息子のピンチ

月曜日、息子が珍しく「ちょっと聞いてよ〜」なんて話しかけて来るので何だろうと思ったら、水泳でクラス対抗のリレーをするそうなんですが、その選手に選ばれたんだそう!

f0176860_17191990.png

私もえ?!!とビックリ。

だって息子は水泳は4歳の時に3ヶ月ほど習ったきり、後は自己流で一応クロール、平泳ぎは泳げるけど学校の水泳も三級なんですから。

水泳習ってる子はクラスに何人もいて、息子より上の級の子もたくさんいるみたい。

そんな中選ばれちゃったのは推薦で決めたかららしくて。

多分日頃のすばしこさから、水泳も早いと勘違いされて「◯◯さんがいいと思います。」と指名され、反対意見も出なくて決まっちゃったんですって。

しかも息子は平泳ぎの方が得意なのに、先生が「クロールでいいよね」と言ってたらしくますます焦ることになりました。

息子調べでは、水泳習ってて特1級のT君はクロール25m24秒だそう。自分のタイムが全くわからないというので翌日仕事後プールに行くことにしました。特4級の子もいて、その子はなんと16秒とか(ホント?!)

息子のタイム計ってみると35秒。10秒の差はかなり大きいわ〜ヽ(´o`;

「あいつおせ〜な」って言われそう、とか、ションボリ。

平泳ぎは30秒で泳げたので、先生に平泳ぎで泳ぎたいって言えば?といってみたけど、クロールで30秒切りたいと珍しくやる気を出していました。

帰宅後はYouTubeで水泳のコツを教える動画を調べたりして、こんな姿見るの初めて。

「恥をかきたくない」というマイナスからのやる気ですが、こうやって必死になる姿を見るのは中々いいものです。

少ししか泳げなかったけど昨日もプールに行き、今日も行く予定。

動画のコツで少しでもタイムが縮まるといいな。


[PR]
# by lucie1104 | 2017-09-08 08:42 | 育児 | Comments(0)

親キャリシーズン6「これでいい」のあるところ

九月頭の日曜日、親キャリに参加しました。

ちょうどこの日から息子の野球の秋の大会が始まるので参加できないかと思っていたのですが、たまたま試合が入らず、すべりこみ参加できました。

今期のテーマは「これでいい」のあるところ、この日のテーマは分かれ道の選び方でした。

参加申し込みの際に、選んで良かったと思うことは?という質問がありました。

私が思ったのは、選んだというより、選べなかったこと。

これまでに何度か転職することを考える機会があり、面接を受けるところまで行ったりもしたのですが、結局決めきれず、新卒で入社した今の会社でかれこれ20年(!)働き続けています。

辞めないことを「選んだ」と言えなくもないけれど、最近退職、起業されたカナコさんの清々しい顔がとても眩しく感じたりもする私です。

ワークでは「あなたにとって親キャリは?親キャリに来ることは?」という問いへの答えを探りながら、それぞれの「分かれ道の選び方」に光を当てていきました。

このワークを通して六年前初めて参加した時と今とで、私にとっての親キャリが変わってきたことに気づきました。

六年前、37歳の私は二回目の育休明け、下の子がまだ1歳で、色々と悩みもがいていた時期でした。他のワーキングマザーの方達の話しを聞いて、なんとかこのモヤモヤを晴らしたい、現状を抜け出すヒントを得たいという気持で参加していた気がします。

そして今、6年の間に色んな仕事を経験させてもらい、自信もついてきたし、仕事から達成感充実感を得られるようになってきました。

そんなわけで、今では助けを得たいという感覚ではないんですが、それでもまた親キャリに来たいと思うのは、ここでしか得られない何かがあるから。

かぶりえさんは親キャリを「ポエム」というメタファーを使って表現されていて、なるほどと思いました。

自分の中に確かに存在する、でも日常の中で見えなくなっている様々な思いを言語化して表出させるようなことなと解釈しました(違うかもしれないけど)

聞いてくれる人がいるから、言葉にしてみようと思えるし、言葉にしてみると、自分の口から出た言葉に改めてハッとさせられる、そんなことが親キャリではよくあります。

ワークは苦手なのですが、思いがけない問いをぶつけられると、深いところにある思いが姿を現わしたり。

そして自分でも自覚できてなかった思念を言語化するのって、ものすごくスッキリするし、一歩先に進むキッカケになったりもしますよね。

他の参加者の方達のお話を聞くのも楽しみの一つ。かぶりえさんが人は年単位で成長すると仰っていた通り、こうして年に一、二回と時間を置いてお会いするので、皆さんの近況を聞くといつもその変化に刺激と励ましをもらえます。

そんな訳で変化しつつも私にとっての親キャリはやっぱり面白い、価値のある場所だなと改めて感じました。

「分かれ道の選び方」ということでいうと、私は直感型。でも大きな決断ではリスクを取るのが怖いので時間をかけて慎重に選びます。選択を保留(先延ばし)することもしばしば。

時間をかけて慎重にと言ってもメリットデメリットを冷静に分析するというよりは(もちろん情報は集めたりするけど)決断できる時が満ちるまで単に待ってる感じ。

それから、自分が選ぶより、選ばれてることを信じてたりもします。今回の親キャリもそうだけど、予定がなぜか被らなかったようなこんな時は行った方がいいというサインかなとか。

決断のスピードが遅いので、逃しちゃった事もあるだろうし、思い切って選んでいたらもっと素晴らしいことが起きてたかもしれないけど、それが私の選び方なので仕方ないかなと思っています。さらに結果今私が辿り着いてる場所は「これでいい」と思えてるので、それで良いのでしょう。

近頃50代になった時の働き方、生き方についてボンヤリ考えるようになって来ました。

子供達が大きくなって来た分、キャリアを大きく転換させるような大胆な決断ができるようになってくるかもという予感もしています。

とりとめのない感想になりましたが、今回も深い親キャリでした♪

次回は焚き火を囲んむんですって。楽しみですね〜。

[PR]
# by lucie1104 | 2017-09-06 19:59 | Comments(0)

娘2年生の自由課題

娘が、二年前に息子が作ったコロコロ装置を作りたい!というので、挑戦することにしました。

コロコロ装置というのは、レールを作ってビー玉を転がす装置です。

息子の時の記事↓

【自由研究】コロコロ研究所

息子の時は、区の講座に当たって、直接コロコロ研究所の人たちに指導してもらって作ったのですが、講座が4年生からでどうしたものかと思ったのですが、探してみたら本がありました。

ダンボールで作る わくわくコロコロ装置 (レディブティックシリーズno.4251)

ブティック社



段ボールで作りました。

やはりというか、定規で正確に測ってカッターで切るのは難しく、娘一人ではとても作れず。

夫と私で手伝いながら作りました。でも思ったよりは当人も頑張ったかな。もともと器用で工作好きなので小2にしてはかなり戦力になりました(ってこの子の宿題だけどw)

本の通り作ってみたつもりでも、実際にパーツを組み合わせてみると、長さや高さがあわなかったり、ビー玉が途中で止まっちゃったり、調整が大変。。二年前もそうだったけど。

でもまぁ無事完成したので良かったです!あとは月曜日壊さないように持って行くのみ。

と思ってたのに、日曜日夜9時半から、まだ作ると言って作り始め、それが11時過ぎても終わらず、朝も遅刻してやっと終わりになりました…と言っても彼女自身にとってはもっとやりたかったそうで。

それならもっと早く始めてよーとボヤきました。

f0176860_09085281.jpg


↑これはまだ途中。
[PR]
# by lucie1104 | 2017-09-02 18:09 | 育児 | Comments(0)

やっぱり31日までかかりました、夏休みの宿題

夏休みの宿題、ギリギリで終わりました〜

ドリル系は早めに終わっていたのですが、二大大物、読書感想文と自由研究は二人とも最後まで残りました。

こんな事態を見越して30.31日は在宅勤務にして良かったです。

娘の読書感想文

書き始めたのが30日。

学校で配られた感想文を書くためのシートを書かせたのですが、シートの質問がイマイチで書けない項目があったりして先に進みません。

シート未完成のまま、31日に下書き用の原稿用紙に書かせることにしました。

でも一枚ちょっとでもう書くことがなくなったと止まってしまったので結局娘がシートに書いたこと、原稿用紙に書いたこと、本に付箋を貼った箇所を組み合わせて、私が下書きしました。

本人がそれを見てもう一度下書き原稿用紙に書いて、最後本番用原稿用紙に書き上げたのが夕方18時でした。

書いたものを読んでませんが、色々言いながら書いてたので結局私の下書きを見つつも自分の言葉で書いてたみたい。

タイトルは『辛抱強いサリバン先生とヘレン』笑(ヘレンケラーの伝記を読みました)

日記など書かせるとたくさん書けるので読書感想文も娘なら書けちゃうかなと思いましたが、やっぱり難しいんですね〜。

結局手伝ってあげましたが、あの厚さの本を読み通したのは始めてだったのでそれだけでもやった意味あったと思います。


息子の自由研究

グアムに行った時の旅行記を書きました。

行ったのが七月、息子が指定した写真もすぐプリントして渡したのに結局これも31日までかかりました。

しかも字が小さくて汚くて、読む先生がかわいそう。゚(゚´Д`゚)゚。

罫線の引いてあるノートを買ったのが失敗だったかも。私が見た後は罫線を無視してなるべく大きな字で書くように言いました。

せめて素敵なスクラップブック買えば良かったな〜と後で思いました。

内容にはこれはほぼタッチせず。見ると色々言いたくなりそうなので。戻ってきたらじっくり読もうと思います。


息子の新聞の宿題

これも31日までかかったヤツ。二つの新聞記事を比較して、自分の考えや提案、調べたことを書くという宿題でした。

マニュアルに沿って、二週間ほど新聞を毎日読んで興味ある記事をスクラップさせ、そのたまった記事から比較する記事を選ばせようとしたらまずうまく比較できる記事がない。

ということで、興味ある記事で比較できるものを二つ選ぶように言ったら、甲子園の試合の記事を選んでました。

過去の入選作品タイトルを見ると、戦争関係とか、社会問題を扱った記事がほとんどで、スポーツ記事について、意見とか提案なんてできないし、と、揉めたのですが、他に興味が持てるニュースがなくて諦めました。

自分が選んだ記事でも私のアドバイスがないと中々書けなくてホントため息。

自分の感じたことを言語化する能力、何か自分が感じたことについて、感じた理由を掘り下げて突き詰めて考える力が足りないんだなーと感じました(本人はそもそもその必要性を感じてないっぽい)

こういう課題を繰り返すことで力が少しづつつくといいんだけどな。

というわけで、例年以上に私の時間と労力を奪われましたが、終わった達成感もひとしお。

子供達の何が弱いのかよくわかったし(どうすれば良いのかは五里霧中)がっつり取り組めたのは良かったです。

実は娘の自由課題がまだ終わってないので(大物は週明けで良いと言われてて)、明日やりますw




[PR]
# by lucie1104 | 2017-09-01 08:55 | 育児 | Comments(0)

合宿

週末は息子の野球チームの合宿でした。

面倒だな、という気持ちもありますが、去年も行って楽しかったし、今年で最後になるので、土曜の夕方からの途中参加。

着いた時は練習はもう終わっていて、私はバーベキューから参加しました。

こんなバーベキュー場がある宿なんです。

f0176860_09095685.jpg


その日はバーベキュー、からの夜の宴会が1時頃まで。

翌日は、親子で写真撮影、100本ノック、親子野球対決、胴上げ、帽子投げをやりました。

f0176860_09095799.jpg



元卒業生で、この間結婚したばかりの若いコーチは、結婚式でこの写真を使ったそう(*´ω`*)

そんなことがあるかわからないけど、息子と肩を組んで写真が撮れて良かったです♪

100本ノックは、時間がなくて、100本取るのではなく、100本打つのを取れるように頑張るというものでしたが、最後はさすがにキツそう。

自分の子にはなんだか照れがありましたが、他の子の辛そうな中頑張る姿には感動しました。

親子対決では、一打席目、空振り三振。二打席目もちょっとかすっただけでアウトという感じで、ダメダメで恥ずかしかったですσ^_^;

日頃子供達がプレーしてる姿を当たり前のように見ていましたが、打席に立ったり、守備位置に着くと、いかにすごいことをしてるのか実感できて良い体験になりました。

胴上げは六年生全員一人ずつコーチ陣にしてもらって、とても嬉しそう。

この時間を共有できて良かったです。

息子のこのチームでの野球生活は残すところあと3ヶ月。

中学では野球やらなそうなので、残り少ない息子の野球姿を目と、写真と、動画にも(笑)焼き付けておこうと思います。

[PR]
# by lucie1104 | 2017-08-29 08:57 | 育児 | Comments(0)


読んだ本の簡単レビューと日記


by lucie1104

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル