<   2017年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

娘の新しいお友達

夏休み中に娘と同じ二年生の女の子が引っ越して来て、娘と同じクラスに編入して来ました。

その子は転校初日から物怖じしない明るい子らしく、すぐクラスに溶け込めたそう。

私が在宅勤務の日、娘はそのYちゃんと一緒に下校して、一緒にマンションのロビーで宿題をしたり、うちに来て遊んだりしました。

私に会ったらキチンとお辞儀をして、お邪魔しますとか挨拶ができる良い子です。

同じマンションに仲良しの友達ができて娘も喜んでいて良かったなぁと思いました。

何度かYちゃんのおばあちゃん、おばさんにはお会いしたのですが、お母さんはお見かけできず、何でだろうと思ったら、病気で入院していると先週娘から聞きました。

悪い病気じゃないといいなぁと心配していたら、昨日娘から「お母さんが昨日なくなったんだって」との言葉。

あまりに突然のことで言葉を失いました。

丁度そのお母様が亡くられた日、私は息子の保護者会で学校に行き、早退するYちゃんとすれ違っていたのです。

その時病院に向かって、息をひきとる前にお母様に会えたそうです。

翌々日の今日は娘のクラスの保護者会でした。Yちゃんもいました。どんな様子か心配でしたが、元気そうで少し安心しました。

叔母さんが保護者会に来られていて、挨拶されていました。

病気の事などお話しされた後「病気のことが分かった時、Yちゃんを可哀想な子にしないようにしようと話してた」と仰っていたのにハッとさせられました。

放課後娘とYちゃんは今日もマンションで仲良くキャッキャ笑いながら遊んでいました。

Yちゃんや亡くなったお母様の気持ちを思うと辛くなりますが、こうしてYちゃんが少しでも笑える時間を過ごせるよう、私も見守って関わって行こうと思いました。

f0176860_21141530.jpg


[PR]
by lucie1104 | 2017-09-28 20:55 | 育児 | Comments(0)

ちぎりパン

ちぎりパンを作ってみました。

レシピはこちらで。

簡単に♪シンプルにちぎりパン

前日型に入れるところまでやって、冷蔵庫で保存して、朝二次発酵して、焼きました。

f0176860_19544531.jpg

成形まで終わってるので、朝の作業がかなり気楽。

味もとても美味しくて家族にも好評でした。

f0176860_19570184.jpg

ホームベーカリーはもちろん一番簡単で美味しいんですが、皮が固くなるので、娘が耳を残すんですよね〜。

上のレシピはイースト臭が少し気になったので、イーストを減らしてまた近々焼こうと思います。



[PR]
by lucie1104 | 2017-09-26 19:50 | 料理 | Comments(0)

『暖かいのにおしゃれになれる』

山本あきこさんの新刊を読みました。

今回はタイトル通り秋冬のコーディネート指南書になっています。

前作で書いてあった「3首見せ」(首・手首・足首を見せる着こなしのコツ)、冬は寒くてできないと思っていたのですが、パールのネックレス、白のスニーカー、白のソックスなどの白いアイテムで抜けを出せば3首見せの代わりになってくれるというのがなるほど〜。

早速ゾゾタウンで3点購入しました。

グレーのワイドパンツ。

f0176860_14083609.jpg

神戸レタスの2590円!お値段なりのペラペラの生地でしたが、まだ暑い今の時期はこのくらい薄い方が履きやすそう。

Iラインスカート。

f0176860_14101502.jpg

膝より長いこの丈のスカートは初めてでしたが、良い感じです。会社でも履ける。

ピンクパープルのミドル丈スカート。

f0176860_14124811.jpg


今年はやってて時々目にするピンクパープルのミドル丈スカートは、春夏のものと思っていましたが、今回の本で紹介されていたのを見て、欲しくなり買っちゃいました。

届いたら思った以上に派手な色でちょっとひるみましたが、とりあえず一回来てみよう〜

冬に向けて買うべきアイテムが一目瞭然。チェスターコート、Vネックニット、ユニクロの薄手のダウンなどなど、まだ買うつもり。

ちょっと前までは、店舗に出かけて、何度も試着して、結局買えなくて、また出かけて、なんてことを繰り返していたものですが、本で見て良さそうと思ったアイテムをゾゾタウンでポチポチと選んで買っちゃうだけなんで、すごく時短で楽になりました。失敗もまぁあるんだけど。

買い物におけるネットショッピング率がすごい上がりました。

[PR]
by lucie1104 | 2017-09-23 13:33 | 美容・ファッション | Comments(0)

ピアノ体験レッスン

娘が少し前からピアノを習いたいと言いだしました。

f0176860_12333960.jpg

私も子供の頃ピアノを習っていて、今でもピアノを弾くことは大好きなので、ぜひ習わせてあげたいなと思いました。

ただ今月木の夕方に公文、土曜日の午後に習字とバレエをやっていて、これ以上の送迎はしんどかったので、自宅で教えてもらえるところを探しました。


昨日が体験レッスンで、夜七時半に先生に来て頂きました。

娘の希望で若い女の先生をお願いしていたのですが、本当に若くてビックリ。聞いてないけど大学生のような感じです。

学校で鍵盤ハーモニカをやっていたり、遊びでピアノを弾いたりはしているものの、ちゃんと習ったことがないので、ベーシックなことから教えてもらいました。

まずは、椅子の高さを調節して、踏み台を置いて、ピアノを弾く時の手の形を教えてもらって、肩やひじをリラックスさせることなど、とても懐かしかったです。

とても簡単な曲の楽譜を使って、弾いてみたり、音符、休符について教えてもらったり。

本人がやりたいと言い出して始めただけに娘も30分間一生懸命やっていて、先生が帰られた後やると言うので10月から始めることになりました( ´ ▽ ` )

なんでピアノ習いたくなったの?と聞いたら、ママが弾いてるの見てやりたくなったんだそう。

嬉しいな。





[PR]
by lucie1104 | 2017-09-21 13:20 | 育児 | Comments(0)

汚部屋片付け: 書類片付け始めました

我が家は2LDKなのですが、現在一部屋を夫の部屋、もう一部屋を私の物を置き、私と子供達が寝る寝室として使い、LDKに子供の物を置いて共用スペースとして使っています。

小2の娘が半年くらい前から自分の部屋が欲しいとずっと言っていて、来春から息子が中学生になるのを機に、夫の部屋を息子の部屋に、私達の寝室を娘の部屋にし、LDKの和室部分に夫と私で布団を敷いて寝るように使うことにしました(昼間はテレビもあるし、みんなで使う)。

問題は、夫の物が溢れていて、足の踏み場がないってこと。

娘からのプレッシャーにも背中を押され、週末少し夫の物の整理をしました。

書類と本、雑誌類が最大のボトルネックだと思ったので、ほんの1m位の幅に納められた書類の要否判断。二時間かかりましたw

f0176860_09465691.jpg


全体量からすると1/20くらいかしら…。

そのスペースに納められていたのは4〜5年前の前々職、その前の仕事の書類。

そもそも会社の資料を家でこんな風にもってていいものなのか?信じられない想いがしますが、捨てられないので全部溜め込んじゃうんですよね。

書類を一枚一枚要否判断してもらって紙ゴミとして捨てるもの、シュレッダーにかけないといけないもの、取っておくものの三つに分けてもらいました。

2/3位は捨てられたかなー?

シュレッダーにかけなきゃいけない物は会社に朝早く行ってすると言ってましたが、待ってたらいつまでも処分できなさそうなので、今度こんなサービスを頼んでみようと思います。


保存しておく資料も、できればデータ化したいところ。

ただスキャンを外部で頼んでも、利活用できるかどうかはわからないので、本人に分類してスキャンしてもらうのがいいですよね〜。

かなり壮大な計画になりそうですが、まずは小さな一歩を踏み出すことができて満足です。







[PR]
by lucie1104 | 2017-09-19 12:44 | 住まい・インテリア | Comments(0)

中学校説明会

昨日、息子の通う予定の中学校の説明会がありました。

f0176860_13295430.jpg


いい学校という評判はちらほら聞いていたものの、話を聞いてみて、思った以上によさそうでとても嬉しく思いました。

実はその中学校一時期あれており、近くの公園でたばこを吸っていた子がいたとか、缶チューハイを飲みながら登校してくる子がいたとか、悪いうわさも聞いていたのですよね。

説明会はまず校長先生のお話からだったのですが、その校長先生は7年前に着任されたそうで、当時は区内で学力最下位だったそうなのです。それがその先生の着任以降学力はぐんぐん伸び、今では全国的にもトップクラスというところまで来たそうです。

話を聞いた感じでは最近耳にする「アクティブラーニング」に力を入れているようで、その研究指定校に去年今年となっているそうです。

道徳などの限られた科目だけでなく、すべての教科について、少人数で話し合って回答を自分たちなりに考え、各班で自分たちで話し合った内容についてみんなの前でプレゼンするということを日常的に行っているそう。自分で能動的に考えるからこそ、教えられるだけよりも学習が定着するのだそうです。

校長先生は企業の人事の人と話す機会があり、今求められている人材は「地頭がよい子」「英語力ができる子」ということで、やはり学習の中で自分で考えて自分なりの体験を作ることが大事だと考えられているそうです。

塾に行っている子もたくさんいますが、塾の勉強より学校の授業の方が面白い。なぜなら、話し合うことで友達から自分と違う視点からの意見が聞けるからというようなことを言う生徒もいるんですって。

学校の教育目標、目指す具体的な生徒像があり、それらについての明確な努力目標、成果目標があり、アクションプランまで資料に書いてあって、まるで一般企業みたい。意識の高さに目を瞠りました。これは確かに成果でるのわかります。

次に教務主任の先生から、行事についての説明がありました。

各学年で校外学習があるのですが、一年生は去年まで都内のスポット巡りをしていたのに、今年は、その後に行う職場体験での学びにつなげられるよう、キッザニアに行ったそうです。「A中の良いところは、こうした方がいいんじゃないかと考えたらすぐ行動することです」という先生のお言葉にもほぉーとなりました。

中学生の職場体験は、子供たちの通っていた保育園、学童で見たことがあったのですが、息子が一体何を選んでやるのかとても楽しみです。

2年生では、これは区内全校の取り組みだそうですが、English Summer Campをやるそう。各班に留学生が入って、英語漬けの3日間を過ごすんだそうです。私の時代には考えられない。公教育でもここまでやってくれるんだーとうれしくなりました。

3年生は定番の京都奈良の修学旅行ですが班行動でどこに行くか自分たちで考えるというところが、時代が変わったなと思いました。

教務主任の先生は私立の中高一貫校で教鞭に10年立った経験があり、私立の良さと公立の良さの両方を知っているとのこと。公立の良さとして地域との連携を挙げられていました。

息子の今通っている小学校の先生方と会う場があり、どうやったらスムーズに中学校の勉強に移っていけるかなど、話しあわれているそう。

先ほどのアクティブラーニングにしても、その素地がちゃんと地域の小学校で作られているからこそできるとおっしゃっていました。

また不登校の子がいたときも家を訪ねていけるのは地域の学校だからこそできることだと言っていたのもなるほどと思いました。

最後に、中学生になったら、もう子供は自分で勉強するように手を離そうとする保護者の人が多いと思うけれども、中学に入ると下校時間が遅く(特に部活をやると終わるのが夏は18時半)、宿題も多く、圧倒的に小学校の頃より自由時間がなくなるので、かえって学習習慣が消えることがあるとのことで、ちゃんと見てあげないといけないとのアドバイスがありました。なるほど、まだまだ手がかかりそうだなー。

良い学校そうだし、中学校生活のイメージが随分わいてきました。秋には息子達も学校訪問をして部活体験ができるそうです。

春からの新生活が楽しみです。

[PR]
by lucie1104 | 2017-09-17 11:03 | 育児 | Comments(0)

ぷりんと楽譜

最近娘がセカオワにはまっている影響で、よく聴いてるんですが、メアリと魔女の花のテーマ曲になってたRAINのピアノがいいなと思って弾いてみたくなり、楽譜を買いました。

f0176860_08464000.jpg


ヤマハのぷりんと楽譜というサービスで、ウェブサイトで曲を検索して、番号を確認したらコンビニのプリンタで印刷したらすぐ手に入ります。

こんなに楽譜が簡単に手に入っちゃうなんて隔世の感です。

昔だったら近所にはない楽譜を売ってる大きめの書店や楽器屋さんに電車乗って行ってたのにな。

一つの曲でも初級から上級までいくつかバリエーションがあって、弾いてる動画やサンプルの楽譜も見られるので、自分のレベルとイメージにあったものを選べるのも嬉しいです。

RAINと一緒に、君の名はのなんでもないや、星野源のSUNの楽譜も買いました。全部480円。

毎日ちょっとピアノに触って好きな曲を弾けるのはとても幸せです。



[PR]
by lucie1104 | 2017-09-14 08:33 | 趣味 | Comments(0)

リレー

懸案の水泳リレー大会が終わりました。

f0176860_12430050.jpg


息子のチームは結果4チーム中の3位。

息子は第2泳者で、第一泳者は一位で来たのですが息子のところで二位になり、第三泳者で三位に下がり、アンカーは学年一早い子で、ぐんぐん二位の子に追いついて行ったのですが、タッチの差で抜けなかったようです。

この水泳記録会は非公開だったのですが、気になって自宅マンションの屋上から双眼鏡でがっつり見学しちゃいました^_^

抜かれたものの息子が気にしていたほど他の子とのスピード差はなかったように見えました。

それに記録会の方では、平泳ぎ25mが27秒で、この種目を選んだ子の中では一番早かったそうです。

後日リレー選手は賞状がもらえました。チームメイトの名前と秒数が書いてありました。

三位でしたが四人で1分20秒。平均すると一人20秒なんてすごい!!

息子も嬉しそうでした。

私が嬉しかったのは金曜日区のプールで練習してた時何度か泳いだけど30秒切れなかったのですが、

「明日はもういいや。おれ遅いからっていうから。じゃなきゃ始まらないでしょ。でもまた練習に来て、25秒切りたい」なんて言ってたこと。

いつも息子に欠けてると思う「上を目指す」意欲が自然にわいてきたのには驚いたし、人は成長するんだなぁと喜ばしく思いました。

推薦してくれたU君のことを「うらむ。」笑、とか言ってたけど、おかげでとても良い体験をさせてもらったと私は感謝の気持ちでいっぱいです。




[PR]
by lucie1104 | 2017-09-09 19:35 | Comments(0)

息子のピンチ

月曜日、息子が珍しく「ちょっと聞いてよ〜」なんて話しかけて来るので何だろうと思ったら、水泳でクラス対抗のリレーをするそうなんですが、その選手に選ばれたんだそう!

f0176860_17191990.png

私もえ?!!とビックリ。

だって息子は水泳は4歳の時に3ヶ月ほど習ったきり、後は自己流で一応クロール、平泳ぎは泳げるけど学校の水泳も三級なんですから。

水泳習ってる子はクラスに何人もいて、息子より上の級の子もたくさんいるみたい。

そんな中選ばれちゃったのは推薦で決めたかららしくて。

多分日頃のすばしこさから、水泳も早いと勘違いされて「◯◯さんがいいと思います。」と指名され、反対意見も出なくて決まっちゃったんですって。

しかも息子は平泳ぎの方が得意なのに、先生が「クロールでいいよね」と言ってたらしくますます焦ることになりました。

息子調べでは、水泳習ってて特1級のT君はクロール25m24秒だそう。自分のタイムが全くわからないというので翌日仕事後プールに行くことにしました。特4級の子もいて、その子はなんと16秒とか(ホント?!)

息子のタイム計ってみると35秒。10秒の差はかなり大きいわ〜ヽ(´o`;

「あいつおせ〜な」って言われそう、とか、ションボリ。

平泳ぎは30秒で泳げたので、先生に平泳ぎで泳ぎたいって言えば?といってみたけど、クロールで30秒切りたいと珍しくやる気を出していました。

帰宅後はYouTubeで水泳のコツを教える動画を調べたりして、こんな姿見るの初めて。

「恥をかきたくない」というマイナスからのやる気ですが、こうやって必死になる姿を見るのは中々いいものです。

少ししか泳げなかったけど昨日もプールに行き、今日も行く予定。

動画のコツで少しでもタイムが縮まるといいな。


[PR]
by lucie1104 | 2017-09-08 08:42 | 育児 | Comments(0)

親キャリシーズン6「これでいい」のあるところ

九月頭の日曜日、親キャリに参加しました。

ちょうどこの日から息子の野球の秋の大会が始まるので参加できないかと思っていたのですが、たまたま試合が入らず、すべりこみ参加できました。

今期のテーマは「これでいい」のあるところ、この日のテーマは分かれ道の選び方でした。

参加申し込みの際に、選んで良かったと思うことは?という質問がありました。

私が思ったのは、選んだというより、選べなかったこと。

これまでに何度か転職することを考える機会があり、面接を受けるところまで行ったりもしたのですが、結局決めきれず、新卒で入社した今の会社でかれこれ20年(!)働き続けています。

辞めないことを「選んだ」と言えなくもないけれど、最近退職、起業されたカナコさんの清々しい顔がとても眩しく感じたりもする私です。

ワークでは「あなたにとって親キャリは?親キャリに来ることは?」という問いへの答えを探りながら、それぞれの「分かれ道の選び方」に光を当てていきました。

このワークを通して六年前初めて参加した時と今とで、私にとっての親キャリが変わってきたことに気づきました。

六年前、37歳の私は二回目の育休明け、下の子がまだ1歳で、色々と悩みもがいていた時期でした。他のワーキングマザーの方達の話しを聞いて、なんとかこのモヤモヤを晴らしたい、現状を抜け出すヒントを得たいという気持で参加していた気がします。

そして今、6年の間に色んな仕事を経験させてもらい、自信もついてきたし、仕事から達成感充実感を得られるようになってきました。

そんなわけで、今では助けを得たいという感覚ではないんですが、それでもまた親キャリに来たいと思うのは、ここでしか得られない何かがあるから。

かぶりえさんは親キャリを「ポエム」というメタファーを使って表現されていて、なるほどと思いました。

自分の中に確かに存在する、でも日常の中で見えなくなっている様々な思いを言語化して表出させるようなことなと解釈しました(違うかもしれないけど)

聞いてくれる人がいるから、言葉にしてみようと思えるし、言葉にしてみると、自分の口から出た言葉に改めてハッとさせられる、そんなことが親キャリではよくあります。

ワークは苦手なのですが、思いがけない問いをぶつけられると、深いところにある思いが姿を現わしたり。

そして自分でも自覚できてなかった思念を言語化するのって、ものすごくスッキリするし、一歩先に進むキッカケになったりもしますよね。

他の参加者の方達のお話を聞くのも楽しみの一つ。かぶりえさんが人は年単位で成長すると仰っていた通り、こうして年に一、二回と時間を置いてお会いするので、皆さんの近況を聞くといつもその変化に刺激と励ましをもらえます。

そんな訳で変化しつつも私にとっての親キャリはやっぱり面白い、価値のある場所だなと改めて感じました。

「分かれ道の選び方」ということでいうと、私は直感型。でも大きな決断ではリスクを取るのが怖いので時間をかけて慎重に選びます。選択を保留(先延ばし)することもしばしば。

時間をかけて慎重にと言ってもメリットデメリットを冷静に分析するというよりは(もちろん情報は集めたりするけど)決断できる時が満ちるまで単に待ってる感じ。

それから、自分が選ぶより、選ばれてることを信じてたりもします。今回の親キャリもそうだけど、予定がなぜか被らなかったようなこんな時は行った方がいいというサインかなとか。

決断のスピードが遅いので、逃しちゃった事もあるだろうし、思い切って選んでいたらもっと素晴らしいことが起きてたかもしれないけど、それが私の選び方なので仕方ないかなと思っています。さらに結果今私が辿り着いてる場所は「これでいい」と思えてるので、それで良いのでしょう。

近頃50代になった時の働き方、生き方についてボンヤリ考えるようになって来ました。

子供達が大きくなって来た分、キャリアを大きく転換させるような大胆な決断ができるようになってくるかもという予感もしています。

とりとめのない感想になりましたが、今回も深い親キャリでした♪

次回は焚き火を囲んむんですって。楽しみですね〜。

[PR]
by lucie1104 | 2017-09-06 19:59 | Comments(0)


読んだ本の簡単レビューと日記


by lucie1104

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル