SAMURAI佐藤可士和のつくり方

SAMURAI佐藤可士和のつくり方
佐藤 悦子 / / 誠文堂新光社
ISBN : 4416607245

アートディレクター佐藤可士和の妻であり、マネージャーでもある佐藤悦子さんの著書。

本を開いてまず思ったのが、「佐藤可士和の奥さんは、さすがに美女だ」(笑)

早稲田出身、博報堂で働いた後、化粧品会社の宣伝関係にいたとあり、マネージャーと言っても裏方さんの地味な感じじゃなくて、美人で華やか(髪型、服装、ネイルもばっちり)。小さいお子さんがいるとは思えない^^;

佐藤可士和自身がすぐれたクリエイターであることは間違いないけど、悦子さんがマネージメント関係を一手に引き受けてくれたおかげで、彼はクリエイションに集中でき、またメディアへの露出を彼女が薦めたおかげで、佐藤可士和の世間的な認知度が高まったりと、彼女の功績もまた大きいことがうかがえた。
[PR]
# by lucie1104 | 2008-09-21 10:53 | Comments(0)

プチ贅沢―ココロとカラダを元気にする77のアイテム

プチ贅沢―ココロとカラダを元気にする77のアイテム
横森 理香 / / 大和書房
ISBN : 4479781307

横森理香さんのライフスタイルは、自然派かつセレブ。

Dr.ブロナーのマジックソープとか、ロクシタンのヘアケア製品など、私自身気になっていたけど、ちょっと高いかなと手を出していなかったものが紹介されていた。これもプチ贅沢と解釈し、自分へのご褒美として生活の中に取り入れたらよいかもね。

あといいなと思ったのがベッドリネンをクリーニングに出すとか、ニューオータニのプール、ピラティスのエクササイズ。ピラティスは、一時期通ってたんだけど、行ってたスタジオがなくなっちゃって(>_<)またやりたいなあ~。

エピローグの言葉から引用

現代人は、とにかくカラダも心も疲れていて、「どうしたらもっと幸せに、楽に生きられるのだろうか」ということを常に考えていることでしょう。でも、幸せになるには実はそういう小賢しい考えを捨て、心をからっぽにして「今」を楽しむことなのですよ。

ホントにまったくそのとおり!
[PR]
# by lucie1104 | 2008-09-21 10:38 | Comments(0)

きかんしゃヘンリエッテ

きかんしゃヘンリエッテ
ジェームス・クリュス / / フレーベル館

とっても好みの絵本を見つけてしまいました。

原作はドイツ語で、もともと60年代に発表された作品のよう。日本では、フレーベル館から今年の7月に出たばかり。

古い作品らしく、絵にとても味があります。たいしたストーリーがあるわけではないんだけど、この独特の色彩、ちょっとノスタルジックな街の情景、それに踊っているように配置されたテキスト、見てるだけで愉しくなれます。

東欧っぽいイメージな気がしたので、東独の人かと思ったんですが、イラストレーターのシュティッヒは、ニュルンベルク出身だそう。

訳者が私の大学の同じ学科の出身者で、私が入学した年に卒業された方だと知り、さらに嬉しくなりました。ドイツ文学科出身者として、ドイツ語絵本の翻訳に携わられているなんて、憧れ~~♪♪

このシリーズで、あと3冊あるので、少しずつそろえて楽しもうと思います。全部バス、電車、飛行機、と擬人化された乗り物の話なので、息子も喜びます。

*****************************

昨日、大恋愛ストーリーの夢を見ました(笑)

設定はちゃんと自分で、結婚して、子供もいるんだけど、一人旅の旅先(海外?)で、運命の相手に巡り合い、一緒に飛行機で帰国しようとするんだけど、何者かに阻まれ、最後は夫が出てきて大騒動、相思相愛だけど、やっぱり一緒になれない、みたいな。

夫はいても、相思相愛で(何しろ運命の相手だから、笑)、なんか久しぶりに、「恋心」味わえて、なかなか楽しい夢でした。
[PR]
# by lucie1104 | 2008-09-18 13:45 | 絵本 | Comments(2)

鳥頭紀行ぜんぶ

鳥頭紀行ぜんぶ
西原 理恵子 / / 朝日新聞社
ISBN : 4022572337

鬼才西原理恵子の旅行記。

もう、なんというか、ハチャメチャで(写真なくしたとか、原稿なくしたから今回は休みとかまである)。「毎日かあさん」より若い時代だけあって、さらに勢いがある。正直、えぐいし、下品なんだけど、でもやっぱり面白いな~。タイとか韓国行ったって、ああいう旅には普通ならないと思うんだけど・・・。

のちに夫となる鴨志田氏との出会いもあり。

あと、この海外への旅に同行しているかっちゃんが、コラムの花道で、闘うコラムニストと紹介されている勝谷誠彦と気づいたときにはあまりのギャップにかなりびっくり。ホモホモと何度も書かれていて、旅行中にも、夜男を買いにホテルを出たりすることまで書かれてる。うーん。

******************************

久々にちょっとしたぼやき日記。

夫が義父、義妹とゴルフのために、一昨日実家に一人で帰省したら、義母が「暇だからもっと孫に会いたい」とまた訴えていたらしい。

いいんだけど、何かちょっとやっぱり重い感じ。暇ならなんかすればいいのに~。

なーんて、世話になっているのに、悪い嫁である。うちの両親が猛烈に反対していた結婚を、おおらかな目で許してくれたありがた~い義母なのにな。。。
[PR]
# by lucie1104 | 2008-09-14 21:00 | Comments(0)

フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!

フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!
ハーヴィー・ダイアモンド / / グスコー出版
ISBN : 490142310X

健康オタの私、ついついこの手の本を見ると手が伸びる(笑)

「フィット・フォー・ライフ」というのは、健康でスリムに痩せられ、活力も与えてくれる食事法だそう。この食事法の肝は、果物を思う存分食べること!

化石の歯に残った食べ物などを見たところ、人間はもともと果物を食べる動物だったとか。

マクロビオティックと同様に、お肉、魚、乳製品などの動物性の食品は、やはり体にとって負担になる(消化にものすごいエネルギーを使う)と書いてあるけれども、食べちゃだめではなく、ごはんやパンなどの炭水化物と一緒に食べないようにと書いてあります。

というのは、動物性のたんぱく質と、炭水化物では、消化する酵素が違うから、同時に食べると、胃腸の中でうまく消化されず、消化し切れなかったものが、毒素となり、それが病気の原因になるんですって。

だから、基本的にはやはり動物性食品は控えた方がいいんだけど、食べたいときには、例えばステーキに、生野菜タップリなどを合わせて食べればいいんですって。逆に、カツどんとか、お寿司とかは、あまり薦められない・・・。

生野菜や加熱しない果物を薦めているところは、マクロビオティックと大いに違うところなんだけれど(マクロでは、体を冷やすと言われている)、もともと長い人間の歴史を考えてみると、確かに調理して食べるということをしているのは、ごくごく最近のことなのよね~。生野菜では、加熱すると壊れちゃう酵素とか、取れるものね。

あと、この食事を始めると、マクロでいうところの排毒が起こるらしいんだけど、一週間くらいなんですって。マクロだと何年も続くようなことが書いてある本もあったりして、ちょっと引くところがあるし。。

朝は排出の時間だから、食事はしない方がいいという所はマクロと同じなんだけど、フィットフォーライフでは、食べるのであれば、果物。それをおなかがいっぱいになるまで食べていいんですって。足りなくなったらまた追加で食べていいし。ダイエット的には夢のようなお話(笑)

で、実際朝果物だけにしてみたら、思ったほど食べられなくて、結局会社でおなかが空いて、バナナ一本食べたんだけど、バナナ一本食べれば意外ともつのね。基本的に朝たっぷり食べていたほうなので、胃腸の軽さはわかる気がする。

毎日は多分やらないけど、時々こんなフルーツだけの朝食を取り入れてみようかな~、と思います。夫・息子も喜ぶ^^あと肉、魚を食べる時は、炭水化物パスするも。乳製品も、これ読むとやっぱやめようかなあって気になります。論文からの引用も多くて、読むとなんだか納得させられちゃう。

アマゾンのブックレビューを見ても、なかなか評判いいみたい。
[PR]
# by lucie1104 | 2008-09-08 12:06 | 体・健康 | Comments(0)


読んだ本の簡単レビューと日記


by lucie1104

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル