カテゴリ:レビュー( 49 )

私的10大ニュース2015

今年も10大ニュースで一年を振り返ってみたいと思います(^_^*)

1. 小4息子の通塾

この一年で、一番印象深かったのは息子が3月から塾に通ったこと。

教育パパさながらスパルタで勉強させようとする夫と何度となくぶつかって、大げんかも沢山しました。

結果的には、12月でやめることになってホッとしてるんですが、通塾で息子に勉強することに対する耐性が少しついたような気がします。

放課後や、長期休暇中の息子の良い居場所にもなっていたので、来年の春休みはどうしようか思案中です。

2. 娘、習い事はじめ

6歳年長の娘が習い事を始めました。3月に始めた新体操を皮切りに、7月からバレエ、その後習字、公文と今四つやってます。

お陰で土日の過ごし方が大きく変わり、どこかに連れて行かなくても済むようになって結構楽(^.^)

公園で遊ぶこともなくなっちゃって、もう幼児期卒業なのかなと寂しい気もします。

新体操、バレエの発表会は親もとても楽しめました。来年も楽しみです。

3. アメリカ家族旅行

西海岸のシリコンバレー周辺とカリフォルニアディズニーランドに行きました。

時差ボケと長時間フライトは辛かったけど、色々あって面白かった!また海外行きたいなぁ。

4. 野球

息子の週末は野球一色の一年でした。私も沢山応援に行って楽しませてもらいました。

チームのお母さんたちがみんな面白く仲良いのもありがたい♪

来年はなかなか試合に出られなさそうですが、強いチームなので、ますます応援しがいあり!上位大会にも行けるんじゃないかな〜。

5. 仕事の責任が重くなった

今年の異動で直属の上司が別の部署に一つの業務を持って異動し、実質的に残りの業務については、私が引き継ぐことになりました。

矢面に立たされる辛さもありますが、自分の思うように仕事を動かせる面白さもあって、仕事面でとても充実した一年になりました。

ほぼ一人で丸3日間英語で対応しなきゃいけないことがあったのですが、我ながらかなり上手く回すことができて自信がつきました(^-^)

6. 保育園保護者会役員

娘の卒園年度、とうとう回ってきて、保護者会役員を引き受けました。

副会長ってことで、こちらもよろず相談引き受け係みたいなところがあって、また今年は園長先生が新しく変わっていろんなことが変わって中々に大変でしたf^_^;

この先もまだ小学校PTAがあるし、中学校でも?逃げ回るのは嫌だけど、時間や労力をあまりに費やすのもなんだか。軽やかにこなせる人になりたいな〜。

7. 舞浜泊

ディズニーリゾート帰りに舞浜で泊まるの、ずっと夢だったのですが、今年実現しました。

ヒルトン東京ベイはプールがとても良かったです。また行きたいな。

8. 食洗機新調

食洗機を新しくしました。洗い上がりの綺麗さが前のとまっったく違っていて、まだ洗うたびに感動します。

変えて良かった〜(^-^)

9. 業界講習会で発表

一昨年やった講習会からまたお話があって、発表させてもらいました。

仕事がギッチギチに詰まっている中本当にやれるか不安もありましたが、結果的にはなんとかなったし、緊張しましたが良い経験になりました。

ネットワークを広げられたのも仕事上大きなメリット。

こういう外からふっと舞い込んでくるお話は、やっぱり引き受けちゃう方がいいんだなと改めて思いました。

10. 娘とバレエ鑑賞

初めて娘とバレエを観に行きました。娘も楽しかったみたいでとっても嬉しかったです。

来年は白鳥の湖を観に行きたいです!

来年も色々なことがありそうで楽しみ(^-^)






[PR]
by lucie1104 | 2016-01-01 15:25 | レビュー | Comments(0)

『職業としての小説家』

村上春樹さんの新刊『職業としての小説家』を読みました。


職業としての小説家 (Switch library)

村上春樹 / スイッチパブリッシング




『走ることについて語るときに僕の語ること』もそうかもしれないけど

走ることについて語るときに僕の語ること

村上 春樹 / 文藝春秋




自分のことを真正面から、さらに『小説家』としてのご自分の話を書かれたというのが村上さんぽくなくて意外。表紙が自分の写真というのも初めてですよね。



既出のエピソードも、より詳しい事情や、心境まで書かれていたし、アメリカ進出の話なんかは初めて聞いた話で面白かったです。

何より村上ファンの私としては、村上さんの考えや生き方に触れられるだけで刺激を受け、頑張ろうって気になります♪♪♪

こんなところが特に印象に残りました。

村上さんが小説を書かれる時推敲を何度も重ねるのですが、その後さらに第三者の意見を聞くことを大切にしているのだそう。

第三者というのは奥様と担当編集者になるんですが、担当編集者の方の中では意見が合わない人もあり、受け入れがたい意見もあるそうです(奥様からの意見であっても)

でも「どんな文章にだって必ず改良の余地はある…作品を書いているあいだにまわりから受ける批評・助言は、できるだけ虚心に謙虚に拾い上げていかなくてはならない。それが僕の昔からの持論です。

助言のままに変えるのではないけれども、指摘された箇所は必ず手を入れて、そうすると、前よりよくなるんだそうです。

私はとにかく人のフィードバックを受けるのが苦手で、肯定的なものでも否定的なものでもすごく居心地悪く感じてしまうのですが、第三者の意見をこんな風に前向きに取り入れることはすごく大事だなと思いました。

それから、仕事に全力を尽くすこと。

刊行後に思いも寄らぬほど厳しい批評を受けたとしても「やるべきことはやった」という実感があるから、へこんだり、自信を失ったりすることはないとのこと。

1つの仕事をやり遂げるのに、やりきったと自信を持って言えるほどの時間をかけられるのは、村上さんだからこその特権ではありますが、私もできる限り時間とエネルギーを注いで自分なりに納得いくものにしたいな、いい仕事がしたいな、と思います。特に今度の講演会。がんばろー。

『学校について』の項では、『日本の社会システムそのものに「数値重視」の硬直性と、「機械暗記」的な即効性・功利性志向が及び、様々な分野で深刻な弊害を生み出しているようだ』という意見に共感。

夫が今息子に対して、「ダラダラするな」、「時間を無駄に過ごすな」、と勉強や野球の練習に追い立てているのに、違和感を感じてるので、やっぱりそうだよね~と思いました。

夫の考え方を180度転換させるのは難しそうですが、ダラダラ無駄に過ごす時間だって大事だし、子供たちには好きなことして過ごせるような余地をできるだけ作ってあげたいなと思います。

村上さんは学生時代ロクに勉強しなかったと書いていて(それでも早稲田大学に行ってるんですけどね(^^;;)、それが正解かどうかわからないけどそんな生き方、考え方もあるんだよと子供たちには伝えて行きたいなぁと思います(夫のいないとこでw)


高校時代原著を読みたくて、ペーパーバックを読み漁っていたのに、英語の本なんか読んだことないほかの学生より学校での英語の成績が低かったというエピソードも、考えさせられるものがあります。村上さんの時代より、学校教育がもっと使える英語に重点を置くようになっているといいのですが・・・。仕事をしていても、日本人にとって英語の壁がいかに厚いか感じてるところです。


あとは、以下のところも良かったです。

どきどき読者から面白い手紙をいただきます。「新しく出た新刊を読んでがっかりしました。残念ながら私はこの本があまり好きではありません。しかし次の本は絶対に買います。がんばってください」、そういう文面です。正直に言いまして、こういう読者が僕はとてもありがたいと思います。「信頼の感覚」があるからです。そういう人たちのために僕は「次の本」をしっかり書かなくちゃなと思います。そしてその本が、彼の/彼女の気に入ってもらえることを心から願うのです。


マスコミや表舞台に決して出ようとしない村上さんが、これまで一貫して自分の作品を通して読者ひとりひとりとのつながりをとても大切にしてきたことがじんわり伝わる素敵なエピソードです。村上さんが描く村上さんの読者がまた良い読者なんですよね(私もその一人ですがw)


つい目先のことを効率的にこなしていくことばかり考えてしまうあわただしい日々ですが、ふと目を止めて、そこから結論を出すのではなく、あるがままを観察して、自分の中の引出にしまっておく、そんな時間も大事にしたいなと思いました。
[PR]
by lucie1104 | 2015-10-08 08:46 | レビュー | Comments(0)

2014年10大ニュース

今年も自分の10大ニュースをまとめながら、今年の振り返りをしたいと思います。

去年の記事は→2013年、ルーシー的10大ニュース

1. 息子、野球を始める

春過ぎに体験に行き始めて、夏に始めた野球。今私の中でも一番熱いです。毎週木曜日の夜に週末の練習・試合の連絡が来るのが一週間の一番の楽しみってほど!?

息子も楽しいみたいだし、しばらく続いて欲しいなあと思います。



2. 娘、いろいろと成長

今年5歳になった娘も、今年、自転車の補助輪が外れ、逆上がりができるようになり(息子はまだできない!)、夜のおむつがはずれ(まだ明け方トイレに連れてってるけど!)、目覚ましい成長ぶりを見せつけてくれました。

おしゃべりが上手になって、私のよき話し相手になってくれています。

3. 初ヨーロッパ出張を含め、海外出張3回

今年の目標であったヨーロッパ出張、行ってこれました。2回目の出張の時は、娘が泣いて、夫は大変だったみたいだけど、子どもたちも成長して、一週間の出張もなんとかなるもんだなと思いました。

家族の負担になる部分もあるけど、日常から離れて、新しい体験ができる、実際に現地に足を運べる出張は大好き♪来年も機会があれば行きたいです。

4. PTAと読み聞かせボランティア

ずっとやろうと思っていたPTA、今年広報委員をやりました。委員長・副委員長などの役職ではないので、負担は思ったほどではないです。

読み聞かせの方では、取りまとめ役になったので、メールの連絡や先生とのやりとりなどありましたが、こちらもそこまでの負担ではないかなー?

担当の先生とやりとりを通じて学校への敷居が低くなったし、PTAや読み聞かせを通して知り合いのママが増えたのが収穫。

なんかみんなに「偉いね」と褒められたり、感謝されたりもするし(笑)やって良かったです^^

5. 宮崎旅行と宝石探し

今年の家族旅行は宮崎へ。ずっと行きたいと思っていた高千穂峡に行けて良かった♪

あと夏と秋に行った宝石探しも楽しかった~!来年はもっと本格的な鉱山とか行って見たい(笑)

6. 夫、働き方に変化

東北単身赴任から帰ってきて、新しい会社に転職。ベンチャーの会社で社員に外国人が多くて、かなり自由な感じ。で、前の会社(東北行く前の)の頃より早く帰宅することが多くなりました。

前はパパは平日夜はいないのが前提だったけど、今は週何回かはかえってくるので、毎日「今日は何時に帰ってくる?」と聞く子どもたち。

それでまた頑張って早く帰ろうという好循環になってるのかな?土日も以前に比べると子どもたちと遊んでくれることが多くなって(いないことも、寝てることもよくあるけど)、助かっています。

7. リーダー

今年の下半期、仕事で、あるワーキングチームが立ち上がって、そのリーダーを任されることになりました。会議のアジェンダを考えて、ファシリテートして、議事録作って、難しいこともあるんですが、面白いです。来年はもっとファシリテーション技術を向上させたいな。

8. あな吉さん話の聴き方講座受講

あな吉さんの講座を受講しました。日頃の生活の中で忘れちゃうことも多いんですが、時々思い出しては、習ったことを実践しています。

7に書いた会議のファシリテーションの中でも使えるし、初めて会う人との会話、飲み会なんかでも、この「聴き方」のスキルがあれば、大丈夫って安心感が持てるのも嬉しいです。

来年ももっと意識してスキルを身に着けたいなと思います。

あな吉さんの講座、中々時間取れないですが、聞き方講座を一緒に受講されたヒエさんの講座や、手帳術マスター講座など、気になってるのがたくさんあるので、来年も何かひとつくらいは受けに行きたいな~と思います。

9. バイオリンを少し

会社で所属してるオーケストラは今休団中なんですが、春の入社式、秋の会社の宴会で、アンサンブルに誘われてちょっと弾きました。

練習時間はなかなか取れないんだけど、やっぱり合奏は楽しいんですよね~~~。オケ復帰は来年も厳しいと思うんですが(息子の野球もあるし)、こんな感じでたまに弾く機会があるのはありがたいです。誘っていただいたいて感謝。

10. バレエは中々

今年の上半期は、月二回ほど、夫にお迎えを頼んで仕事の後にレッスンを受けに行ったのですが、結局そうると私の帰宅する10時まで子どもたちが寝てなくて、寝る時間が遅くなるので、下半期はすっかり行くのをやめてしまいました。

好きなんだけどなかなか。子どもたちがもう少し成長したら行けるかな?あとは、来年は月一回くらいでいいから土日に夫に娘をお願いしてレッスン受けに行こうかなー。

後半は、ニュースと言えないようなことになってしまいましたが、こんな2014年でした。

良い一年でした。来年も楽しい一年になりますように☆
[PR]
by lucie1104 | 2014-12-27 09:00 | レビュー | Comments(0)

9月読書まとめ

久しぶりに読書まとめ記事。

秋のせいか?最近やっと本を読みたい気分が戻ってきました。

スナックさいばら最終巻は残念だけど、10月に出る毎日かあさん新刊が楽しみ♪

2014年9月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2305ページ
ナイス数:27ナイス



いのちあふれる海へ 海洋学者シルビアアール (福音館の科学シリーズ)いのちあふれる海へ 海洋学者シルビアアール (福音館の科学シリーズ)感想
絵が精緻。特に深海のシーンは興味深く見入った。海の中には地上より高い山があるとか、深海のことをまだまだ人は知らないということなど、私も知らない話が多く面白かった。
読了日:9月29日 著者:クレアA・ニヴォラ


諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉
諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉感想
努力すれば夢は叶うと言われた方が、やる気は出るけど、アスリートの世界で夢を現実に叶えられるのはのは、その中で本の僅かな稀有な人だけ。叶わなくても努力が足りなかったからではない。リアリスティックな考え方だけど、為末さんのように、早くそれに気づいて、自分が勝てるに場にシフトするのは正しいやり方だと思った。日本のアスリートが指導者、周囲の期待に振り回されがちであること、やめ時を逸してその後の人生に大きく影響してしまうことなど、大きな問題だなと思った。為末さんのお母さんのように私もありたい。
読了日:9月23日 著者:為末大


元気になる会議-ホワイトボード・ミーティングのすすめ方
元気になる会議-ホワイトボード・ミーティングのすすめ方感想
来週ブレスト会議のファシリをするので再読。講座を受けたので、読み返すと色々蘇ってきました。ホワイトボードうまく書けるかちょっと不安だけど、ホワイトボード使って、発散→収束→活用のステップやってみようと思います。
読了日:9月20日 著者:ちょんせいこ


彼女について
彼女について感想
面白かった。よしもとばななの小説は久しく読んでなかったけど、高校生の時にキッチンを読んだ時の気持ちを思い出した。魔女、キャンドル、コーヒー、輸入食材店、ホテルのラウンジ、庭など目に浮かぶよう。最後の展開にはびっくりしたけどそこもまた良かった。
読了日:9月18日 著者:よしもとばなな


刑務所なう。シーズン2 前歯が抜けたぜぇ。ワイルドだろぉ?の巻
刑務所なう。シーズン2 前歯が抜けたぜぇ。ワイルドだろぉ?の巻
読了日:9月15日 著者:堀江貴文
刑務所なう。刑務所なう。感想
刑務所わずを先に読んだんだけど、こちらも面白かった。本当に毎日の日記で、ホリエモンが刑務所にいた期間の長さを感じる。日記でこれだけ面白いのは檻の中という普通知り得ないことが書いてあるからだけではなく、既存の枠にとらわれない思考や、どんな環境でも適応していくところ、小さな喜びに目を向けることなど、シャバにいる私にも学ぶべき点が沢山あり、なんだかやる気が出てくるから。
読了日:9月10日 著者:堀江貴文


スナックさいばら おんなのけものみち 生きてりゃいいじゃん、笑っとけ篇
スナックさいばら おんなのけものみち 生きてりゃいいじゃん、笑っとけ篇感想
シリーズ最後、テーマはペット、終活、看取り。何かあった時のための準備をそろそろ始めなくてはと思った。息子さんが突然留学したいと言い出した話はどこかで読んだけど、そのためにベルリッツなどに月50万円というのに驚いた!流石!後押しした高須先生の言葉ににも納得。お子さん達のこと「友達がたくさんいて、いつもニコニコ楽しそう」っていうのいいな。子育てのゴールにしたい。それからペット話、いいな〜。私もいつかまた飼いたい。
読了日:9月4日 著者:西原理恵子


部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書  「プレーイング・マネージャー」になってはいけない (ノンフィクション単行本)
部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書 「プレーイング・マネージャー」になってはいけない (ノンフィクション単行本)感想
「自分なら80点の仕事ができるとしても、人に任せる時は60点を合格点とする。」「部下の信頼を得るには、1圧倒的に高い能力がある、2好かれる、それが難しけば、3必死に働くところを見せる」というのに納得。マネジャーとしての能力を磨くためには、本を読み、見聞を広げること。
読了日:9月3日 著者:出口治明

読書メーター
[PR]
by Lucie1104 | 2014-10-07 09:55 | レビュー | Comments(0)

OhLifeサービス終了

私がここ二年ほど使っていたWebアプリOhLifeから、昨日突然、shutting downというメールが来て驚きました。

日記用ウェブサービスOhLifeの私の使い方

利用者が少ないため、サービスを停止してしまうとのこと。これまでに投稿した内容は、ダウンロードできるようですが、とても残念です。

一時期飽きて使っていなかったのですが、最近ちゅむママさんがブログに書かれている「5つの感謝」に触発されて、OhLifeに書いてたところだったので。

OhLifeの何がいいって、毎日夜八時にメールが来るので、忘れずに投稿できること、その時ランダムに過去の記事が届くので振り返りができること。

と言ってもなくなるものは仕方がないので、昨日からエバーノートに投稿することにしました。

5つの感謝については、勝間さんがブログに書いています。

5つの感謝を21日間続けることで得られたもの

これを読むと、続けたくなりますね。とりあえず21日間続けてみよう♪
[PR]
by Lucie1104 | 2014-09-22 09:05 | レビュー | Comments(0)

5月の読書まとめ

今更ながら、五月の読書まとめ記事。

6月頭のプレゼンに向けて、プレゼン関係の本を沢山読みました。

どれも一読の価値ありと思えた本ばかりです。

図解思考はプレゼンに限らず、自分の思考をまとめたり、人に説明する時に使えそうなのでもっと強化したいな。



2014年5月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:1735ページ
ナイス数:15ナイス



小学五年生 (文春文庫)
小学五年生 (文春文庫)感想
忘れてしまっていたけど、自分も確かに感じていたような思春期少し前の子どもの内面、色んな葛藤や不安がとてもリアルに描かれていた。自分が女だから、男の子の気持ちのリアルは、ヘェ〜という感じで読んだけど、四年生とは違う五年生男子の微妙な気持ちが伝わってくる。
読了日:5月30日 著者:重松清


頭がよくなる「図解思考」の技術
頭がよくなる「図解思考」の技術感想
プレゼン資料作成の参考に。プレゼンしたい内容をピタッとはまった図にしてみたいと思うけど、いざ描こうとすると浮かばない状態でした。この本では基本的な図を6つのフレームワークとして紹介。使いこなすのはまだまだだけど、使っていきながら、図解に慣れていきたい。紹介されてるアイコンファインダーも良かった。
読了日:5月27日 著者:永田豊志


食べてはいけない添加物 食べてもいい添加物 (だいわ文庫)食べてはいけない添加物 食べてもいい添加物 (だいわ文庫)
読了日:5月20日 著者:渡辺雄二


スナックさいばら おんなのけものみち  男とかいらなくね?篇 (単行本)スナックさいばら おんなのけものみち 男とかいらなくね?篇 (単行本)感想
「オーバー50の方たちに聞きたい」が良かったなぁ。40になっちゃったってガッカリしてたのが、まだまだいける!(笑)って元気出ました。「40代と30代の違いは人生の逆算ができるかどうか」は至言。自分の残りの人生の長さとやりたいこと、遠方に住む実親、祖母と後何回会えるか、成長していく子供達と後何年一緒にいられるか、逆算しながら人生謳歌したいと思った。
読了日:5月20日 著者:西原理恵子


才能を伸ばすシンプルな本
才能を伸ばすシンプルな本
読了日:5月15日 著者:ダニエル・コイル


プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術
プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術感想
著書の書く通り、実行段階のノウハウ、資料作成のノウハウではなく、プレゼンの構想の練り方を解く本はあまりなく、非常に参考になった。現実、理想、提案を四角と矢印だけで示すフレームも実にシンプルで使える。構想を練るのは、しんどい作業だし、期限が気になり、ついいい加減なところで、スライド作成したくなるが、この本の忠告を肝に命じて、しっかり構想を練ってから作成するようにしようと思った。
読了日:5月12日 著者:永田豊志


トラベッド (福音館創作童話シリーズ)
トラベッド (福音館創作童話シリーズ)感想
物語そのものも、文章やお母さんの話す言葉も、面白くて、優しくて、とても感じのいい絵本だった。角野栄子さんの本は読んだことがなかったので、これを機に他のものも読んでみたい。
読了日:5月6日 著者:角野栄子


綱渡りの男 (FOR YOU 絵本コレクション「Y.A.」)
綱渡りの男 (FOR YOU 絵本コレクション「Y.A.」)感想
ドキドキハラハラ。読む前に、これほんとの話だよと言ったら、「えー!どうなったの??」と食いつき良かった。
読了日:5月5日 著者:モーディカイ・ガースティン


とらのゆめ (こどものとも傑作集)
とらのゆめ (こどものとも傑作集)感想
マグリットみたいな雰囲気。シュールだけど、子供達も割と喜んでた。
読了日:5月5日 著者:タイガー立石


外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック
外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック感想
スライド作成初級の私にとってはかなり勉強になった。分析した結果のデータのみを提示し、示唆や解釈を提示しない(分析はできるけど、ポジションは取れない)のは×。メッセージを磨き込んだ上で、それを伝えるのに必要最低限な情報に絞り込むべき。データによって適した視覚ツール(グラフ、チャート、図)を使い、直感的にメッセージが伝わるようにする。例示されているスライドもとてもわかりやすく、また美術史専攻という経歴だからか非常に洗練されている。これを習得するには、相当な実務経験が要りそうだけど、この本をお手本にしてやってい
読了日:5月2日 著者:山口周

読書メーター
[PR]
by Lucie1104 | 2014-06-25 09:01 | レビュー | Comments(0)

4月読書のまとめ

あな吉さんの手帳術本、海賊と呼ばれた男が大ヒットな4月。

自分を「ごきげん」にする方法も良い本でした♪

2014年4月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:2004ページ
ナイス数:20ナイス

自分を「ごきげん」にする方法自分を「ごきげん」にする方法感想
良かった。自分をごきげんにすることは、いわゆるポジティブシンキングとは違う。起こったことに意味づけをしないでそのまま受け入れ、それに影響されないようにすること。結果を行動の軸にせず、心を軸にする生き方。心を整えることは、行動にも影響する。
読了日:4月30日 著者:辻秀一
なめれおんなめれおん
読了日:4月29日 著者:あきやまただし
わたしのいもうと (新編・絵本平和のために)わたしのいもうと (新編・絵本平和のために)
読了日:4月29日 著者:松谷みよ子
主に泣いてます(2) (モーニングKC)主に泣いてます(2) (モーニングKC)
読了日:4月29日 著者:東村アキコ
主に泣いてます(1) (モーニングKC)主に泣いてます(1) (モーニングKC)
読了日:4月29日 著者:東村アキコ
かくかくしかじか 2かくかくしかじか 2
読了日:4月29日 著者:東村アキコ
かくかくしかじか 1かくかくしかじか 1
読了日:4月29日 著者:東村アキコ
海賊とよばれた男 下海賊とよばれた男 下
読了日:4月23日 著者:百田尚樹
海賊とよばれた男 上海賊とよばれた男 上
読了日:4月23日 著者:百田尚樹
じごくのそうべえ (童心社の絵本)じごくのそうべえ (童心社の絵本)感想
面白い。チャレンジングだけど読み聞かせでやってみたい。
読了日:4月19日 著者:田島征彦
ちびゴリラのちびちびちびゴリラのちびちび感想
シンプルなんだけど、読むとほっこりする絵本。動物たちの表情や質感がとっても優しい。
読了日:4月19日 著者:ルース・ボーンスタイン
行正り香のインテリア  心地よく暮らすためのルールとアイデア行正り香のインテリア 心地よく暮らすためのルールとアイデア感想
行正さんちのインテリアを真似るのは、スペース的にも金額的にも到底無理なんだけど、インテリアにする考え方は中々参考になりました。センスを磨くには映画を参考にし、決まったスタイルに沿った家具を揃えていく、絵は別世界へと繋げる窓のような存在だから、かけた方が空間が広がる、鏡に映る借景を利用するなど。カーテンの選び方や額装の仕方、お花の飾り方など、内容豊富です。
読了日:4月17日 著者:行正り香
ものがたりのある一皿 季節のおもてなしレシピものがたりのある一皿 季節のおもてなしレシピ感想
レシピより読み物として面白かった。
読了日:4月16日 著者:行正り香
ヤクーバとライオン (1) 勇気 (講談社の翻訳絵本)ヤクーバとライオン (1) 勇気 (講談社の翻訳絵本)感想
本当の勇気とは何かということを問いかけられる本。絵に迫力があって、読んでてドキドキする。高学年読み聞かせでやってみたい。
読了日:4月15日 著者:ティエリー・デデュー
おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん感想
タイトルから息子小3が「これよみたい!」とくいつき、読んでる間もとても楽しそうだった。娘四歳は、ひいひいひいひい…おじいちゃんが猿になるのを見て始めて知ったらしく「そうなの?!」と驚いていた。
読了日:4月15日 著者:長谷川義史
赤いろうそくと人魚 (日本の童話名作選)赤いろうそくと人魚 (日本の童話名作選)感想
最初から最後まで物悲しい雰囲気。終わり方も後味悪いんだけど、なんだか印象に残る一冊。酒井駒子さんの絵のものを読んでみたい。
読了日:4月8日 著者:小川未明
あな吉さんの主婦のための幸せを呼ぶ!手帳術 カラー実践版 (別冊すてきな奥さん)あな吉さんの主婦のための幸せを呼ぶ!手帳術 カラー実践版 (別冊すてきな奥さん)
読了日:4月4日 著者:浅倉ユキ

読書メーター
[PR]
by Lucie1104 | 2014-05-03 06:31 | レビュー | Comments(0)

2月ダイエットまとめとポアント

f0176860_12561531.jpg


現時点で47.5kg。47.0kgまで行った時もあったんだけど、安定はしてないなぁ。でも、47kg台後半から48kgをうろうろしていた時に比べれば下がったので良しとしよう。うん。

微妙にでも減ったのは玄米のおかげだと思います。家族分とは別に私の分だけいつも玄米を炊いて冷凍ストックしています。

私は玄米好きなので、無理なく続けられる♪

あと、あな吉さんの食べるラー油!

http://www.mylohas.net/sp/blog8/2010/12/026334post_1411.html

リンク貼れなくてごめんなさい。

これドレッシング代わりに野菜にかけるといくらでも食べられます^_^美味しい〜。

f0176860_1525639.jpg






週三回の運動は今月も達成(^_^)v

f0176860_1322862.jpg



お菓子と甘い飲み物買わないルールも一応続いてます…

f0176860_1322934.jpg


ただ、頂き物はOKという甘いルールで、子供たちのおやつもご相伴に預かったりしてるので、どうかなσ(^_^;)


バレエは2月は3回行けました。

ほんっと~に楽しい。行けば行くほど、もっとやりたくなる。

先週先生のブログにポアント(トウシューズ)のことが書いてあって(地道にポアントワーク)、

久しぶりに自宅で履いてみました。

f0176860_13141724.jpg


本当に、ポアントは永遠の憧れ。

見てるだけでうっとり。長く立ってはいられないけど、履いてるとそれだけで気分があがります(≧∇≦)

「今年中に土曜日のポアントレッスンを受ける」をWishリストに加えました☆
[PR]
by Lucie1104 | 2014-03-07 18:33 | レビュー | Comments(0)

2014年2月読書まとめ

生まれ変わってもこの仕事がしたいと同時通訳者の頭の中が良かったです。

英語熱が高まりました(^o^)/

2014年2月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:1871ページ
ナイス数:25ナイス

おもてなしの教科書 (美人開花シリーズ)おもてなしの教科書 (美人開花シリーズ)感想
紹介されてるお皿がニトリ、フランフランなど、比較的リーズナブルなものだったり、100均の小物を使ったアレンジなど取り入れやすくて良い。ずっと理想のパスタ皿を探していたけど、白のシンプル皿が一番いいという著者の言葉に推されて、フランフランのを買おうかと。お花のアレンジなども、簡単で見栄えよくできそう。
読了日:2月25日 著者:山本侑貴子
季節のおもてなしとテーブルスタイリング季節のおもてなしとテーブルスタイリング感想
素敵だけど、真似するにはハードル高いかな。
読了日:2月25日 著者:山本侑貴子
なんにもない部屋の暮らしかたなんにもない部屋の暮らしかた感想
ゆるりさんのご家族との関係性がいいなぁと思う。自分が変で、家族は普通。家族に付き合わせて申し訳ない、みたいな。ベッドしかない寝室はさぞかし掃除しやすいことでしょう。
読了日:2月20日 著者:ゆるりまい
ベトナムとタイ 毎日のごはん (集英社be文庫)ベトナムとタイ 毎日のごはん (集英社be文庫)感想
ベトナムのごはんは美味しそう。いつか食べに行きたいな。
読了日:2月16日 著者:平松洋子
関谷英里子のビジネスに効く!ポジティブ英語関谷英里子のビジネスに効く!ポジティブ英語感想
紹介されてる文はそんなにたくさんないけど、確かになるほど、そうだったのかというツボを心得たセレクション。後は繰り返し使って、口をついて自然に出てくるくらいものにしたい。
読了日:2月15日 著者:関谷英里子
折れた竜骨 下 (創元推理文庫)折れた竜骨 下 (創元推理文庫)
読了日:2月14日 著者:米澤穂信
あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中感想
サブタイトル通りこれまでにない英語勉強法の指南書。リスニングは、リーディング、スピーキング、ライティングの技能のうち一番短期間でネイティブ並に近づける、ディクテーションが最強の学習法、類語辞典と英英辞典でイメージ力を鍛える、7、8割理解できればコミュニケーションが成り立つ、中級者以上になるとリーディングの量の多寡がその後の英語力を大きく左右する、など。やる気出ました!
読了日:2月11日 著者:関谷英里子
子育て主夫青春物語「東大卒」より家族が大事子育て主夫青春物語「東大卒」より家族が大事感想
会社を休職して、奥さんの海外赴任に同行したというところに興味を惹かれて読んだけど、海外生活はそれほど多く書かれてなくてちょっと残念。仕事を続ける女性と同様に、仕事を辞めて家事育児に専念する男性だって今後もっと増えていくといいと思う。
読了日:2月8日 著者:堀込泰三
よろこばれる おもてなし上手の料理とスタイリングよろこばれる おもてなし上手の料理とスタイリング感想
テーブルコーディネートの本は中々ないので、見た瞬間コレコレ!って感じでした。真似するにはハードル高いけど、眺めてるだけでワクワクします。ここまではできないけど、取り入れられることは真似したい。
読了日:2月3日 著者:佐藤紀子
生まれ変わっても、この「仕事」がしたい生まれ変わっても、この「仕事」がしたい感想
自分が納得する鍵は相手が期待する得意なことではなく自分自身の好きな事にある、どの職種の中にも自分の好きな仕事と嫌いな仕事がある、自分らしいとは、シンプルに自分が好きで無条件にワクワクすることをやること、好きなことと価値を高めることを結びつける仕組みを考えるなど、なるほどとキャリアを考える上で参考になる言葉がたくさん。これからワークもやってみます。
読了日:2月2日 著者:堀田孝治
母をたずねて三千里 (徳間アニメ絵本)母をたずねて三千里 (徳間アニメ絵本)感想
泣けた。・゜・(ノД`)・゜・。
読了日:2月2日 著者:エドモンドデ・アミーチス,高畑勲,EdmondoDeAmicis

読書メーター
[PR]
by Lucie1104 | 2014-03-06 12:51 | レビュー | Comments(0)

2014年1月読書まとめ

絵本と料理本を抜かすと、7冊。平均週1~2冊ですね。

奥田先生の本がヒット!今も一冊読んでます。

あな吉さんの冷凍本も、ずっと気になってたんですが、やっと図書館で借りて、良かったです。買おうと思います。

安藤美冬さんは、2月の勝間塾の合宿(リモート受講を申し込んだ!)の課題図書。本は正直ピンと来なかったのですが、講演が楽しみ♪ゲスト講師もう一人ホリエモンのセミナーももちろん♪

2014年1月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:1691ページ
ナイス数:16ナイス

子育てプリンシプル子育てプリンシプル感想
同著者の叱りゼロで…より厳しい育児論。発達障害や不登校などの子供たちの事例を出していてすごく説得力ある。子供に我慢を覚えさせたり、ルールを徹底することは、すごく手間もかかるし、子供に嫌な顔をされたり精神的にもきつい。でもそこを避けて通るのはダメなんだなと。読んで良かったです。後書きを読むと、凄腕な所だけでなく、権威に屈しない、自分の信念を貫く所がまさにブラックジャック。
読了日:1月31日 著者:奥田健次


あな吉さんのゆるベジ いちばんかんたんな、野菜フリージングの本
あな吉さんのゆるベジ いちばんかんたんな、野菜フリージングの本感想
それほど野菜をダメにすることがないのですが、買ったものを使わなきゃって切迫感に追われず、使いたい量だけ使えるのはいいなぁと思いました。とりあえず今あるキノコ、白菜、ジャガイモ、ニンジンを冷凍してみました。ニンジンのドーナツは冷凍前に作ってしまったけど、すごく美味しくてビックリ。砂糖大さじ1でも子供喜んで食べてました♪
読了日:1月30日 著者:浅倉ユキ


冒険に出よう (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)
冒険に出よう (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)
読了日:1月26日 著者:安藤美冬


叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本
叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本感想
http://luciebook.exblog.jp/21319091/
読了日:1月23日 著者:奥田健次


トヨタの片づけ
トヨタの片づけ
読了日:1月18日 著者:OJTソリューションズ


中身
中身
読了日:1月18日 著者:ともさかりえ


おさる日記
おさる日記感想
内容を知らず普通に読み進めていくうちに、あれ?あれ?と思わせ、最後がえーっ?!と、すごく盛り上がりました。小2の息子が大喜びでしたが、私もそうきたか!と驚かされた一冊。これは面白い。
読了日:1月18日 著者:和田誠


小室淑恵のチームを動かす! リーダー術: メンバーが「自分ごと」で動き出す12のコミュニケーション
小室淑恵のチームを動かす! リーダー術: メンバーが「自分ごと」で動き出す12のコミュニケーション
読了日:1月15日 著者:小室淑恵


ふきまんぶく (田島征三)
ふきまんぶく (田島征三)感想
4歳娘が選んできた絵本。表紙の絵がインパクトがあって、怖いもの見たさ、のような気持ちのよう。8歳息子も怖いとつぶやいていた。絵がとにかく強烈。
読了日:1月11日 著者:田島征三


破船 (新潮文庫)
破船 (新潮文庫)感想
村のおどろおどろしいしきたり、過酷な自然環境、漁の仕事、暮らし、病、救いのない物語なんだけど、最後まで一気に読んでしまった。フィクションなんだけど、本当にあったことのよう。
読了日:1月1日 著者:吉村昭

読書メーター
[PR]
by Lucie1104 | 2014-02-01 08:05 | レビュー | Comments(0)


読んだ本の簡単レビューと日記


by lucie1104

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル