友チョコ

娘が友達と一緒にバレンタイン用の友チョコづくりをしたいというので、三連休最終日にお友達を家に呼んで友チョコづくりをしました。

レシピは、ガーナのサイトを参考にしました。



レシピではホワイトチョコなのを、楽天でストロベリーのパウダーを買って、苺チョコにしました。

パウダーの量がわからず適当に入れたら結構毒々しい色になってしまいましたが、味はアポロそのものって感じです。


子供たちに、チョコを刻んでもらって、温めた生クリームを加えて溶かして、それぞれ12個づつタルトにチョコを入れて、思い思いのトッピングをしてもらいました。

トッピングはナッツ、ドライフルーツ、アラザン、マシュマロ、チョコペンと色々取り揃えました。

f0176860_18531762.gif


さすが3年生女子、チョコを刻むのもまったく問題ないし、チョコをタルトに入れるのもさほど汚さずうまくやっていました。

f0176860_18553511.jpg


私もみんなから一つずつもらってデコってみました。

f0176860_18570416.gif

子供達の出来栄えには正直あまり期待していなかったのですが、意外とみんな素敵にできてました!

f0176860_18584344.gif

余ったチョコは、買ってきたイチゴとバナナを付けて、食べました♪

楽しかったです!また来年も何かやりたいな。

# by lucie1104 | 2019-02-12 18:50 | 料理 | Comments(0)

おちゃめなふたご

今年は、娘を本に親しませるというのが目標で、本当は自分でどんどん読めるようになって欲しいのですが、今の娘にはハードルが高いので、絵本ではなく、ある程度ボリュームがある本を読み聞かせすることにしました。

去年、娘に一日一章読もうと言って読ませたものの1章で挫折してしまった『おちゃめなふたご』に再チャレンジ。

おちゃめなふたご (ポプラポケット文庫 (412-1))

エニド ブライトン/ポプラ社

undefined




私が子供時代大好きで夢中になって読んでいたイギリスの寄宿学校のシリーズものです。

少女たち一人ひとりが個性豊かで、友達同士のもめごとがあったり、失敗をしたり、がんばってそれを克服したり、友情を深めたり、そんな姿が生き生きと描かれており、とても面白いです。

特に毎巻出てくる真夜中のパーティのお話にはとてもワクワクしました。

最初の1、2章はあまり集中していない感じでしたが、だんだん面白さがわかってきたようで、そのあとは集中して聞くようになりました。1日1~2章ずつ、毎日は読めなかったのですが、10日ほどで読了。最終章を読み終わった時は、「もう終わり?」と残念そうでした。

次も私が読んであげたら喜んで聞きそうですが、次は自分で読めるかもしれないので(かといって強制はしませんが)、読み聞かせは続編はやめました。

しばらく図書館から足が遠のいていましたが、また1~2週ごとに図書館に足を運ぶと面白そうな本に出会えてワクワクします。私も自分の本をちょっと借りて、読書に親しむ一年にしたいです。

次の読み聞かせように借りた本はこちら。

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))

E.L.カニグズバーグ/岩波書店

undefined




私自身読んだことがないのですが、Papa told meという漫画にちらっと出てきて気になっていたもの。面白そうで楽しみです。


# by lucie1104 | 2019-02-09 21:12 | 育児 | Comments(0)

脱箱読書会

先日読んだ『自分の小さな「箱」から抜け出す方法』の読書会に参加しました。

自分の小さな「箱」から脱出する方法

アービンジャー インスティチュート,金森 重樹,冨永 星/大和書房

undefined




というか、読書会に参加目的で、この本を読んだといのが正しい言い方。

本を読んでの感想はこちら→

読書会というもの自体に初めて参加しましたが、参加者の皆さんの体験・考えを聞くことで視点が広がったり、対話を通じて自分の考えが深まったりしてとてもよかったです。

3時間も「箱」について考えるなんて、自分ひとりじゃ絶対できないです。

以下、参加者の方からの共感したり響いた言葉:

・誰でも「箱」に入ることはあるし、それについて罪悪感を持ちたくない
・「箱」は時に、自分を保ったり、守ったりしてくれる。
・「箱」というメタファーがいい。使える。
・相手が自分に全幅の信頼を寄せて、温かい言葉をかけてくれた時、「箱」から出ざるを得なかった。
・うまくいかないプロジェクトは、相手のせいにさせがち。うまくいったプロジェクトは”We”になっている。
・「箱」に入っていると、問題への気づき、感度が弱まる。
・人は相手を類型化して見る認知の癖がある
・否定、攻撃された時は、抵抗するよりも、攻撃してくる相手の気持ちに目を向ける
・相手も「箱」から出たいと思っているかもしれない

本を読んだときは、自分の行動に反省するばかりでしたが、三時間プラスランチで皆さんとお話しして、前向きな気持ちになれました。

中でも、部署の人たち全員が箱に入ってしまっていた状況を、三ヶ月ほどで変えてしまった体験談にはかなり勇気付けられました。

私も職場でうまくいってない案件が「箱」に入ってしまっていることに起因してる気がして、一人一人と対話を始めてみました。

案件そのものは全然そういうことではないのに、「箱」という新たな視点で見ることで違ったアプローチができそうです。箱から出ても、問題自体は続くと思っているのですが、少しでも状況が改善されたらなぁ。

人を「箱」から出すのは難しいですが、ちょっと箱の隙間を開けて、外の風を入れる事はできそうな気がしています。

そんなわけで、大いに刺激とヒントを受けました。

企画者のかぶりえさん、かなこさん、あずさん、いつもありがとうございます!ホント楽しかったです!!

# by lucie1104 | 2019-02-05 21:40 | 自己啓発 | Comments(0)

展覧会

区内の各中学校で選ばれた美術、技術、家庭科、書道の作品の展覧会があったのですが、意外にも息子の美術と技術の作品が選ばれていたそうで、見に行きました。

ちょうど先週は小学校の展覧会があってみたところだったので、当たり前ですが中学生は小学生よりぐんと作品のレベルが上がっていて驚きました。

技術の作品は、木工の小物入れ。こちらは設計通りに作るもので特にオリジナリティはないのですが、選ばれたなんて、真面目にやった証拠ですからうれしく思いました。

美術の方が、自分で選んだ物を粘土で作って絵の具で彩色した作品で、本当にそっくりだったのでびっくりしました。他の子達の作品もすごかった〜

f0176860_08272244.jpg


書道の方はもちろん展覧会には選ばれていなかったのですが、冬休みの宿題の書初めを2枚しか書いていなかったのに、銅賞をもらえてこれもびっくり。

意外と器用で何事もそこそここなせちゃうんだなーと感心しました。これで自信をつけて、もう少し頑張って欲しい。

# by lucie1104 | 2019-02-02 20:37 | 育児 | Comments(0)

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』

今週末、親キャリかぶりえさん企画『自分の小さな「箱」から脱出する方法』という本の読書会に参加すべく、こちらの本を読みました。

自分の小さな「箱」から脱出する方法

アービンジャー インスティチュート,金森 重樹,冨永 星/大和書房

undefined




なんというか、読んでいて、思い当たる節がありありで、自分を振り返り、反省することしきりでした。

相手との関係を悪くする原因は、まず自分を裏切ることから始まる(これに関しては、納得できる点と、必ずしもそうでもないのでは?という気持ちがあります)。

そして「箱」の中に入ってしまうと、自分を正当化するために、その相手をあるがままにみることができず、必要以上に悪く見てしまう。

私の場合、特に夫に対して、これすごくやってるなーと思いました。自分を正当化するために、自分の中で夫をすごい悪人に仕立ててしまっている。。。

それがまた態度に表れてしまうので、関係性を悪化させてしまっていたのだなぁと。

夫に対しては、恥ずかしながら90%くらい、箱の中にいるかもしれません。。。常に箱の外に出るというのは難しいですが、この本を読んでそんな自分を自覚できたので、少し態度を改善できるかも。

子供たちに対しては、夫に対してと比較すると、それほど箱の中に入ってしまうことはないのですが、それでも頭に来た時など、入ってしまっている時あります。そういう場合はそもそも冷静じゃないので、難易度高いですが、気を付けようと思います。

職場では、あまり箱の中に入ることないと思うのですが、でもよくよく考えると、メンバーの仕事ぶりに対して評価している自分は、内心ですが、箱の中に入っているのかもなぁと思いました。言ったことはないのですが、心の中で「こうしたらいいのに」「ああしたらいいのに」という思いの底に、「自分ならできるのに」という奢った気持ちが潜んでいて、その人の発言を正当にジャッジできていないところがあるような気がしてきました。人には気づかれていないレベルだと思うのですが、そんな自分の気持ちにびっくり。

この本の最後のフレーズ「こちらが箱から出て仲間に加わらない限り、ともに働いたり、暮らしている人間の人と形を知ることは、できないんだ」を重くかみしめています。



# by lucie1104 | 2019-02-01 19:45 | 自己啓発 | Comments(0)


読んだ本の簡単レビューと日記


by lucie1104

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

さなごんさん ありがと..
by lucie1104 at 21:19
おめでとうございます!娘..
by さなごん at 20:58
さなごんさん、黄色マグ、..
by lucie1104 at 17:38
娘ちゃん、おめでとうござ..
by さなごん at 20:12
> さなごんさん 黄色..
by lucie1104 at 19:12
マグカップが!! 私も..
by さなごん at 22:29
お仲間ですね〜♪♪ブログ..
by lucie1104 at 13:03
私も6話から見出してはま..
by さなごん at 13:09
みゅうちゃんも去年から管..
by lucie1104 at 13:17
さなごんさんも学童落ちる..
by lucie1104 at 13:16

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル