半休を取ったのですが、来年も家でグズグズ悩んでないで、税務署行ってササッと終わらせることにしよう〜と思いました。

何はともあれひとつタスクが完了してスッキリ(^-^)

寄付金控除で寄付した額の4割くらい戻ってくるみたいなので、やる価値ありますね!
[PR]
by lucie1104 | 2015-03-06 14:03 | 家計 | Comments(0)

家計簿レビューは面白い

2012年7月からiPhoneアプリで家計簿つけを始めました。

一昨年と去年のフルの記録ができたので、去年の家計簿を、一昨年と比較しながら振り返ってみました。

(私の使っているCashFrowFreeでは、1週間、一か月、1年分の費目ごとの合計額が出せます)

抜け漏れもあって、あんまり正確ではないんですが、眺めてるだけで、いろんな気づきがあっておもしろーい。

トータルでは、一昨年より去年の方が支出は少なかったです。

一番大きな原因はレジャー費で、一昨年は海外旅行したのが大きかった模様。

あと、保育園代が月五千円弱安くなってて、年間トータルすると大きかったです。

通信費はアップしてたんだけど、携帯が一昨年は月7000円代だったのが、多分iPhone 5にしてからか?9000円代にアップ。なんであがるんだったっけなぁ?調べてみよう。

食費はもっと安くあげようと思っていたけど、結果は増加^^;

でも一昨年は外食をレジャー費に計上してたので、中をよく見るとトントンかも。

食費、結構高くついちゃってるのですが、食の安全性などつい気になってしまい、やはり低くはできてません。おまけに、糖質制限はお金かかりますね>_<

被服費が、それほど意識してなかったけど、ほぼ年始に考えてた額になってたのが驚きました。

一昨年よりはずっと高くなってるのですが、これも必要経費。かえって被服費抑えるのはまずいかな、と言うことでOK。

交際費が随分下がったなあと思ったら、一昨年は義妹の結婚祝いが結構かかってました。妹もう一人いるので、お祝い貯金しとかなきゃ。

とまあこんな感じで、レビューしたからと言って、支出抑制に直結するわけでもないんですが^^;何にどれ位お金を使ってるのかを把握できると安心感があるし、今年は何に使おうかな〜♪と考えてワクワクしてきます。

パソコンいじってたら、Excelの家計簿を2010年からつけてたのを発見。それもレビューしたくて今ウズウズしてます(笑)
[PR]
by lucie1104 | 2015-01-27 17:46 | 家計 | Comments(0)

年間予算管理

iPhoneアプリのCashFlowFreeで家計簿を付け始めて一年半が経ちました。

去年一年分のログが溜まったので、エクセルに費目ごとの月ごとにまとめて、眺めてみました。

それで感じたことは、家計簿の予算は月単位でなく年単位で立てた方が合理的だなということ(当たり前の気づきかもだけど^^;)

住居費や保険などは毎月固定だけど、光熱費も季節で大分違うし、長期休暇時はレジャー費が高くなったり、逆に旅行してる時は食費が安くなったりするし。

で、今年は、去年の実績を元に年間の予算を立ててみました。

恥ずかしながら、これまで年間支出がどれくらいかちゃんと分かってなかったので、これが明らかになるのはすごく嬉しい。

日常生活に必要な買い物以外の大物を買う時、当てずっぽう(?)で「まぁ、大丈夫だろう」で買っちゃったり、逆に「贅沢かなぁ」と思って諦めたりしていたのが、ちゃんと収入マイナス支出予定費用で、これだけの余裕があるから、買う買わないって判断できるってなんて安心感があるんでしょ^_^(やってる方にとっては当たり前なんでしょうけど)

それから、去年のレビューを元に、家計簿の費目を少し変えてみました。

これまでは

※住居費
※食費
※子供費
※レジャー
※ガス水道光熱費
※通信費
※交際費
※日曜雑費
※こづかい(私の)
※保険
※貯蓄
※寄付
※被服費
※その他

ってまぁ、一般的な費目にしていましたが、今年は以下をプラス

※個人飲食費(私が会社で飲んでるコーヒー代やちょっとカフェに入った時のお金とか。)
※書籍・セミナー(これも、これまで私のこづかいで計上)
※バレエ

↑以上3つは、これまで私のこづかいとしてカウントしてましたが、その内訳をもう少し見たいなと。

※子供服

これも子供費の中に含めていましたが、単独で管理してみたくて、分けてみました。

※快適な住環境

収納グッズやインテリア雑貨、たまにはお花なんか買ったりしますが、私のこづかいに計上したり、その他で計上したり、きちんと管理してなかったので、こんな費目を作ってみました。


これで一年間予算通りに上手にお金が使えるか!?試してみたいと思います^^
(ちなみに夫のお金は私のコントロール外><、いつかそこも手を入れなければ)
[PR]
by Lucie1104 | 2014-01-17 09:03 | 家計 | Comments(0)

家計にもう少しシビアになろうかと。。

我が家は夫婦別財布で、夫から家計に少しお金を入れてもらって、すべて私が采配しています。

色々口出しされるのが面倒で、これまで夫に報告してこなかったんですが(買う前の相談もなしw)7月にふと思い立って、うちの家計の現状を夫に報告してみることにしました。

それから7、8、9月と報告してみて、夫から、まぁ予想はしてましたが、使いすぎとコメント。

特に食費が異常に高いと。

自覚はあって、野菜はらでぃっしゅぼーやの産地限定のぱれっとを頼み、米、果物、肉、魚、乳製品、調味料などは、生活クラブで買い、足りないものは、週末買い足しするけど、それも安心安全な食料品をつい値段より重視しちゃうもので、どうしても高くなるのです。

外食費は含まず自炊だけの費用で、家族四人(と言っても夫は夜食べることが月の半分以下と小2と年少児)で、通常6万円代、7万円代行く月もままあり。

生協は自宅まで運んでくれるので、運搬コストも込みと自分に言い聞かせていたのですが(我が家は車なし)、、確かに第三者(?)から言われると突き刺さる。

しかも、この前読んだあな吉さんのこちらの本で、

ラクしてハッピー! あな吉さんの「ゆる家事」レッスン (単行本)

浅倉ユキ / 筑摩書房



家族5人(一番上のお子さんがもう中学生)、うちと同じ生活クラブで食材調達しているあな吉さんちは、食費三万円というところに目が釘付け!

勿論、あな吉さんちは、肉魚はほとんど買わないでしょうから、その差は大きいと思いますが!三万…。

ああ、これは、もうちょっと、なんとかしないとなぁと思うに至りました。

とりあえず、食費目標額5万円。これでも夫に言わせると高いそうですが、今の金額からそんなに急に下げるのは難しいと思うので。

アクションとしては以下の通り。

1. 野菜の購入先をらでいっしゅぼーやから、生活クラブへ変更。

セットの野菜ボックスは、選んで注文する手間が省け、自分の選ばないような野菜が入ってくるのが面白くて良いと思っていましたが、家族があまり食べない野菜(オクラ、ナスとか)が入ってると、私一人で食べるハメになるのがちょっと嫌でもありました。

放射能気にして産地限定の野菜にしてたけど、そこは値段とのバランスで、らでいっしゅほどは厳しくないけど、生活クラブもそれなりに自主検査などやってるので、妥協しようかな。

2.肉魚果物は生活クラブから、近所のスーパーへ変更

生活クラブのお肉、美味しいけど、高い(´Д` )スーパーのお肉色々試してみて一部生活クラブでも頼むようにするかもしれないけど、全部生活クラブ頼むのはやめてみようと思います。

果物は頼み過ぎたり、沢山注文した時に実家からも送られてきたりして果物攻めになることがあるので、必要に応じて買うことにします。

3.月5万円を意識する

とにかくこれまであまりに意識が緩かったので、5万円超えないように調整しながら食材調達します。

因みに今月はあと2000円弱なので(生協食材のぞく)、パン買わずに焼いたり、豚肉とゴボウがあるから、大根買って豚汁にしたいところ、我慢してきんぴらごぼうにしてみたり(大根なしの豚汁でもいいけど)。

棚の中や冷凍庫をゴソゴソ探ると乾物だの缶詰だの使えるものがちょこちょこあったりするので、買わずに乗り切る努力をしてみようと思います。これはこれで楽しい♪(っていうか、こんなこと普通なのかもしれない。だとするとかなりお恥ずかしい話)

そんで今朝焼いたベーグル、でサンドイッチ。趣味というより、家計のためにパンを焼くw

f0176860_16553445.jpg



数ヶ月やってみて、そのうち結果報告します!
[PR]
by lucie1104 | 2013-10-12 18:29 | 家計 | Comments(2)

家計簿つけってこういうことか~「年収200万円からの貯金生活宣言」~

年収200万円からの貯金生活宣言

横山 光昭 / ディスカヴァー・トゥエンティワン



最近読んで良かった本です。

家計簿って、光熱費、住居費、教育費などの費目ごとに分けて、計画を立て、計画通りに行かなければ修正するというのが一般的だと思いますが、

この本では、支出を消費・浪費・投資の三つに分けて見てみることが提案されています。

これがね!私がずっと求めてたものだったので、これこれ!って感じでした。

たとえば、食費の中でも、野菜やお肉などの食材への支出は「消費」になるけど、ダイエットしようと思っているのにチョコレート買って食べちゃったら「浪費」になる、という具合で、同じ食費の中でも望ましい支出と、望ましくない支出があるわけで、それをひとくくりにして見るのはイマイチ無理があるんですよ。

そこを分けてみることで初めて、無駄な支出を減らすことが可能になると思うんです。

この消費・浪費・投資のバランスは、70%、5%、25%が理想だそうです。

今私はCashFlowFreeというiPhoneアプリにお金を使う度ログを取っています。

http://apps.tmurakam.org/cashflow/index.html

家計簿の見直しは、一週間ごとが望ましいそうなので、今はこんなふうにしています。

基本的にはログは買い物ごとに取る。取れなくても翌朝には必ず入力(でないと忘れる)

月曜日朝に、前週月から日までの一週間分のログをCashFlowFreeから、エクセルにエクスポートして、投資、消費、浪費に分けて、計算してみる。

先週の結果を見ると、消費68%、浪費4%、投資28%。

まずまずの数字ではないでしょうか。

一週間単位の使い方だとその週によってぶれが結構あるので(住居費、光熱費など月ごとに支出があるものも多いし)、これを一か月間でまとめて月次レビュー、さらに年次レビュー(帰省など、年単位で発生する支出もあるし)したら完璧でしょう。

月次レビューはまだやってませんけど。

住居費などの費目ごとの目安についても、下記の通りに紹介されています。

★小さな子供がいる家庭の適正割合

食費:18%
住居費:22%
水道光熱費:6%
通信費:6%
こづかい:5%
教育費:7%
保険料:8%
趣味・娯楽費:2%
被服費:4%
交際費:3%
日用雑費:2%
その他:5%
貯蓄:12%

各家庭の状況によっても違いは出てくると思うのですが、こういう目安があると、お金の使い方を見直しやすいと思います。

お金の管理、これも2012年目標のひとつ。完了はしないけど、スタートは切れたかな。しばらくこれでやってみようと思います♪
[PR]
by lucie1104 | 2012-11-23 11:34 | 家計 | Comments(0)

今更だけど、保険加入

本当に今更でお恥ずかしい話ですが、先週生命保険と学資保険に加入しました。

生命保険は、会社に入社してすぐの頃、知り合いに頼まれて内容など何もわからずに、契約したことがありました。月確か6千円程度のものでしたが、その数年後、保険や投資関係の本を読んで、当時独身だったし、こんな死亡保障いらないやと思って途中解約。

逆に医療保険は必要そうだったので、アフラックを始めました。でも今のところお世話になったことはなし。

上の子が生まれた後、夫が某外資の保険会社の勧誘を受け、本気で考えてはみたものの、落ち着いて考えると、当時20代半ば健康体の夫が死亡するリスクの低さ、また共働きということも考えると、月々の保険料の重さがどうも納得いかずに加入せず。

学資保険は、子供の産休明けふと郵便局で学資保険のパンフレットを見つけて、どんなもんかわからないけど、入った方がいいのかなあ、と、とりあえず見てみると、満期に受け取れる金額が、積立額より低い。これはさすがにないでしょー!?学資保険てそんなもんなの?とまたそのままスルーして現在にいたったというところです。

夫も、結婚した時に私の勧めで医療保険だけ。

そんなおり、あきのりさんがプロの家計相談を受けたことをブログ記事に書かれていて、私も相談を受けてみることに。

http://akinorimesu.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-c581.html

家計を見て頂いたのは、FPの氏家祥美さん。

ご自身もお二人のお子さんを持つママさんで、親身になってお話を聞いていただき、またこれからの教育にかかる資金など、とてもわかりやすくお話頂きました♪

http://www.heart-money.net/

相談の中で、いろんなことを教えて頂いたのですが、特に、将来に備えるためのお金として、貯蓄と保険と投資をバランスよくすべきというお話がありました。

我が家は、かなりハイリスクなバランスで、保険も貯蓄もわずか、メインが投資だったので、そこにざっくりとメスを入れ、投資額を約半分に下げて、残りをローリスクな貯蓄に回し、生命保険と学資保険に加入することに決め、今回の契約に至ったというわけです。

新しく加入した生命保険は、かけ捨てで、毎月支払う保険料も低く抑えたもの。

学資保険は、氏家さんからおすすめされたものは、満期にちゃんと積立額以上受け取れるもの。ちゃんと知識があればそういうのもあるんですね~♪良かった(^-^)

また学資保険の意味がよくわかっていなかったのですが、万一の死亡時には、生命保険のような役割を果たすんですね。恥ずかしながらこの年にして初めて知りましたσ(^_^;)

こちらは掛け捨てではないので、毎月の保険料もそれなりの金額になりますが、いずれにせよ子供の教育資金は必要ですし、今から教育資金という名目でお金を積み立てるのは良いことかなと思っています。

二人がそれぞれ大学に入学する年に満期になるように設定しました。投資の方がうまく増やせて、満期で解約しなければ、利息がついてさらち増やせます。

これから益々仕事頑張らなくては、という気持ちになりました。時短もお給料にかなり響くので、やめようか考えちゃうなぁ。
[PR]
by Lucie1104 | 2012-08-08 07:21 | 家計 | Comments(0)


読んだ本の簡単レビューと日記


by lucie1104

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル