<   2012年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

実録!おたふく風邪

息子が流行性耳下腺炎(おたふく風邪)に罹りました〜(つД`)ノ

最近はやっていると聞いていたのですが、去年の夏罹ったつもりだったので油断してました。

去年は耳下腺腫れて、熱が出ておたふく風邪と診断されたんですが、熱も腫れも一日でひいたんですよね。。軽症で済んで良かった♪なんて思ってたんですが、どうやらあれは違ったよう…。

今回なってみて、確信しました。これこそ真のおたふく風邪だとw

後から思えば、ニ、三日前から耳の奥でキーンと音がするとか言ってたのですが、木曜日朝、左耳の下が痛いと訴え、もしかして!と気づきました。

熱はないし、痛みも大したことないし、気づかなかったふりして学校に行かせたい葛藤と戦いw、結局小児科に行く事にしました。

診てもらったらやっぱりおたふくとのこと。鎮痛剤(カロナール)を処方してもらいました。

これで木曜日はお休みケテーイ(・Д・)ノ幸いそのあと3連休だったので、家でおとなしく過ごしました。

食事の時にすごく痛むらしくて、金曜日の朝薬を飲む前に朝食を食べさせたら、「イタイ!イタイ!なんとかして!」と泣き叫びながら家中を走り回る息子。

「耳を切りたい>_<」とか言ってて、よっぽど痛いんだろうけど、あまりの騒ぎっぷりに半笑い(ばれたらまずいので笑いをかみ殺した)

f0176860_11311114.jpg


見た目そんな派手に腫れてませんが、痛いらしい。



薬はきっちり15分で効いてくるようで、15分後には何もなかったように普通になります。

土曜日の朝も同じ状態だったので(昼、夜は、効き目が切れる前に薬飲んじゃってたから割と平気)、日曜日の朝、薬飲んでから15分後に食べればいいんじゃん?と気づいて飲ませました(もっと早く気づきたかった)。

薬ってこんなに聞くんだ~!と初めて実感しました。ホントに。

あと、日曜日の朝ネットで調べたら冷やすと良いと書いてあって、保冷剤渡したら効いたみたいです(これも気づくの遅かった)。

そういえば私の子どものときのおたふくの記念写真(?)は、顔にタオル巻いてたけど、あれは腫れ過ぎたほっぺを吊るしていたわけではなく、冷やしてたのか~と気づきましたw

5日目の今朝、どうかなぁと思ったけど、やっぱりまだ痛いというので、まだお休み。

はじめてであう小児科の本

山田 真 / 福音館書店



山田真先生の「はじめてであう小児科の本」によれば、三日から一週間ぐらいではれがひいてくるとのこと。

息子の場合は5日目現在左側だけ腫れているのですが、片側だけで終わるのは25%だそう。これから右側が腫れたら・・・さらに一週間かかるかと思うと恐ろしいです。

それから、おたふくかぜの感染力は弱いそうで、好発年齢が5歳から10歳であるため、兄弟間感染は水ぼうそうなんかと比べると低いそう。

3歳娘はどうだろうか・・・。薬も嫌がって飲みたがらないし、あの痛みを3歳娘に味わわせるのはつらいなぁ(T_T)潜伏期間は16日~18日。

しかし、希望の光もありまして、おたふく風邪は不顕性感染(感染しても症状が出ない)の割合が高くて30~40%、特に三歳以前にかかった場合はほとんどが不顕性感染と言われていますとのこと。

これ理想のシナリオ!これでお願いします!

とりあえず明日は義父に出動してもらい、6日ぶりの出社です。
[PR]
by lucie1104 | 2012-11-26 11:33 | 育児 | Comments(2)

浴室リフォーム記録その1

うちのお風呂かなり古いのでリフォームすることにしました。

その記録です。

最初にオウチーノってサイトに登録しました。

http://www.o-uccino.jp/reform/

そうしたらその日のうちにパタパタと8社から応札メッセージ。

本当は全部の会社のメッセージとホームページを確認すべきなんでしょうが時間がないので、適当に選んだ一社に見積もりの依頼。

週末に来てもらって、浴室や浴槽の大きさを測ってもらったり私の希望を言って、一週間後見積書を送ってもらいました。

メーカーはTOTOかLIXIL(旧INAX)が主流。

追い炊きができないのでできたらしたいと言ったら、給湯器との位置関係からかなり広い部分の床をはがして工事しないとのことで諦めました^^;

浴室内の壁は白のつるっとしたのが一番安いけど、一面だけでも良い材質のものにすると随分雰囲気が変わる(安っぽくならない)とのことでした。この辺はカタログを見せて頂きながら話しました。

工期は3日で、土日もOKとのことでした。

営業さん感じ良く好印象でしたが、見積もりは三社でという定石を踏んでもう一社にアプローチ。


二社目は職人さんと、お偉いさんの二人組。

押しが強いけど、頼りがいのある感じ。

TOTOとLIXILの違いは、TOTOの方が長い目で見るとものが良いけど、お風呂をそんなに長期間(20年、30年とか?)使うわけではないだろうから、あまり気にしなくても良い。金額的にはLIXLの方が安くて良いとのことで、こちらは見積もりLIXILの方で出されていました。

LIXILもTOTOもショールームがあるのでぜひ一度行って見てくださいと言われました。

工期は5日間ということで、業者によって随分違うものだなあと思いました。

金額的に一社目(TOTOでの見積もりだった)より安かったし、こちらの方がいいかな、と思っていたのですが、仕事中に携帯に電話がかかってきて、その時の感じがあまりよくなくて、印象↓。

そして最後、もう一社頼んでみました。

こちらは社長さん自ら来られたのですが、おじい様の代から三代続くお風呂屋さん。社長さんはこれまで大手のハウスメーカーに勤務した後家業を継いだそうで、メーカーとのつながりもあるし、職人さんとのつながりもあるので、他社より安くできますとのことでした。

すごく説得力あったし、注文したら、ショールームに一緒に行ってどのお風呂にするかを決めて下さるとのこと。

これは今までの中で一番良いなあと思いました。

見積もりも、最初の二社は郵送またはメールでの提供だったのが、この三社目は、持ってきて説明して下さって、その説明もとても明確だったので、こちらに決めました。

そして金額的にも5万円程度の差ですが、ここが一番安かったです。

TOTOとLIXILで、TOTOを選ばれていたので、その理由を聞いたら、長年この仕事をしていて、歴史が一番古いTOTOが一番トラブルが少ないからということでした。LIXILやパナソニックの方が安いのですが、トラブルの面では、TOTOが一番安心感があるので、こちらで見積もりを出しましたとのこと。

実際は、ショールームを見学して私の意向で決めるのでまだTOTOに決定というわけではないけど、そういわれるとTOTOが良いかな。

工期は5日間、でも4日目以降はお風呂に入れるとのことでした。二社目もそういう意味だったのかもしれません。でも説明が三社目の方がこうやってちゃんとしてるから安心できるんですよね~。

来週、社長さんとTOTOのショールームに行ってきます!楽しみです♪
[PR]
by lucie1104 | 2012-11-25 11:15 | 住まい・インテリア | Comments(4)

家計簿つけってこういうことか~「年収200万円からの貯金生活宣言」~

年収200万円からの貯金生活宣言

横山 光昭 / ディスカヴァー・トゥエンティワン



最近読んで良かった本です。

家計簿って、光熱費、住居費、教育費などの費目ごとに分けて、計画を立て、計画通りに行かなければ修正するというのが一般的だと思いますが、

この本では、支出を消費・浪費・投資の三つに分けて見てみることが提案されています。

これがね!私がずっと求めてたものだったので、これこれ!って感じでした。

たとえば、食費の中でも、野菜やお肉などの食材への支出は「消費」になるけど、ダイエットしようと思っているのにチョコレート買って食べちゃったら「浪費」になる、という具合で、同じ食費の中でも望ましい支出と、望ましくない支出があるわけで、それをひとくくりにして見るのはイマイチ無理があるんですよ。

そこを分けてみることで初めて、無駄な支出を減らすことが可能になると思うんです。

この消費・浪費・投資のバランスは、70%、5%、25%が理想だそうです。

今私はCashFlowFreeというiPhoneアプリにお金を使う度ログを取っています。

http://apps.tmurakam.org/cashflow/index.html

家計簿の見直しは、一週間ごとが望ましいそうなので、今はこんなふうにしています。

基本的にはログは買い物ごとに取る。取れなくても翌朝には必ず入力(でないと忘れる)

月曜日朝に、前週月から日までの一週間分のログをCashFlowFreeから、エクセルにエクスポートして、投資、消費、浪費に分けて、計算してみる。

先週の結果を見ると、消費68%、浪費4%、投資28%。

まずまずの数字ではないでしょうか。

一週間単位の使い方だとその週によってぶれが結構あるので(住居費、光熱費など月ごとに支出があるものも多いし)、これを一か月間でまとめて月次レビュー、さらに年次レビュー(帰省など、年単位で発生する支出もあるし)したら完璧でしょう。

月次レビューはまだやってませんけど。

住居費などの費目ごとの目安についても、下記の通りに紹介されています。

★小さな子供がいる家庭の適正割合

食費:18%
住居費:22%
水道光熱費:6%
通信費:6%
こづかい:5%
教育費:7%
保険料:8%
趣味・娯楽費:2%
被服費:4%
交際費:3%
日用雑費:2%
その他:5%
貯蓄:12%

各家庭の状況によっても違いは出てくると思うのですが、こういう目安があると、お金の使い方を見直しやすいと思います。

お金の管理、これも2012年目標のひとつ。完了はしないけど、スタートは切れたかな。しばらくこれでやってみようと思います♪
[PR]
by lucie1104 | 2012-11-23 11:34 | 家計 | Comments(0)

【読み聞かせボランティア】11月

今月は「皇帝にもらった花のたね」という絵本を先月と同じ三年生のクラスで読みました。

皇帝にもらった花のたね

デミ / 徳間書店



中国が舞台で、花を育てるのが上手な男の子ピンが、一番上手に花を咲かせられた子が皇帝の世継ぎになれるというお触れの後、いろいろあったけど、最後は正直で勇気があったために、見事選ばれるというお話。

最後までぐいぐい引っ張っていくストーリー展開も面白いし、西洋から見た東洋趣味って感じの絵の雰囲気が良くて(作者は中国人のご主人を持つアメリカ人)、私も大好きな一冊。

みんなすごく集中して楽しんで聞いてるのが伝わってきて、今までで一番楽しく読めました(^∇^)

本当はもう一冊読もうと思ったんだけど、終わった後拍手が出て、あと残り3分だったので終わりにしました。
最初にみんなが席につくまでに時間がかかってしまったので、その時間に一冊読めば良かったな。

以下は打ち合わせでほかの方が読まれたと聞いて興味深かったもの。

おおぐいひょうたん―西アフリカの昔話 (こどものとも世界昔ばなしの旅2)

吉沢 葉子 / 福音館書店



サッちゃん (現代日本童謡詩全集)

阪田 寛夫 / 国土社



上の二冊は、支援級読まれたもの。「サッちゃん」は詩だそうで、詩はレパートリーになかったので、読んでみたいなあと思いました。

支援級は7~8人なので、読んでいる時の距離も近いし、どんどん距離を縮めたくなる。普通の30人クラスと読み聞かせの形が変わるとおっしゃっていたことが印象的でした。

へへののもへじ

高梨 章 / 福音館書店



一年生のクラスで読まれた言葉遊びのような絵本。対象は2~4歳になっているけれど、小学生でも十分楽しめるそう。ただこの絵本は、お父さんが部屋の中でたばこを吸っている絵があって、再販がかかっておらず、読んでみるには図書館や古本で探すしかないんだそう。そういわれるとますます読んでみたくなる^m^

からすたろう

八島 太郎 / 偕成社



別の三年生のクラスで読まれた本。いじめを題材にしたお話で、かなり重い内容のようです。読んでいたら鼻をすする声が聞こえてきたそう。読み聞かせでこれを選ぶのは中々勇気がいりそうですけど、楽しい明るい絵本ばかりでなく、こういう絵本もありですね!

3つのなぞ

ジョン・J. ミュース / フレーベル館



人生でいつが大事?誰が大事?何をすることが大事?という三つの謎を求める主人公のお話。

トルストイの三つの疑問という作品を元にした絵本で、かなり凝縮されているので、読む前に、この三つの謎について、子供達に問いかけをして、ある程度イメージを膨らませてから読んだそうです。

難しそうな内容だけど、三年生の子どもたちに、もう一冊とこちらとどっちにする?と選ばせたら、こちらを選んだんですって。三年生って、そんなことをもう考え始める時期なんですね~。

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ (五味太郎の絵本)

五味 太郎 / 偕成社



二年生のクラスで。私も最近五味太郎さんにハマってるんですが、結構色んな作品があって、私が五味さんに求めるテイストと違うものもあるので、これというのを教えてもらえて嬉しい。

未就学児向けの絵本でも、その年の頃に読まずに通り過ぎる子もいるので、五~六年生に読んでも喜ばれるというのも良い情報でした。

宇宙人のしゅくだい (講談社青い鳥文庫 40-1)

小松 左京 / 講談社



小松左京さんのSF。五年生のクラスで。この方は本当に選書がうまいなぁと関心します。絵本じゃなくて、この文庫の中から「算数のできない子孫たち」というお話を読んだそう。最後、子どもたちの「はっ!」っとする驚きの顔が見られて良かったと言っていました。それが一番嬉しいですよね^^

くいしんぼうのあおむしくん (こどものとも傑作集)

槇 ひろし / 福音館書店



上の本がとても短いので、超不思議な話というくくりで選んだもう一冊。まちをどんどん飲み込んでいくあおむしくんが、最後に残った主人公の男の子を飲み込んだら、その中に町が広がっていたというお話。

だから空が青いんだよ、という結論なのですが、

「みんなも子どもの頃、この空はどこまで続いてるんだろうって思ったことない?」って聞いたら、

「ああ、思った思った」

「宇宙なんだよね」って答えが帰ってきて、

「勉強ってすごいね!」なんて会話をしたそうです。子どもたちとこれくらいコミュニケーション取りながら読み聞かせできたらいいなぁ~。

神沢利子のおはなしの時間4

神沢利子 / ポプラ社



唯一の男性メンバー。先月と同じ本からワニ君の別のお話を。五年生なので、先月のことをよく覚えていて、「楽しみにしてたよ~」なんて声かけてもらえたそう。そういうリアクションは、高学年ならではかも。

なかよしこぐま わけっこするのだいきらい (絵本の時間)

おの りえん / ポプラ社



一年生のクラスで。兄弟げんかのお話で、皆感心して聞いていたそうです。うちのケンカばっかりの兄妹にも読んであげなきゃ^^

まるをさがして (びじゅつのゆうえんち)

大月 ヒロ子 / 福音館書店



色んな芸術作品の中の丸を写真で紹介する本。こういうのも変化球で面白そうだな~。
[PR]
by lucie1104 | 2012-11-22 16:39 | 読み聞かせボランティア | Comments(0)

プロの力を借りてお片づけ♪

夫が片づけができない人で、家を散らかしまくるのが、長年の悩みです(つД`)ノ(付き合い始めた10年以上前から)。

夫の部屋以外はなんとか人の住める状態を維持してますが、夫の部屋はもう諦めて放置。

これではダメだと思い「夫の部屋を片づける」を2012年目標100個のうちのひとつとしていたのですが、手がつけられないまま2012年もおわっちゃうのかなぁと思っていたある日、

あきのりさんのブログで、整理収納アドバイザーの方のブログのご紹介があって。

http://ameblo.jp/tsumu316/

これはプロにお任せするのがいいかも、と思って申し込みしてみました。

かなりお恥ずかしいのですが、夫の部屋、ビフォーです。

ドン!!!
f0176860_7543718.jpg


わー、ひどい^^;

朝10時に来ていただいて、夕方五時までお片付けして頂いた後は、こうなりました!

※画像、直後に撮り忘れたので、吉田さんのブログから頂いてしまいました。

f0176860_5281389.jpg


すっばらしい~!

棚がひとつクローゼットの中に収まったことが一番驚きでした!

実はあまりに部屋が散らかっていて、夫はずっとここで寝ることができませんでした。

単身赴任中のため、自宅で寝ることは月に3~4日ですが、私と子どもたちが寝ているダブルベッドに無理やり一緒に寝たりするので(子供と三人でも狭いのに、ヤメテー)狭すぎて眠れないのが超ストレスでした( *`ω´)

この日以降自分の部屋で寝てくれるようになってほんと良かったです〜( ´ ▽ ` )

整理収納アドバイザーの吉田さんは、第一印象からとても感じ良くテキパキしてて好印象(*^o^*)ブログそのままの感じでとても素敵な方でした♪

午前二時間は、整理収納というより、ゴミと脱ぎ捨てられた洋服その他の選り分け作業になってしまって申し訳なかったです>_<

本当は限られた時間を有効に使うためにも、この午前の作業は事前にやるべきでした。でも気力が萎えちゃって無理でしたが。

午後は主に夫の書類関係の要否判断。元々私が依頼したことなので、吉田さんは、夫がやる気になるかどうか心配だったそうですが、前向きに取り組んでくれて良かったと仰って頂きました(^∇^)

ノリはいいからねw

三年前に私も夫に一つ一つこれいる?いらない?って丸一日片付け手伝ったことあるのですが、身内がやるより、こうやってプロの方に来てもらった方が厳しめの判断ができる感じがします。

すごい荷物の量なので(何しろ中学の教科書から取ってあるレベルwあと高校の学校指定のバッグとかw意味ワカンネ)ざっくりレベルでやって頂いたようです。本当は3日位かけてじっくり完璧にやってもらいたいとこだけど。

でも一日でここまで来れたので大満!あとは今後の維持が課題かな。

宿題として出された本を売る、書類の要否判断、やってませんヽ(´o`;

脱いだ服も相変わらず脱ぎ散らかしっぱなし。ほっとくとまた元に戻るんだろうなぁ。はぁ。

でも今回は私が維持できるよう頑張ろうと思います。安眠確保のためです。ホントに世話の焼ける人だよ(つД`)ノ

それから、収納テクに感動したのと、やっぱりプロに頼むと早い!っていうのを実感したので、これも今年のやりたいことリスト100のうちのひとつ、和室の壁面収納片付けをお願いすることにしました。

なんと吉田さん、まだお仕事始められて時期が短いからこれまで一時間1500円でされていました。

丸一日やって頂いて、一万円一千円弱なので、本当に破格だと思います。

一月から料金改定ということで、慌てて12月にお願いしました。

三月以降も上がるようですので、興味ある方、急いでお願いした方がいいですよ^_−☆

壁面収納だけでなく、キッチンもお願いしたいから、私は一月も頼んでしまいそうな予感♪

吉田さん、ありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
by lucie1104 | 2012-11-19 17:55 | 家事 | Comments(2)

【セミナー】スピードハック総決算・続き

スピードハック総決算感想の続きです。

□ プロジェクトは一年にひとつ

ワークの一つとして、2012年にやりたかったのにできなかったことと、どうすればできた?を書き出すというのをやりました。

私は今年の頭だったか、去年の年末、付箋100枚にやりたいことを書くっていうのをやってみました。

その付箋は手帳に貼って、達成したものにチェックしていたのですが、今数えてみたら未達が60枚(笑)

逆に言うと40個のやりたいことはやれたので、自分を褒めてあげたいとも思いますが( ̄+ー ̄)

前回記事に引用していたこのセミナーの案内文に戻るのですが、結局自分の持っている時間と気力、体力リソースを考えずにやりたいこと並べたって全て実現する訳はないんですよね^_^;

次回の後篇ではこの辺りにフォーカスした内容になるみたいですが、佐々木さん曰く、来年一年で取り組むプロジェクト(仕事に限りません)は一つが理想とのこと。

あれもこれもやりたいことだらけの私には一つを選び出すのはかなり難しい作業になりそう>_<でもそうですよね、一つと決めて、本気でそこにリソース投入すれば、実現できますよね、きっと。

□ ジワジワくる満足

決意した時=行動する時でないために、後でこれしようと思ったけど、いざする時になったら別のことがやりたくなって、最初にやろうと決めたことはやらずじまい。これってよくあることですよね?

でも、その時の衝動でやりたいことよりも、過去の自分の欲求を優先的に満たしていくと、生活や仕事の質が少しずつ改善します。このジワジワくる満足感が良いんですとのこと。じわくわくる満足感、わかるな~。

□ つながりを育てる

いいアイデアが浮かばないという参加者からの質問への回答。大橋さんは毎月タスクカフェでプレゼンをしますが、このプレゼンの内容を考えることを分割してルーチン化しているそう。

毎月第二営業日にプレゼンのタイトルを考え(5分)、その後いくつかのアイデアを組み合わせ(15分)、というように、ある程度のスパンを持ってアイデアを育てていくと、その間に読んでいた本の一節が、「これ使える!」という発想になります。つまり、「つながりを育てる時間」を持つというのが大事ということ。

あるアイデアを出すのに1日でやろうとすると、そのつながりを育てる時間が持てないから大変です。

□ 記録すると不満が浮き彫りになる

佐々木さんは、奥様のお金の使い道を1円単位で把握し、時間の使い方も大体把握してるそうです。そして時間とお金の使い道を見てると、相手の不満が浮き彫りになるんだそうです。ちょっと怖い気もしないでもないですがw

こうやって記録して相手の行動パターンが見えるようにすると、交渉しやすくなるとのこと。

佐々木さんの域にはまだ達せないですが^^;、、なるほどと思いました。

□ どんな話の流れで出てきたのかわからなくなってしまったのですが、メモに残った走り書きを最後に。三つとも記録の効用です。

* 見過ごし、意識にのぼらないことを発見
* 足すのではなく、あるものを生かす
* 使いきれていないリソースをいかに使っていくか
[PR]
by lucie1104 | 2012-11-17 16:16 | タスク管理 | Comments(0)

【セミナー】スピードハック総決算

日曜日、大橋さんと佐々木さんのセミナー、「スピードハック総決算」に行ってきました♪

今スピードハック研究会やってるし、セミナーはまぁいいかと思ったのですが、セミナー案内の下記の文章が突き刺さりすぎ(笑)即申し込みです!

今年のテーマは徹底的なブラッシュアップです。

毎年のように「目標設定」「タスク管理」「行動記録」「レビュー」などの
有用性が各所で説かれています。私たちもそういう話をしてきました。
にもかかわらず今一つ実を結ばない。少なくともそういった悩みを抱え
続ける方がいらっしゃいます。

原因は明らかです。やりたいこと・やるべきことに対し、時間・気力・体力
などが足りなすぎるのです。不足している自覚はみなさんおもちですが、
どのくらい不足しているかについて誤解している人が少なくありません。
圧倒的に不足しているのが現実です。所持金は1万円なのに、100万円の
買い物をしようとしているような状態です。

この状態にあって必要なことは徹底的なブラッシュアップ、すなわち
総額100万円の買い物の中から、絶対に必要な1万円分を抜き出し、
それによって100万円のものを買ったような効果を実際に得ることです。
現に今成功している人たちのやっているのはそういうことであって、
決して所持金を100万円にできているわけではない。

まずそれを知ることです。


これが刺さらずにいられるでしょうか!(笑)

というわけで、受講したスピードハック総決算。約3時間のセミナーでしたが、期待通り内容の濃いもので、来年に向けて受けてほんっとうに良かった!!

内容は、レクチャーとワークがあって、前半「記録と振り返りの重要性・成果物・手順」について大橋・佐々木両氏からプレゼンがありました。

「記録と振り返り」って、ブログでも、タスクセラピーでも、繰り返し両氏が語られていることで、「結局それか」、という感じすが(現に二人もそう言ってたw)、話を聞くたびに新たな視点からの気づきが得られて、不思議と「同じこと聞いたよ」、って感じはまったくないです。それに何度聞いたって、それを完璧にできるということはありえなくって、モチベーション上げるためにも何度でも聞く価値のあるお話だと思います。

ワークは、1.デイリー総決算、2.毎日のレシピとチェックリスト作成、3.2012年にやりたかったのにできなかったこと、の3つがありました。

プレゼン資料(167枚って言ってた?)はセミナー後に頂けたので、その資料と自分のメモを読み返し、特にグッときたところをシェアしたいと思います。

□ 寒苦鳥の説話

佐々木さんから、仏教の寒苦鳥の話がありました。寒苦鳥は真冬、寒風吹きすさぶ中、次の夏は巣作りをちゃんとしようと心に誓うのですが、夏が来ると冬の辛さを忘れて、巣作りを怠り、冬また苦しむことを延々と繰り返し、巣が作れないという話。中々身につまされるものがあります。

決意をする時=行動する時ではないために起こる弊害ですね。

そこで、記録(寒い日の辛さ、どんな巣が必要かという設計図)を残していれば、やる気のなくなる夏に、記録を基に、巣作りをすることができる。つまり、記録は意志を補完してくれ、具体的なネクストアクションを教えてくれるのです。

□ 6つの質問テンプレート

このセミナーは、受講前一週間課題がありました。それは毎日のレビューで、↓のブログ記事に紹介されている6つの質問に答えることで一日を振り返りすることができます。

http://cyblog.jp/modules/weblogs/10906

このテンプレートがすごくよくできていて、一日の中でうまく行ったと思えることをまた再現するためのコツ、それからうまく行かなかったことを改善させるカギがそこに詰まっています。

またこれを続けることで、ちょっとしたことに達成感を見つけるのがうまくなる効果もあるそう。

この一週間は毎日課題提出しましたが、今後は大橋さんおすすめのはてなダイアリー(非公開)かえばろぐで続けようと思います。


□ 毎日のレシピとチェックリストの作成

これは、今月のスピードハック研究会の課題でもあります。レシピというのは、マニュアルのことです。
前出のレビューの達成感を得られたことにレシピは埋もれているとのこと。うまく行ったことには、うまく行った手順やコツがあるはず。それを意図的に再現させるために、レシピを作ってそれを使おうってことです。

↓はスピードハック研究会のメルマガからの引用。

・レシピ
└上から順番に途中で飛ばさずに実行していくための行動リスト

・チェックリスト
└何かの作業が完了した後に、その作業結果が所定の要件を満たしているかを
 モレのないようにチェックするための要件リスト


実はこの課題、セミナー受講するまで手が付けられず、一回も出せていなかったのですが、お話聞いていたらすとんと腑に落ちてアイデアがいろいろ浮かんできました。

マニュアル化というと、ルーチンワークに使うものというイメージがありますが、佐々木さんは、書籍の執筆をマニュアル化しているそうですし、jMatsuzakiさんも、作曲するためのレシピを持っているらしく、クリエイティブな仕事にも使えるようです。

私の場合は、他社と契約の交渉をするというのが業務があります。こんなのマニュアル化するという発想がありませんでしたが、考えてみると結構同じパターンのステップを踏むので、マニュアル化できるよなぁと思いました。

あとは、定期演奏会に向けたVnの練習マニュアルとか♪

セミナー後は、毎朝ひとつマニュアルかチェックリストを作るようにしています。

レシピ・チェックリストを作ることのメリットの一つに属人性が排除されるということがあります。会社の仕事にとってこれは大きなメリットなので、仕事でもどんどん作っていこうと思います。

長くなってしまったので、続きはまた今度。
[PR]
by lucie1104 | 2012-11-14 16:33 | タスク管理 | Comments(0)

私の時間割

はまさんの企画、「あなたの時間割を教えて下さい!」というのが面白かったので、

http://hama73.com/archives/1892

出遅れましたが、私の時間割も公開してみようと思います♪

スピードハック研究会のメルマガで2か月ほど前大橋さんが時間割を作ってみることについての話をしていて、興味を持って作ってみました。


◆平日

4:30~5:30 日次レビュー(iライフログからTaskChuteへの転記、posterousに日記投稿、CashFlowFreeの入力)、スケジュール調整(RTMからTaskChute・手帳に転記)、時間があればブログ執筆

5:30~6:30 家事(朝食、お弁当作り、夕飯の仕込み、洗濯物を乾燥機から出してたたんで片づける、保育園の支度)

6:30~7:00 化粧、娘対応(抱っこ、トイレに連れて行く、着替えを手伝う)、朝ごはん配膳

7:00~7:30 朝食

7:30~8:00 着替え、持ち物準備

8:00~8:20 保育園送り

8:20~9:00 通勤(読書かSNS)

9:00〜17:30 仕事

17:30〜18:10 通勤(読書かSNS)

18:10〜18:50 保育園&学童お迎え

18:50〜19:10 夕飯支度、息子に音読させる

19:10〜19:30 夕食

19:30〜20:00 宿題・連絡帳チェック、お風呂洗い、食器洗い

20:00〜20:30 入浴

20:30〜21:15 洗濯&絵本読み聞かせ

21:30 就寝


◆ 休日

休日は平日よりはゆるくしていますが、なるべく5時に起きて、30分ずれで平日と同じようなスケジュールで動いています。

ただし、平日にできないシーツの洗濯、お風呂の排水溝の掃除とか、リビング片づけとかあるので、家事が終わるのがどうしても10時。

夜は、平日より一時間早く18時から夕飯スタートで、21時就寝を目指します。

土日両方予定入ることもあるけど、自分でコントロールできる限りは、どちらかをおでかけ、どちらかは地元で図書館や公園に行ってゆっくり過ごす(その分家事もこなす)、とすると、私は満足感が得られるみたいです。


残業することもあるし、子どもたちが思うように動いてくれないことも多々あり、中々時間割通りに進まないことも多いのですが、指標になる時間割があった方が私は、軌道修正しやすくていいみたいです。
[PR]
by lucie1104 | 2012-11-12 05:33 | タスク管理 | Comments(2)

【2012年10月のレビュー】ワーク&セルフマネジメント

◆ WORK

□ 11月システムgo-liveに向けプロジェクト大詰め。私はPQのスクリプト作成と実施で忙殺されました。初めてのことだったので無駄なこともたくさんしちゃったけど、システムの理解もぐっと進んだし、良い経験。

あとは、ベンダーの方たちと一緒に仕事できるのが楽しいです♪やっぱり仕事は何をするかも大事だけど、誰とするかが私にとってはキーな気がする。

□ グループメンバーが一人九月末で突然の退職。その代わりに業務を一部委託することになりました。私一人でマニュアル作ったり、トレーニングしたりで、最初の一週間は他の仕事が進まず、やさぐれましたが022.gif一月経って今はすごーーく楽になった003.gif

□ 上期、A評価もらえた(≧∇≦)これは嬉しかった♪

□ 残業は7回。週2日までは仕方ないと思っていたけど、11月からは0回目指したいな。


◆ RUN

昼休みランを再開しました。半年ぶりだったけど、スピードがあがっていて約5km31分ちょいで走れるようになってました♪

でも朝ランをやめちゃったので、トータルの距離は30kmほど。リュックを買って帰宅ランも2回やってみたんだけど、ラン用のリュック買ったんだけど走りにくかったり、着替えをどうするかとか、課題あり。11月はも少し距離伸ばそう。


◆ DIET

理想体重+2kgの状態から全然減らない(><)会社の健康診断でも去年の数値より1.5kgプラスだったので、そろそろなんとかしないと・・・。カロリー管理も最近真面目につけてないので、まずはこれからだなぁ。


◆ 本

あまり読めてません~。

2012年10月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:1498ページ
ナイス数:16ナイス
http://book.akahoshitakuya.com/u/103957/matome?invite_id=103957

■被災ママ812人が作った子連れ防災手帖
被災者の生の声、それも同じように小さな子供を持つ母親達の、は、すごくリアルで、今まで読んだ震災関係の本とひと味違う。水がないから、雪を集めて使ったとか、お皿を洗わず済むようラップを被せて使うとか。実際に被災してみないとわからない事が沢山書かれていて、読むと、防災の備えが実際にどう必要なのか想像しやすくなる。義理の両親との同居を余儀なくされ、仮設住宅で子供がうるさいと言われ、あるいは原発のことで夫とすれちがい、ストレスを溜めている女性達。震災直後もさることながら、その後もずっと大変なんだなぁと痛ましく思いま
読了日:10月29日 著者:つながる.com
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23303623

■きったりはったり おりがみでおみせやさん!
すごく可愛い〜。すべて折り紙とトイレットペーパーの芯位でできるし、小1の息子なら作れるレベル。三歳も七歳も大喜びで、おうち遊びにぴったり。シリーズの動物や乗り物のも見てみたい。
読了日:10月28日 著者:いまい みさ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23271793

■スポンジケーキBOOK (マイライフシリーズ)
スポンジケーキのバリエーションがいっぱい。デコレーションが可愛いので、真似して作ってみたい。
読了日:10月27日 著者:福田淳子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23246613

■猫の事務所 (日本の童話名作選)
かま猫がいじめられる状況と言い、かま猫の心情描写といい、容赦無くリアルで読んでいて辛かった。七歳息子には難しいかと思ったが、私と一緒に話に引き込まれた様子。最後だけ理解できなかったので、説明したら、息子も憤慨していたので、理解できたようだ。
読了日:10月23日 著者:宮沢 賢治
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23157736

■作り方のなぜ?がよくわかるタルトの本
読了日:10月13日 著者:相原 一吉
http://book.akahoshitakuya.com/b/4579211596

■マフィン型ひとつで作れる みらさんの小さなおめかしスイーツ
読了日:10月13日 著者:みら
http://book.akahoshitakuya.com/b/4309283349

■ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈1〉 (新潮文庫)
再読だけど、また読み始めたら引き込まれてしまった。ほろりとくる話、笑える話、ぞっとする話、心が揺さぶられる物語がたくさん。これらがすべて実話と思うと本当にすごい。
読了日:10月13日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22882533

■だいふくもち (こどものとも傑作集)
怖い話と聞いていたが、読み進めているうちはどこが怖いんだろうー?と思いながら読んだ。でも最後のページを読んだ後、子供達がこわーい、とリアクションが良かった。
読了日:10月10日 著者:田島 征三
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22807862

■きのう何食べた?(1) (モーニングKC)
ごはんが美味しそうとの評判を聞いて読んでみた。月の食費を25000円以内におさめようと、安い食材を求めてお店を回ったり、妙に主婦目線な所も良い。取り立てて変わった料理を作る訳ではないけど、季節感、甘辛酸など取り合わせに気を使ったメニュー構成は、とっても美味しそうでメニューごと真似してみたくなる。料理でリセットできる、にも共感。
読了日:10月9日 著者:よしなが ふみ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22785638

■対話する人間 (講談社プラスアルファ文庫)
http://luciebook.exblog.jp/18052513/
読了日:10月6日 著者:河合 隼雄
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22723568

■パンケーキをたべるサイなんていない?
図書館で題名に惹かれて読んでみました。パパとママはいつも忙しくて、デイジーの話を全然聞いてくれない、そんなデイジーの家にある日、サイが来て…。楽しいストーリー展開だけど、楽しいだけじゃない、ちょっとした切なさもある。サイとデイジーの抱き合うシーンにはホロリとくる。うちの子供達も気に入って、この続きが読みたいと言ってました。
読了日:10月3日 著者:アンナ ケンプ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22630385
[PR]
by lucie1104 | 2012-11-08 05:21 | レビュー | Comments(0)

【2012年10月のレビュー】レジャーと季節の行事

◆レジャー


□ キッザニアに行きました。→7歳・3歳キッザニア体験


□ 保育園時代の友人3親子と横瀬の小松沢レジャー農園というところにも行きました。

http://www.komatsuzawa.co.jp/

うどんの手打ち、ぶどう食べ放題、芋ほり、マス釣りと盛りだくさん。釣りに連れてってあげたかったので嬉しかった。釣ったマスも美味しかったし、こういうのならまた来てもいいな♪

一緒に行ったママ達にとしまえんの釣り堀が良いとか、ワシントンホテルで、自分で釣った魚を食べられるレストランがあるとか、教えてもらいました。

小学校生活半年経っても、親友はやっぱり保育園時代の友達らしくて、すご~~く楽しそうでした。時々会う機会作らないとね。


□ ご近所の動物園

http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/000/000168.html

区営の公園の中にある無料の動物園。期待せずに行ったら、ポニーに乗れたり、モルモットを抱っこできたり、やぎや羊が園内をうろうろしてたりして予想以上に良かったです。

ずっとクジャクの羽を広げてるところが見られなかったのですが(去年から息子が見たがってる)、2~3月頃によく広げるらしいという噂を聞いたので、その時期にもぜひ行ってみたいと思います。


□  大学友人とバーベキュー

大学友人親子7組位で集まりました。場所は、ダイバーシティ東京BBQ Terraceというところで、都心で集まりやすく、手ぶらでBBQはいいんだけど、残念ながら値段の割に味は正直いまひとつ、の印象でした^_^;

本当は、潮風公園が良いって聞いてトライしてみたんだけど、行楽シーズン土日は全く予約取れず>_<来年は公園でやれるといいなぁ。


□  保育園役員仲間宅で飲み会

5年前、保育園が民営化の移行期間に役員やってた頃からのお付き合い。今も年に1、2回集まってます。お一人は上のお子さんがもう高校生で、ひと世代上だし、一人はパパさんで、異色メンバーなんだけど、そこが良いみたい。一人今回来れなかったんだけど、また集まりたいな。



◆ 季節の行事と食


□ ハロウィン

300円のカボチャ買って、100均で飾りを買って貼っただけw

f0176860_971546.jpg


巨大かぼちゃが会社の近くの花屋でハロウィン過ぎに500円で売ってました。息子に言ったら買って買ってというけど、持って帰るのがねぇ・・・。重いよ。


□ お月見

先月「来月お団子作ろう」って言ってたけど、10月もやらなかった^^;また来年~。


□ 紅玉

紅玉りんご買って、甘煮を作った。

紅玉6個、粗糖140g、レモン汁大匙1、ブランデー小匙2。保存はきかないだろうけど、甘さ的には十分。

生活クラブでパイシートも買ったので、簡単にアップルパイ作れて良かった。息子はすごく喜んでくれて、娘はリンゴがいやだって。リンゴジュースは好きなのにー。

11月中にパイ生地から作りたいな~。しかし2週連続頼んだのは多すぎた。来年は一回にしておこう。

f0176860_971756.jpg



□ いちじく

いちじくってあまり好きじゃなかったんだけど、夏に泊まった旅館で食べた胡麻和えがすご~く美味しくていちじくに開眼。初めて1パック買って赤ワインでコンポート作ってみました。

いちじく5個、赤ワイン300cc、水135cc、レモン汁大匙1、砂糖90g、シナモン適量

味は、うーん、いちじくの青臭さ?が気になる。砂糖の量ももっと少なくていいかも。すごく甘いので、ヨーグルトにかけて食べるのがちょうどよい感じ。

f0176860_5294015.jpg


来年の研究テーマだな_φ(・_・来年は素直に胡麻和え作ってみようかな。
[PR]
by lucie1104 | 2012-11-06 05:30 | レビュー | Comments(2)


読んだ本の簡単レビューと日記


by lucie1104

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル