タグ:勉強 ( 17 ) タグの人気記事

公文の個人面談【息子小6の場合】

次は息子。

f0176860_08261873.jpg



娘もなのですが、宿題プリントをなくすことが多いとのこと。

どれだけなくしていたか記録を見せてもらったらホント酷くて。゚(゚´Д`゚)゚。恥ずかしい。

二人とも、言わなくてもやってると思いフォローしてなかったのですが、終わった宿題プリントを毎日私が回収することにしました。

意図的にやってないこともありそうな感じ。先日ポロっと「ゲームやってなかったら、どれだけ頭良くなってるかと思うことある。公文やらなきゃと思いつつ、ゲームやめられないんだよね」なんて言ってて、自覚あるのです。

やらなきゃいけないと思いつつ、自制心がまだまだ足りないので、私がちゃんとフォローしないとダメなんだな〜と思いました。

それからどの教科もなべて、深く取り組めていないとのこと。要領は悪くないので、チャチャッと作業的に終わらせているのが見える。その通りだと思います。

できない子の方が、つまづきながらも一生懸命考えて取り組む分、あと伸びすることもあるそう。

例えそれなりにできていたとしても、今のような気持ちが入っていない勉強の仕方のままでは先行き難しいなぁと思います。

本は私が危機感を感じて強制的に読ませているハリーポッターシリーズが今5冊目、それと、読売こども新聞を、読める日は少しづつ読んでいる程度です。

先生はそれすらも読んでないと思っていたようで感心されました。

私が言えばやるところは偉いんですが、自分から読みたいというのがないのが残念。

公文の教材で、シャーロックホームズが問題になってて、「途中までしか話がないから嫌なんだよ」というので、じゃ読めばいいのに、と水を向けるもそこまでではないという感じ。なんか、あと一歩なんですよね〜。

公文の国語プリント私も見て面白そうなのあれば本借りて読ませようかしら?

公立中に進む予定の息子。今算数がH教材、国語がG教材をやってるのですが、娘同様、中学一年で、二学年先まで進んでおくと良いとのことでした→公文の定石のようです。

私も先日、ネットで目にしたばかりですが、公立中学では定期試験で上位三割に入っているように勉強しておくこと。

先生曰く、ちゃんとやれば、公立中ならば算数など定期テストで100点取れるから、公立中に通ってる子たちには100点取るよう声をかけてるそうです。

高校受験に関しては、私も話してみて初めて自分の気持ちに気づけたのですが、息子には都立高校、或いは、私立でも大学付属よりは、付属でない学校、もしくは付属であっても、多くの生徒が大学受験をする高校に進んだらいいのではないかと思っています。

夫は、元々中学受験をさせたがっていたけど、息子のできなささに中受は諦めたという経緯があり、今度は高校受験で難関目指して中一からガッツリ通塾させようと考えているようです。

私から見ると、息子の精神的成熟度を見る限り、中学に入ったからと言ってすぐ大化けするようには思えないので、一年から学校の勉強をしっかりフォローしつつさせて、様子を見ながら狙えるレベルで受験できる高校を狙い、高校で少しは成長することに賭けて、大学受験で上を目指すイメージかなぁと思っています。

高校生になれば、もう少し精神的に大人になって、将来のことを考えて勉強へのモチベーションが高められるかもしれないし、努力して達成感を得る喜びが経験できてるかもしれない。

まあすべてそうであってほしいという願望なので、高校行っても低空飛行で緩くやってるかもしれないけど。

先生もずっとそういう感じで、公務員にでもなって、それで幸せって人もいますものね、なんて言われましたが(*´-`)

先生がおっしゃるには、中一から受験勉強を始めても行き詰まるとのこと。中学に入学してもしばらくはまだ基礎力をつけることに注力した方が良いのでは、とのことでした。

しばらく前に息子が「パパが中一から塾に行かせるっていうから、部活はやりたくない」と言っていて驚きました。

息子らしい発言ですが、折角の中学生活、そんな過ごし方するのはなんだか勿体無い!

勉強も大切だけど、中学生活は友達との交流を楽しみ、そこから人間関係を学ぶ貴重な時期でもありますから、そんな消極的なこと言ってないで楽しんで欲しいなぁ。

というわけで、先生との面談を通じて中学校生活も少しずつイメージが沸いてきました。

まだまだ手がかかりそうだわ〜
[PR]
by lucie1104 | 2017-06-21 18:16 | 育児 | Comments(0)

公文の個人面談【娘小2の場合】

一年半前に子ども達が公文を始めて以来ずっと公文のフォローは夫の責任範囲としてお任せしていましたが、今回初めて私が先生との個人面談を受けて来ました。

f0176860_18155580.jpg



二人分ということもありますが、たっぷり一時間、先生とお話しできてとっても良かったです。

先生にはお嬢さんが二人いらして、上のお嬢さんが東大ストレート合格、そして下のお嬢さんも一浪ながら、この春東大に合格されているスゴ母でもあります。

まずは娘の話から。

一時期公文をものすごく嫌がって、夫と毎日宿題をやるのやらないのと泣きながら喧嘩していて、ウンザリしていたのですが、ここ数週間憑き物が落ちたように、自分から宿題に取り組めるようになりました。

先生も気づかれていたようで近頃宿題もよく頑張っているとのこと。

国語は今D教材、算数がC教材をやっています。

国語は文章をきちんと読み取っているとのこと。自分の考えを自由に解答させる問題があるのですが、書いていることがちゃんと的を得ているし、ユニークな考えを書いているのが好印象のようでした。

娘の方は全然みていなかったのですが、息子の答案でそんな問題があるのは知っていて、息子の方はため息を吐きたくなるような適当な解答だったことを思い出しました。娘、偉い。

英語も頑張っているとのこと。

全般的に国語算数でつまづく子は多いけど、英語は嫌がらない子が多いのだそうです。

このまま英語好きでいてくれるといいなと思います。

公文の英語はタッチペンでネイティヴの発音を聞いて真似する方法で勉強するんですが、小6の息子は耳で音を聞いて理解して自分で発音することに今困難さを感じているようです(教室で先生に違うと言われてしまうそう)

口や舌の使い方を私が教えても、息子くらいの年齢になると素直に聞いてくれなくて、やる気を出させるのはなかなか難しいですね。

娘はまだ小2ですが、受験の話も出ました。

娘は去年から、うちの近くにある都立の中高一貫校に行きたいと言っており、最近はさらに、もっとレベルの高い学校を受けたいとまで言ってるんです。

ドラマの下克上受験の影響もあるかな?

先生もびっくりされていて、でもやる気があるなら、四年までにF教材が終わるよう力を入れてくださるとのこと。

先生の娘さん達も中学受験されてるんですが、お二人とも塾に通い出したのは五年生からだそう。四年生は勉強する習慣を作る目的なので、公文をやってる子は通塾は五年生から大丈夫。

最初は四年からやってる子との差を感じて焦るけど、夏休みに繰り返しやるのですぐ追いつくとのことでした。

息子を四年で一年通塾させて、塾弁用意したり、遅くなったとき駅まで迎えに行ったり大変だったのを思うとそれは有り難いです。お金もかかるし。

中学受験をゴールにしないで、中学、高校と更に学力を伸ばして行けるように、基礎力をつけるのが大事とのこと。

それにはやはり読書が大事で、読書量と偏差値は比例するとのこと。

娘はまだ自分で本を読むことはあまりなくて、読むとすればあんびるやすこさんのルルとララシリーズ位。

ルルとララが好きならもっと図書館で借りて本の面白さに目覚められるといいなと思います。

絵本の読み聞かせも好きなので、週に何回かは読んでいます。しかし、息子はあれだけ読み聞かせしたのに、一向に自分からは本読まないなぁ(T-T)

算数はやはり計算が大事とのこと。教材にも、桜蔭等の中学受験の入試問題が使われているのを見せてもらいました。

勿論計算だけではダメなんでしょうが、そう言った計算問題を落ち着いて確実に回答して得点できるかどうかが大事なのだそうです。

公文の先生の言うことなので、勿論公文が良いという話になる訳ですが、話を聞いていて、娘はこの調子で取り組んでいけば大丈夫そうだなと思いました(まあ、やる気の波は今後も色々とありそうですが!)






[PR]
by lucie1104 | 2017-06-20 20:31 | 育児 | Comments(0)

小五の日本語力

息子が公文の宿題をためて隠していたことが発覚した後、夫が公文の先生と面談をしてお話して来ました。

そこで先生が、宿題隠しの他に気になってることがあるとのお話がありました。

それが、息子の日本語力。

たとえばある日の会話

先生「宿題はどうしたの?」

息子「忘れた?」

先生「どこに忘れたの?」

息子「棚」

先生「棚ってなんの棚?」

息子「和室」

と言う調子で、会話が単語でされていて、フルセンテンスで話せないとのこと。

言われてみると確かにそうかも。

低学年の頃、息子の説明が実に下手で、学校でやったゲームのルールを説明してくれたんだけど、さっぱり理解できなくてかなりイライラしたことを思い出しました。

五年生になって、説明力はましになってきましたが、言葉の意味を取り違えて発言することが時々あって、それを面白がって笑ってたんですが、笑ってる場合じゃなかった。

このまま行くとヤバイかも。

先生によると、やはり本を読むことが大事らしい。

公文の国語のプリントですら、文章を読まずに問いてる節があり、とにかく本を読むことを勧められたそう。

ハリーポッターを一緒に読んだり、私なりに読書するよう促していたつもりだけど、やはりまだまだ足りないか。

それから、私自身で思ったことは、もっと息子と会話をしなきゃということ。

私が話すのでなく、息子がもっと話してくれるようにしないと。

もっと意識して会話を増やせるように、息子が見てるテレビ番組を少し一緒に見たりしようかな〜。

改めて考えると息子が話す内容にイマイチ興味が持てなくて、聞き流すことが多かったかも。

話す機会が減る分、話す訓練もされず、説明も上達しないんでしょう。

まずは息子に話を聞いてもらう心地よさを感じて、話したいと思えるようにならなきゃいけないと思いました。

夫はフルセンテンスで話すように直接促したり、テレビを見ながら、息子の考えを離させたり、やりすぎると却って話したくなくなるんじゃないかと心配ですが、まあお互い違うアプローチでやってます。

まだ本人も私達の言うことに耳を傾けてくれる今のうちに、なんとかしなきゃと思います。
[PR]
by lucie1104 | 2016-12-04 09:42 | 育児 | Comments(0)

息子と公文

息子とは、毎日公文の宿題と学校の宿題を終わらせてからじゃないとテレビを見たり、ゲームをしたりしてはいけないと約束しています。

毎朝六時前に起きて、私が六時過ぎに起きると「もう公文終わった」と言って、ゲームをやっていることもしばしば。

言わなくても自分でやってて偉いなと思いつつ、なんか三分くらいしかやってないように見えて、なんか変な気がしていました。

で、最近、息子の収納棚を整理していたところ、大量の公文のプリントが出てきました…

息子にこれは何?と聞くと、それはもうやらなくていい、とか、要領を得ない回答。

きっと、もらった宿題をやらずにそのままにしてるんだろうなと察しはつきましたが、手を打てず日々が過ぎていきました。

その後、私がまとめておいた終わってない公文のプリント(100枚はないけど、50枚は超えてる)を夫が発見して、激怒。

ガッチリ息子を叱った後に、公文の先生と面談してきました。

先生も、息子が渡した宿題を持ってこないことを、しばらく前から気にしていたとのこと。

それも聞くと「忘れた」とか、適当な言い逃れをするのだそう。

やってこないプリントは、必ず難しい問題のもので、解いててわからないとそこで諦めてやらないままにしてしまっていたようでした…。

それから恐らく早く終わらせることが目的で解いてるために、回答が適当過ぎていて、間違いがとても多い。

国語の読解の問題は、文章を読まずに解いてそう。

英語もやってるのですが、その時の分しか覚えなくて、過去にやったことはどんどん忘れてる。

と、息子の勉強の取り組みの適当さが露呈しました。

夫は教材の解答集を先生からもらって、息子の宿題を丸つけするようになりました。

息子もかなりきつく夫と先生に言われて、マズイと気づいたと思うので、当分は真面目にやるかな〜。

今気づけて良かったと思うことにします。

公文の先生とのお話の中で、もう一つ、息子のことで気になることがあったのですが、それはまた次回。



[PR]
by lucie1104 | 2016-11-29 08:10 | 育児 | Comments(0)

算数検定

子供たちが通っている公文の教室で、算数検定が受けられるとのことで、申し込みしました。

実用数学技能検定

先生のアドバイスに従って、小5の息子は小5相当の7級、小1の娘は11級を受験します。

二人とも二学年ほど先のところをやってるのですが、まずは一回合格して自信をつけられるようにとのことです。

先生に「文章題が多いのですが、息子君は、せっかちで問題を読み違えたり、ミスをよくするのでよく注意させてくださいね」と言われました。

それから算数検定のサイトに過去問があるので、一度解かせてくださいとのこと。

印刷してやらせてみました。試験時間50分なのに、10分弱で終わったとのこと。本当に問題ちゃんと読んでるのかしら・・・怪しい。

丸付けしてみたところ、計算問題は大体OK。計算ミスが一問。

f0176860_11225451.jpg



文章題は、やはり公文ではあまりやっていないので慣れていないのか?この問題で間違えていました。

f0176860_11225533.jpg



女子の習い事をしているのマスが空欄になってるのは0人て意味じゃないよと解説したら、すぐ解けたので慣れの問題かなー?

この問題は、3問目が、計算一回で答えられず、学年全体の人数を出して、平均冊数から学年全体の冊数を出して、3組の冊数を出すと三段階で答えを出さないといけないので、ちょっと難しそう。

f0176860_11225594.jpg



去年日能研に通ってた時こんな問題をよく解いていたのを思い出しました。

図形の求め方も忘れてたけど、言ったら思い出したっぽい。

f0176860_11225651.jpg



10月22日の受験日の直前にもう一度復習させようと思います。

娘の方は問題をちらっと見たところ、大丈夫そうかな。まだ解かせてないけど。
[PR]
by lucie1104 | 2016-09-22 10:47 | 育児 | Comments(0)

ゲームに関する約束事と、小五の勉強量

8月の息子の誕生日に、wii uとスプラトゥーンというゲームソフトをプレゼントしたところ(本体は本人に一部負担してもらった)、予想通りではありましたが、ハマりすぎ…。

それなりにやる事はやってはいるものの、ちょっとの隙間時間でもすぐやりたがったり、ご飯ができたからとか、もう8時だからとかでやめてと声をかけても中々やめないのに、かなりイラついて、ルールを決めることにしました。
(ワードで作って印刷したら、夫に怪文書かと思ったって言われたw)

f0176860_15294392.jpg


塾をやめてから、なぜか自然と朝6時前後に起きるようになって、起きたら朝食前に公文をすませるようになりました。

英語もここ一週間私が促すようになったら毎日やってるし、宿題もいつも私が帰宅する前に終わってるし、改めて考えると最低限のことは言われなくてもちゃんとやってて偉いなぁと思います。

が、割と要領がいい方で、ゲームなどで遊ぶために終わらせることが目的になってて、やってることが雑なのが気になります。

時間としては朝公文15分、夕方公文15分、宿題はその日によって違いそうだけど多分30分程度でしょう。英語は5分。トータルで1時間ちょっとか。

学年×10分の法則は一応クリアしてるけど、こんなで大丈夫かな〜?

大体ゲームは朝45分、夕方は4時着宅で、6時半に私が帰るまでの間にきっと1時間以上、そして夕食後もやってるんだから、二〜三時間はやってるはず。

課せられた勉強はそれなりに自分でやってはいるので、もう少し息子の自主性に任せてもいいのかもしれないけど、ひたすらゲームやってる姿を見てるとなんとなく焦りを感じてしまいます。


[PR]
by lucie1104 | 2016-09-10 07:09 | 育児 | Comments(0)

読書感想文もう一息と、小学校の先生ママの言葉

いよいよ夏休み終わりまで残すところ二日。

読書感想文、まだ終わってません!

先日赤入れた後、もう一度書かせて、でももう赤入れだけじゃきついので、私がワードで書き下ろしましたw

先週末は合宿で手がつけられなかったので、29日に私のワード下書きを元に、本人にも多少手を加えながら(何しろ私は本を読まずに感想文書いてるw)、もう一度原稿用紙に書いてもらいました。

そして本日お昼、また赤入れ。今回は、微修正ですみそうf^_^;

これを元に明日清書してもらって一応完成です!

野球チームの中に小学校の先生をやってるママさんがいて、週末読書感想文について雑談しました。

そのママ曰く、夏休み明け、読書感想文を見ると、自分で書いた子と、親が手を入れてやった子の作文は一目でわかるとのこと。

そして、基本的に、親が手を入れた作文の中から選ぶのだそうです(例外もあるでしょうけど)

自分で書いた子はほとんどあらすじばっかり、親が手を入れた子は自分と主人公との比較などが入っているとのこと。

確かに私も去年、今年と手探りして、読書感想文のメソッドがやっとつかめてきたんですもの。子供が自分で何も知らずに大人が求めるものなんて書けないですよね〜。

読書感想文は、完成された成果物を作ることが目的ではなく、書く作業を通して文章力をつけることが目的。親が手を出して、書き直しをして、その力が少しずつあがっていけばいいのです。

親が手取り足取りやるのはどうなの?!という気持ちもありましたが、小学校6年間はどれだけ親が手をかけるかが子供の学力のキーだそうなので、そこは惜しみなく手をかけていいそう(まあできる範囲で)。

そして、親が手をかけないと、それが先生に回ってくるので大変だとか。なるほど。

うちの子が最低限の努力しかしない、いつも終わらせることが目的になってるという話をしたら、一部の勉強好きな子を除いてはみんなそうですって。

イライラする事もありますが、やはり親の働きかけ、大事そうです。まだそれでもこちらの言ったことを素直に聞いてやってくれるうちが花かも。来年も頑張りますf^_^;)


[PR]
by lucie1104 | 2016-08-30 10:45 | 育児 | Comments(0)

グローバル化プロジェクト

私の働いてるオフィスで、グローバル化のためのプロジェクトが始まりました。

要は英語の研修なんですが、受講者(チャレンジャー)だけでなく、ガイド役も社内で募って、企画してる人事だけが音頭をとって、受講時間だけ英語のやるんではなく、もっとオープンに英語を通常業務まで使おうという試みです。

ここ数年外国籍の社員の採用が進んでいて(主に東アジア、シンガポール)、本社700人の中に、私のイメージですが10から20名の外国籍社員がいます。

今回のプロジェクトの担当もシンガポール人。

面白そうだと思って、私はチャレンジャーではなく、ガイドとして応募しました。

ガイドへのインストラクションの会議が6月頃から何度かあって、昨日のお昼初めてアクティビティがありました。

お昼休みに、ゲーム形式でチャレンジャー達が会話をして、私はガイドとしてサポートしたり、質問を投げかけたりしました。

今回はチャレンジャーが7名でした。みんな熱心で、毎日スカイプの英会話レッスンを受けてるとか、教室に毎週通ってるとか、今仕事しつつドクター論文書いてて、担当教授が日本人なのに英語で話すとか、みんな仕事してるのにこんなに英語に真剣に取り組んでるのか!と驚きました。

一方で、こんなに熱心なのに、ボキャブラリーが足りない、発音が難しい、言いたい事が言えない、聞き取れない、日本語で考えてから英語に訳して話そうとするので時間がかかりすぎる、などなど、皆さん苦手意識がすごくて、まさに日本人の英語コンプレックスを体現してる!感じ。

私はネイティヴではもちろんなく、英語圏への留学経験もない(一か月のホームステイのみ)純ジャパ(古い?!)ですが、だからこそ、勉強の仕方など、シェアできるものがあるような気がしました。

昨日のもう一人のガイド役の方は、発音がすごく綺麗だと思ったら中学時代を海外で過ごしたんだそうです。今回はアクティビティでいっぱいであまり話ができませんでしたが、またお話ししてみたいです。

このプロジェクトを通じて、今まで知らなかった社内の人と知り合えたり、英語を使う機会も増えるし、みんなの英語力アップに貢献できたら嬉しいし、手を挙げてみて良かったなぁと思います。

また次回のアクティビティが楽しみ016.gif
[PR]
by lucie1104 | 2016-08-20 09:29 | 仕事 | Comments(0)

公文の英語

先週から息子と娘二人そろって公文に入会しました。

息子は夫のたっての希望で国算英、娘は本人のたっての希望でwやはり国算英をやることになりました。

私も職場で英語の必要性をひしひしと感じるし、英語ができると世界が広がるので子どもたちにも英語好きになってほしいなあと思っていました。

でも、これまでの成果ははかばかしくありません。

2年前にフィリピンで3日間英会話レッスン受けさせて、その後その学校のオンライン英会話をしばらくやったけど、やる気がまーーったくない息子が全然覚えなくて(毎週1時間×数月かやってもアルファベットのaを覚えられない、泣)業を煮やして数か月でやめちゃいました。

文法やフォネティックも教えてくれてたんですが、何しろ英語で教えてくれるもので、息子にはちんぷんかんぷん、拷問のような一時間だったと思いますf^_^;

BE-GOというチャレンジの英語教材をちょっとやったこともありました。これはゲーム感覚でやれるのはいいけど、あまり英語の学びになっている感じがしなくて、私もやるように促す時間もなく、やはり数か月で終了。

フィリピンで英会話をやって感じたのは、当時8歳の息子には、耳から英語を入れて覚えさせるのはもう非効率。英語のしくみを覚えてやった方が良いだろうなということでした。

文法を完璧に覚え、語彙数も豊富なのに聞けない、話せない、というのも困るので、会話も同時並行でやる必要はあるだろうけど、全てを英語でやって英語を習得するには膨大な時間が必要そうだというのが実感です。

で、公文はどんなかなと思ったのですが、娘が家でやってたのを見たら、こんな感じ。

f0176860_08404537.jpg


タッチペンでテキストに触れると、ペンが英語を発音してくれるので、それを真似るというもの。

息子の方も、ほぼ同じ。

昨日やってたのは、shirt, pants, gloves, hat, shoesとか。

ネイティヴの発音だとshirtとかglovesとか、なんて言ってるか全然わからないそうf^_^;

野球のグローブとおなじだよと説明するとああ、という感じで言えるけど、そうすると発音がね…。

口の形とか、音の出し方を口頭で説明する必要がありそう。

ま、こんな感じでどこまでいけるのかわからないけど、子供たち二人とも公文の英語については嫌ではなさそうなのがありがたい。英語面白いという気持ちが芽生えてくれるといいな〜

[PR]
by lucie1104 | 2015-12-13 11:03 | 育児 | Comments(0)

そして、公文へ

先週土曜日に塾&中学受験をやめると言い出し、その日のうちに公文に話を聞きに行った夫。

公文の話が良かったらしく、月曜日に息子と娘を、テストを受けるために早お迎えで連れて行きました。

近所の公文の教室で、息子の友達も、娘の友達も数人ずついて、子供たちにとっては馴染みやすかったようです。

夫の意向では二人ともに週二回通わせて、国語算数英語をやらせるつもりらしい。

月謝は塾と比べたら、ずっと安いみたい。

3月に塾に通わせ始めた時と同じ勢いで、今は公文の良さを私にまくし立ててます(苦笑)

公文式は基礎力を鍛えることに主眼を置いているので、小4息子もまず足し算から始まります。私も子供の頃やってたので、プリントが懐かしい。

まだ始まってないのでわからないけど、息子にとっては電車乗って通塾して、大量の復習こなして、テスト二週間おきに受けてって生活より負担が軽くなりそうで良かったです。

そして娘は、予想してたけどすごいやる気満々(笑)

まだ小学生にもなってないし娘までやらなくていいんじゃない?と言うと、やりたい!と主張して、家でも宿題プリント着々とやってます。

息子と娘、ホントタイプが違うんですよね〜。

公文の教室が7時までなので、これまで通り18:15に保育園にお迎えに行ってその足で公文に行き、30分勉強して帰宅というスケジュールになりそう。息子は家から行ってもらって、帰りは一緒というのもいいな。

月木は残業できないのはきついけど、最初から遅くなるとわかってる日はファミサポさんにお願いする予定です。

また来月から生活が変わりそうです。







[PR]
by lucie1104 | 2015-12-08 09:10 | 育児 | Comments(0)


読んだ本の簡単レビューと日記


by lucie1104

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル