タグ:英語 ( 6 ) タグの人気記事

公文の英語2

子供達が公文を始めて9カ月になります。

国語算数は宿題があるのでやることがハッキリしてて比較的子供達やるのですが、英語は主にテキストを読むことが宿題のため、促さないと中々できません。

夫はやるように促さずに、唐突にやったの?と確認してきて、やってないと怒るので、それが嫌で(私が)、できる限り私から声かけして毎日いっしょにやることにしました。

f0176860_09073131.jpg


これだけだけど、毎日やること3日続けても、朝なんて読むんだか思い出せないみたいf^_^;

アルファベットと音(読み方)を習ってないからテキスト見ても分かんないんですよね。

ただ、言えばすぐ思い出すし、発音はEペンシルでネイティヴの発音を聞いてるので割といいです。

「outsideは、野球でセーフ、アウトって言うあのアウトだよ」と教えたら

「アウト、サイド、英語らしく言うとoutside!」とか自分で考えて言ってて感心しました。

息子はこの辺りをやってます。

f0176860_09073229.jpg


やはり娘と同じようにEペンシルを聞きながら発音してますが、覚えた先からどんどん忘れてるみたいな感じf^_^;

テキストに、習った限られた英語で絵本のお話が再現されてるスキットがあります。

娘はこのマッチ売りの少女にハマって、日に何度も"Matches, matches!"と言ってました。中々良くできた教材だなと思います。

息子はこんな感じ。

f0176860_09073220.jpg


テキストからプリントになりました。

が、覚えた先から忘れてると先生に言われたみたいf^_^;

確かに昨日もI want a pet.と読んだばかで、次のページに同じ文章のwantとlikeをどちらか二択で選ぶ問題でわからなかったレベルで…。

まあ本人のモチベーションがほぼなく、ただやらされてるだけだから、仕方ないですよね…。

それでも日々の積み重ねが今後生きてくることを信じて頑張ります(と言っても1日10分足らずなんですけどね\(//∇//)\)
[PR]
by lucie1104 | 2016-09-07 18:13 | 育児 | Comments(0)

グローバル化プロジェクト

私の働いてるオフィスで、グローバル化のためのプロジェクトが始まりました。

要は英語の研修なんですが、受講者(チャレンジャー)だけでなく、ガイド役も社内で募って、企画してる人事だけが音頭をとって、受講時間だけ英語のやるんではなく、もっとオープンに英語を通常業務まで使おうという試みです。

ここ数年外国籍の社員の採用が進んでいて(主に東アジア、シンガポール)、本社700人の中に、私のイメージですが10から20名の外国籍社員がいます。

今回のプロジェクトの担当もシンガポール人。

面白そうだと思って、私はチャレンジャーではなく、ガイドとして応募しました。

ガイドへのインストラクションの会議が6月頃から何度かあって、昨日のお昼初めてアクティビティがありました。

お昼休みに、ゲーム形式でチャレンジャー達が会話をして、私はガイドとしてサポートしたり、質問を投げかけたりしました。

今回はチャレンジャーが7名でした。みんな熱心で、毎日スカイプの英会話レッスンを受けてるとか、教室に毎週通ってるとか、今仕事しつつドクター論文書いてて、担当教授が日本人なのに英語で話すとか、みんな仕事してるのにこんなに英語に真剣に取り組んでるのか!と驚きました。

一方で、こんなに熱心なのに、ボキャブラリーが足りない、発音が難しい、言いたい事が言えない、聞き取れない、日本語で考えてから英語に訳して話そうとするので時間がかかりすぎる、などなど、皆さん苦手意識がすごくて、まさに日本人の英語コンプレックスを体現してる!感じ。

私はネイティヴではもちろんなく、英語圏への留学経験もない(一か月のホームステイのみ)純ジャパ(古い?!)ですが、だからこそ、勉強の仕方など、シェアできるものがあるような気がしました。

昨日のもう一人のガイド役の方は、発音がすごく綺麗だと思ったら中学時代を海外で過ごしたんだそうです。今回はアクティビティでいっぱいであまり話ができませんでしたが、またお話ししてみたいです。

このプロジェクトを通じて、今まで知らなかった社内の人と知り合えたり、英語を使う機会も増えるし、みんなの英語力アップに貢献できたら嬉しいし、手を挙げてみて良かったなぁと思います。

また次回のアクティビティが楽しみ016.gif
[PR]
by lucie1104 | 2016-08-20 09:29 | 仕事 | Comments(0)

ハリーポッターを原書で読む

日ごろまったく本を読まない息子が、ハリーポッターと賢者の石を図書室で借りて読み始めたというので、私も読み始めました。

息子は日本語、私は原書で読みたいと思っていたので英語。前に後輩に勧められて読もうと思いつつ手が出てなかったので、良いきっかけになりました。

f0176860_08451100.jpg



息子は映画は全部見てるので筋はわかってるし、好きな物語なので、とっつきやすいとは思うのですが、このボリュームの本を読もうとしたのは初めて。嬉しい。ぜひこれを機に読書の面白さを知ってほしい!

本だと説明が細かすぎると文句を言ってましたが、本の方で全部読んだ人に聞いた話では、映画ははしょりすぎだそうなので、読み終わる頃には本の方が面白かったとなるかな?なるといいな。

私の方は、子供向けの本なのに、知らない単語が思ったより多いことに驚きました。

先日見たバイリンガールの動画で、ジャパンタイムズ編集長の高橋さんが仰っていた日本人は英語のインプットが圧倒的に少ないという言葉が蘇りました(この動画も面白いのでオススメ!)

言いたいことは自分の知ってる単語だけで伝えることはできるし、仕事で使う英語は限定的なので、インプットの足りなさが身にしみました。

kindleだと、知らない単語をハイライトすればすぐ意味がわかるのでとても読みやすいです。これで少しは語彙力増えるといいな〜

で、まだ無料の一章だけしかダウンロードできてなくて、これから購入予定。

アマゾンでは買えず、pottermoreというサイトから買うみたいです。

息子もまだ一章まで。なんとかお互い励ましつつ一冊読み終えたいなと思います(図書室返却期限までに読むのは確実に無理なので公立図書館で借りる予定)
[PR]
by lucie1104 | 2016-06-22 17:17 | 自己啓発 | Comments(0)

バイリンガール英会話


今YouTubeで配信されてるバイリンガール英会話ってご存知ですか?

バイリンガール英会話

私は先日、YouTube徘徊してて見つけて、ハマってしまいました072.gif

16年間アメリカ育ちのバイリンガルのちかさんが配信されてる名前の通り英会話レッスン動画です。

最初にたまたま見たのが、欧米人がよくやる仕草で、了解です人差し指と中指をクイクイっと曲げるのがあるんですが、あれの意味を解説したもので、すごくわかりやすくて034.gif

その後アメリカ英語とイギリス英語の違いを実際ネイティヴの方が出てきて比べたビデオも興味深く、それ以降動画を毎日一つ二つ見ています。

よくある英会話レッスン的では色んなシチュエーションで使える言い回しのほか、

発音のレッスンや、文法的なものもあります。

ネイティヴスピーカーの発音なので参考になるのはもちろん、それでも日本人だからか?ちかさんの発音はとても聞き取りやすく、真似しやすいです。

ネイティヴならではの、実際に現地人にはこんなニュアンスに聞こえるという解説は、とっても役に立つ072.gif

シチュエーションものでは、彼氏彼女に告白する時、別れるときなど、トピックもユニーク。

留学したけど友達ができないという悩みを持つユーザーに、クラスで隣に座った子に話しかける方法を伝授する回なんかもありた。

英会話レッスンの他、旅ログも面白いです!

ご両親が住んでるシアトル、旅先のオーストラリア、ドイツ、結婚式を挙げたハワイなど、見てるとこちらも旅気分012.gif

観光地案内だけでなく、現地の文化や生活習慣(アメリカのマックの注文の仕方とか、スーパーの紹介とか)を紹介する内容も異文化体験が好きな私にはツボ。

住んでないと知らない欧米文化を垣間見れてとても興味深いし、なんだかキラキラしてて見てて楽しいのです072.gif

また、ちかさん自身の考え方を紹介したような内容のものもあって、ちかさんがコンフォートゾーンを抜けてチャレンジした話とか、日本人メジャーリーガーが果敢に英語で話そうとしてる姿から学んだこととか、見てると刺激を受けてやる気が出ます066.gif

最近小学生のなりたい職業に、YouTuberがランクインしたそうですが、いまいちピンと来なかったんですが、この動画を見て、これは確かに!と思いました。

彼女自身がコンテンツを考えて、作った動画は、私を含めた見る側はこういうのが見たかったんだ!って内容で、テレビ番組とは違った面白さ。

YouTube投稿はしないけど、ナレーション付きビデオを真似して撮ってみたくなりました006.gif

まだまだ見てない動画が沢山あるみたいなので、引き続き楽しみたいと思います。




[PR]
by lucie1104 | 2016-05-11 08:28 | 自己啓発 | Comments(0)

公文の英語

先週から息子と娘二人そろって公文に入会しました。

息子は夫のたっての希望で国算英、娘は本人のたっての希望でwやはり国算英をやることになりました。

私も職場で英語の必要性をひしひしと感じるし、英語ができると世界が広がるので子どもたちにも英語好きになってほしいなあと思っていました。

でも、これまでの成果ははかばかしくありません。

2年前にフィリピンで3日間英会話レッスン受けさせて、その後その学校のオンライン英会話をしばらくやったけど、やる気がまーーったくない息子が全然覚えなくて(毎週1時間×数月かやってもアルファベットのaを覚えられない、泣)業を煮やして数か月でやめちゃいました。

文法やフォネティックも教えてくれてたんですが、何しろ英語で教えてくれるもので、息子にはちんぷんかんぷん、拷問のような一時間だったと思いますf^_^;

BE-GOというチャレンジの英語教材をちょっとやったこともありました。これはゲーム感覚でやれるのはいいけど、あまり英語の学びになっている感じがしなくて、私もやるように促す時間もなく、やはり数か月で終了。

フィリピンで英会話をやって感じたのは、当時8歳の息子には、耳から英語を入れて覚えさせるのはもう非効率。英語のしくみを覚えてやった方が良いだろうなということでした。

文法を完璧に覚え、語彙数も豊富なのに聞けない、話せない、というのも困るので、会話も同時並行でやる必要はあるだろうけど、全てを英語でやって英語を習得するには膨大な時間が必要そうだというのが実感です。

で、公文はどんなかなと思ったのですが、娘が家でやってたのを見たら、こんな感じ。

f0176860_08404537.jpg


タッチペンでテキストに触れると、ペンが英語を発音してくれるので、それを真似るというもの。

息子の方も、ほぼ同じ。

昨日やってたのは、shirt, pants, gloves, hat, shoesとか。

ネイティヴの発音だとshirtとかglovesとか、なんて言ってるか全然わからないそうf^_^;

野球のグローブとおなじだよと説明するとああ、という感じで言えるけど、そうすると発音がね…。

口の形とか、音の出し方を口頭で説明する必要がありそう。

ま、こんな感じでどこまでいけるのかわからないけど、子供たち二人とも公文の英語については嫌ではなさそうなのがありがたい。英語面白いという気持ちが芽生えてくれるといいな〜

[PR]
by lucie1104 | 2015-12-13 11:03 | 育児 | Comments(0)

『発音の鬼が日本人のためにまとめた ネイティブ発音のコツ33』 


中学校義務教育から考えると、約30年英語やってきて、今更発音?って気もしなかったのですが、

先日読んだこちらの本で、発音の大事さが切々と書かれていて、

科学的な外国語学習法―日本人のための最も効率のよい学び方

佐伯 智義 / 講談社



そんな時に書店でついこの本のタイトルが目に入って手に取りました。

CD BOOK バンクーバー 発音の鬼が日本人のためにまとめた ネイティブ発音のコツ33 (アスカカルチャー)

リチャード川口 / 明日香出版社



そして読んでみたら、「今更発音」どころか、私、発音まだまだだな~と思いました;^_^A

英語に特有な子音の発音(r、l、thなど)は、比較的これまでも意識していましたが、母音の発音ができてない!

日本語には5つしかない母音、英語には25あるのだそう。

Appleのaの様な、いかにも英語らしい母音より、日本語のアイウエオに近い母音の方が曲者だと気付きました。

それからローマ字読みに引きづられてることも改めて自覚しました。

この本では、発音記号の隣に平仮名で読み方を書いてあるのですが、

approximately→ぁぷらぁっくすぃめっりー
chicken→ちくん
computer→くんぴゅーらー
minute→めぬっ


などなど、「えっ!そうだったの?」という発音がいっぱい;^_^A

子音と違って母音の方がひとつのアルファベットに対して読み方のバリエーションが多いので覚えるのに時間かかりそうですが、これを習得するとかなりネイティヴっぽい発音になりそう!

あと発音を良くすることは話すときだけじゃなくて、聞くときにも効果があるようです。

確かに発音知らないと、「めぬっ」っと聞いて脳内でminuteに変換できないですよね〜。

例文も平仮名で読み方が書いてあるのですが、こんなに音が省略されるんだ!と衝撃でした。

She was so shocked →しぅずそぅしゃぁっ

これを律儀に全部発音しちゃうから、ネイティヴの流暢さが出せないんだわー。

We have to kick him out.→うぃへぁふたきっきまうっ

himはどこ行ったんだ〜という感じ。、

あと、平仮名だけみると??となるのは、やはり音で聞いて理解できないってことなんでしょうねぇ。


そのほか、発音するときの口の開き具合、舌の位置、舌の動きなども詳しく解説してあって分かりやすかったです。

lの発音をする時、舌の位置は日本語のラ行の位置より前(前歯の裏)なんだけど、daughter などのtをラ行ぽく発音する場合の舌の位置は、日本語のラ行と同じで良いのだそうです。へぇー。

というわけで色々と学びの多い本でした。

自分で自然に言えるようになるにはまだ時間がかかりそうですが、これまで気にしてなかった発音に意識を向けて改善していきたいです。






[PR]
by lucie1104 | 2015-07-15 06:01 | 自己啓発 | Comments(0)


読んだ本の簡単レビューと日記


by lucie1104

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル