カテゴリ:仕事( 40 )

1 on 1

会社で、去年から人事制度が変わり、期初、期末に関わらず、部下と上司で、定期的に面談をすることが推奨されるようになりました。その面談を1 on 1と呼びます。

去年ヤフーの1 on 1の本を読んで、意義を理解してやる気になったのですが、定期的にするまでには至らず現在に至ります。

ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法

本間 浩輔/ダイヤモンド社

undefined



先日の研修でも1 on 1を勧められたので、部下と定期的に1 on 1をすることにしました。

相手は1月から新しく部下になった人なのですが、業務上は接点がないこともあり、私が評価するには、彼とコミュニケーションが不可欠。忙しそうなので、嫌がられるかなと心配したのですが、向こうから毎週やりたいと言ってもらえてとても意外だし、うれしく思いました。

今目標設定の時期なので、先週一時間1 on 1をやりました。やってみた感想は1時間って結構長い時間で色々話せるものだなぁということ。

目標についての話は、30分程度で終了。あとはざっくばらんにおしゃべりという感じでしたが、その彼はプロジェクトマネジメント力が高いことが部内で評判なので、「どんな風にプロジェクトマネジメントしてるの?」という素朴な質問を投げかけてみました。

その彼は前職でプロジェクトマネジメントを行っていたので、私の職場で誰よりもそのスキルと経験があるのです。私も業務的にプロジェクトマネジメント力って大事だなと思っていたので本当に知りたくて。

すると「プロジェクトマネジメントは出だしが8割」とか、「プロジェクトマネジメントとは、情報共有」だとか、名言がたくさん飛び出し(笑)、とても勉強になりました。

仕事がものすごくできる人で、10歳も年下だけど、ちょっと緊張する相手なのですが、質問したらすごく楽しそうに色々教えてくれて、なかなか良い時間になりました。

研修で1 on 1を育成目的に使うようにと言われていたものの、彼は、私が育成するというのはおこがましいようなハイスペック人材なので、どうしたものかと思っていたのですが、あまり気負わず、私が彼から教えてもらったり、彼に語りたいことを語ってもらう時間にすればよいかなと思いました。きっと彼もその方が良いと思う。

その1 on 1後、早速3月末までの1 on 1のスケジュールの招待がばばばーっと来て、さすがと思いました。

ただ週に30分話をするというだけで、一体どんな変化が現れるのかわかりませんが、とりあえず続けてみようと思います。2~3か月後に現れるであろう変化、成果?が楽しみです。



by lucie1104 | 2019-01-26 20:16 | 仕事 | Comments(0)

管理職フォロー研修

一昨日の午後から今日まで、2.5日の研修でした。

お正月明けの一月、三連休もあるし、仕事が落ち着かない中で2.5日通常業務を離れるのはきついなーと思っていましたが、終わってみると、日常業務から離れて深く内省したり、社内の別の部署、事業所の人たちと一緒に討論したり、充実した時間を過ごせました。

自分自身「育成」を今年のテーマにしていましたが、研修の中でも人材育成の大切さが繰り返し強調されていました。

私が面倒を見るべきメンバー、後輩の育成については少し考えていましたが、さらにそれを深く広げて考えることができました。1 on 1も、早速やってみたい気満々です。

私が去年読んだこちらの本が、研修中にも紹介されていました。

ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法

本間 浩輔/ダイヤモンド社

undefined




研修中、自部署のあるべき姿を考えて、そのあるべき姿を実現させるための施策の提案するワークをやりました。つい先日、5年後にセカンドステージに移るとしたら、その前に今の仕事をやり切ったと思えないといけないなと思っていたところで、5年後のあるべき姿を考えるのは私自身タイムリーで、良い機会になりました。

グループワークで、イノベーティブな提案をしている人がいたりして、大いに刺激を受けました。

研修を受けた時はやる気がアップしても、日常業務に紛れて目標を見失わないように、今の気持ちを継続していきたいです。

本来は泊まりの研修でしたが、都内のホテルだったし、義両親に頼んだりがちょっと面倒で、通いで参加にしました。

おかげで子供たちにはそれほど負担をかけることなく(私は朝5時半起きで夕飯用意して7時に家を出たり大変でしたが)、私も通常通りに生活しながらこなすことがよかった半面、懇親会の後の二次会に参加できなかったり、二泊目の夕食も参加者で食べに行く機会を逃したのがちょっと惜しい気持ちも。

多分今年中にもう一回泊まりの研修がありそうなのですが、その時はどうしようかなー。義母に頼まずとも夫が対応してくれるのが一番なんですけどねー。でも帰宅時家の中が荒れていたり、子供たちの生活が乱れるのが嫌なんだよなー。

by lucie1104 | 2019-01-23 19:24 | 仕事 | Comments(0)

篠田真貴子さんNEWS PICKSの対談記事

今朝Facebookを見ていたら、元ほぼ日CFO、最近ほぼ日を退任された篠田真貴子さんがNEWS PICKSのご自身の対談記事を載せていたのが、目に留まりました。

タイトルが、「この世界は、何をして欲しいのか。」それが問題だ。

刺さるー。

私も同じような感覚をずっと持っていて、管理職試験の合否も、会社が、というか、世界が、私にそれを望むのであれば合格するだろうという気持ちでした。

私は、少なくとも55歳の役職定年までは勤めるつもりでいましたが、今の仕事で生涯の仕事を終わりにするのでなく、そのあと、次の仕事をしたいという気持ちがありました(きっとlife shiftの影響、笑)

でも、篠田さんの「仕事人生が60歳までなら、このまま走り切れるかなと思いますが、ここから20年、もしかしたら30年働くとしたら、小休止は必要です。私の場合、これまでの経験の貯蓄だけで、あと20年働ける気がしないんです。なにか、スキルや物の考え方をインストールしなおさないと無理だろうなと。50歳は、そういうタイミングなんですね。」という言葉に、はっとさせられました。

確かに、次の仕事をするつもりなら、55歳とか言っていないで、50歳でいったん区切りをつけて、すぐ次の仕事に移るのでなく、インプットの時期を作った方がよさそうですね。

50歳って、私にとってはたったのあと5年なんですよ。

収入がなくなってしまうことの不安もあるけど、5年で会社辞めてもいいかなと思ったらすごい解放感(笑)

一時期大学院に行きたいと思ったこともあって、仕事しながらできないかなと思ったりしましたが、思っているうちに5年過ぎちゃいそう。

まずは5年を一区切りと考えて、今の仕事のある程度ゴールを決めて、やり切ったと思えるくらい仕事に注力しようかな。次の仕事のことは多分考えても答えが出なさそうなので、いろんな人と会ったり、新しい場所に出向いたりして視野を広げて、いろんな可能性に対して自分をオープンにしていようと思います。そしたら何か舞い降りてくるかも。

by lucie1104 | 2019-01-18 21:29 | 仕事 | Comments(0)

上司と話

先週上司から、話したいことがあるのでと打ち合わせのインビテーションがありました。

わざわざなので結構大きな話だろうと思って、まさかまさかの海外転勤、、、とか本気で考えてしまったのですが、グループ内の異動の話でした(〃ω〃)

上司が10月からグループ長と部長を兼務していたのでそれが長くは続かないだろうと思っていたのですが、グループ内の同僚がグループ長に昇進して、私の上司は兼務を解除し、部長職選任になりました。

その同僚がグループ長になるという発想はなかったので結構びっくりしましたが、穏やかでいい人なので、やりやすくはありそう。私の上司になります。

今の女性上司は頭が切れて鋭い人な分緊張感も結構あったので、少しホッとする気持ちもあったりして。

10月にメンバーの急な退職で私は今メンバーなし管理職なのですが、1月から新たなメンバーを持つことになりました。

10歳ほど年下ですがすごーく仕事できる人なので、不安もありつつ、でも前の部下とはまた違うタイプなので新しい経験が積めそうとワクワクする気持ちもあります。

海外転勤、もし話があったらと考えてみて、一人だったら迷わず行くのですが、やはり子供達のこと考えると難しいなぁと。

娘はむしろいきたいと言ってるのでいいんですが、中1の息子は絶対イヤがるだろうなぁと。もし彼が行ってもいいと言ってくれれば行く、やっぱり行かないと言えば断わろうってことまで考えました。

息子だけ置いて(夫、義両親に任せて)行く事も不可能ではないかもしれないけど、離れることで一番心配なのは、受験のこと。中受してない彼にとっても私達夫婦にとっても最初の試練、がっつり立ち向かわなければ絶対後悔することになるだろうなと思います。

一方で一度断ったら、二度と来ないかもという焦りもありますが、焦りで選択するのはおかしいだろうと。自分に言い聞かせました。

半年間の駐在もあるかもしれなくて、それならなんとか息子を説き伏せられるかなぁと考えたりも。

結果的に取らぬ狸の皮算用ではありましたが、自分の中でのプライオリティが改めて明確になったので、考えたのは良かったと思います。


by lucie1104 | 2018-12-03 20:16 | 仕事 | Comments(0)

新しい派遣さん

今週から、退職した後輩のカバーとして、派遣さんに来てもらうことになりました。

英語がかなりできて、業界知識も多少ある人で募集をかけたら、すごいハイスペック人材の応募が6名もあってびっくり。

そのうち4名と実際お会いして、皆さまそれぞれに素晴らしい業務経験をお持ちで、人材っている所にはいるんだなぁと感心しました。

30分の面談で決められるのか心配でしたが、実際会ってみたら、上司と意見一致で1人の方に決まりました。

経歴も今回の募集に一番あっていたのと、フィーリングが合いそうな感じがしたので。

三日間一緒に働いてみて、感じ良さと、業務への取り組み方の真面目さが、思った以上で、この方に決めて良かった〜と嬉しく思っています。

業務の指示の仕方、教育の仕方で、逆に相手からがっかりされないように、頑張ろうと思います。

私のやっている仕事は基本的に単純作業的なものはあまりなく、企画、交渉など、頭を使って考える仕事なので、入ってすぐの人にやってもらうのはかなり無理があるので、数ヶ月から年単位で、少しづつ学んでいってもらえればと思っています。

なので今はその人に仕事をしてもらうことで、私の負荷が軽くなることは実はそんなにないのですが、かと言って私がずっと一人でやり続けていては、一人分以上の仕事は永久にできないわけで、人を育てるのが管理職の仕事と割り切ってやっています。

派遣さんなので、長くて三年後には契約終了になってしまうのが辛いところですが、そうして教育したり、手順書を充実させることで、新しい人を受け入れるスキルが上がればと思っています。


by lucie1104 | 2018-10-31 18:08 | 仕事 | Comments(0)

初めてのメンバーが辞めてしまう話

今年の四月から管理職になり、8月から始めてメンバーを持つことになりました。

私自身の業務目標にも部下の育成が加わって、どんな風に仕事を采配したり、フォローしたり、指導すれば良いか奮闘した二ヶ月でした。

が、なんと、先々週、その彼から「辞めます」との一言。

頑張って仕事してくれてると思っていたのですごいショックでした。

うちはメーカーなのですが、彼は元々経済学を勉強しており、元々証券会社で働いていました。

うちの会社がここ数年外国籍社員の採用に力を入れていて、その枠の中で採用されたのですが、やはり、業界的に合わないと思ったみたい。

入社から一年半、うちの部署に来て半年未満、まだまだこれから専門性を身につけて活躍して欲しいと期待していだけに、裏切られたような苦しい気持ちです。

たまたま外資系金融ではたらく友達に誘われて、うまく採用されたみたいで、そりゃまぁ彼の本来やりたい業界でしょうし、会社のネームバリューもあるところなので、とてもラッキーな話で。

私が彼の立場だったとしても、同じ選択をしたかもなぁと思います。

それに、一緒に働く側にしても、なんか違うと思っている人に仕事させるのも無理があるし、もう仕方ないと思うしかありません。

彼と話した時は、残念だけど、大人の対応でエールを送りました。

ただ、本心はと言えば、口には出さないけど、やめる話を聞いたあと、明らかに仕事の精度が下がり、半休を取りまくり、朝も遅刻ばっかりの態度に、結構イライラしています。

今月19日が退職日で、その日までは来るという話になってたのに、昨日、来週火曜か水曜から休みとっていいですか?と聞かれて、ガックリ。

引継ぎがちゃんと終わるまでは会社に来るように言いました。

会社で来てたら来てたで、イライラモヤモヤするので、私とチームの後輩女子の精神衛生上は早めに休みに入ってもらった方が良いかも。

でも一事が万事自分の良いようにしようとして、周りの人のことを気にしないのはどうにも腹立たしいです。

次の会社でもこんなんでやってけるのかしら?むしろ、酷い目にあって、少しは世間の荒波に揉まれればいいとか思ってしまう自分もいます…それともどこまで行ってもマイペースなのかな。

彼の退職後すぐに補充が決まるわけもなく、当面は派遣さん応募してしのぐそうで、しんどい日々が続きます。

愚痴って少しスッキリしました。

前を向いてがんばろ。







by lucie1104 | 2018-10-06 10:51 | 仕事 | Comments(0)

環境変化

近頃仕事の環境変化が激しいです。

一緒のチームで仕事していたマネージャー女性(後輩だけど、元上司)が、八月から産休に入り、部長が今月退職、現上司がこれまでのポジションと兼務で部長に昇格することになりました。

つまりは、私の負担激増。

ふと気づいたら、私より上の人1層分減った感じ。周りを見渡せば後輩ばかり。

来月も人員の変更があって、仕事が回るのか不安の日々です。

契約社員を雇うことになってくれていますが、仕事を教えたり、フォローする手間はかなりのものだし、私が楽になるくらいまで覚えるにはかなりの年月が必要なんですよねー。

つい愚痴ってしまいますが、仕方がない。

裁量権を増やしてもらえるようなので、スピーディに物事を決めて進めたり、無駄なことに時間を使わないようにしたり、他の人にやってもらえるよう促していくことで、なんとか回せるようにしなきゃです。

仕事のやり方も見直して頑張ろう!

by lucie1104 | 2018-09-27 12:58 | 仕事 | Comments(0)

後輩の育成

新年度が始まりました。

4月から一応マネジャーになりますが、すぐ部下は持たず、しばらくトレーナーとして、新しく部に配属された人の指導にあたります。

これまでも後輩、新しく部に配属された人、派遣さんに仕事を教えたことはあるのですが、今度来る人はゆくゆくは私のメンバーになるということで、半年くらいの育成プランを3月中に考えるように上司から言われて、いろいろ考えていました。

ただ教えるより、その人の成長について任されているようで、責任も重いですが、人を育てるという新しい仕事にワクワクしています。

初日の昨日は、研修続きでしたが、16時から空いていたので、面談をしました。

私はトレーナーの立場で、実際に評価するのは、別の人になるので、3人で。

そのトレーニーKさんは、韓国の方なんです。

大学で何を学んだか、うちの部に来る前の部ではどんな業務をしてきたか、今後どんなキャリアを望んでいるか、などなど、いろいろ深い話ができて楽しかったです。

日本語もかなり上手ですが、小学生時代アメリカに3年間住んでいたので、英語はかなりできるし、中国に留学経験もあって中国語もできるハイパー人材。国籍が違うので、いろいろと文化的にも違う面があって、部に新しい風を吹き込んでくれそうです。

私も育成手法について学んだり、彼の教育にある程度時間をかけて、彼の成長に貢献したいなと思います。

今中原先生のこちらの本を読んでるところ。

はじめてのリーダーのための 実践! フィードバック

中原 淳/PHP研究所

undefined



by lucie1104 | 2018-04-03 13:30 | 仕事 | Comments(0)

研修

4月から新たに管理職になる社員向けの一泊二日の事前研修がありました。

ホテルに缶詰めで、プログラムは人事部長、社長の講話、人事制度の説明、コンプライアンスなど、固そうなお話ばかり。

正直それほど期待していなかったのですが、思ったより皆さんプレゼンが上手くて、あっという間の一日半でした。

ワークショップもあって、同期管理職の皆さんとグループワークをしました。普段接することのない他部門の人たちの話を聞くのも面白かったし、日常業務から離れてじっくり内省できる良い機会になりました。

この一回の研修で終わりでなく、五月からはEラーニングで色んなことを学び、来年頭に再びホテルで二泊三日のフォローアップ研修があります。

ついこの間、中原淳先生の駆け出しマネジャーの成長論という本を読んだのですが、そこに、多くの企業は、管理職になってすぐコンプライアンスなどの必要最低限の研修を行った後、それ以上のきちんとした研修を行わないことが問題になっているというようなことが書いてあったのですが、うちの会社はすごいしっかりケアされててありがたいなーと思いました。

駆け出しマネジャーの成長論 - 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ)

中原 淳/中央公論新社

undefined


そして、研修の終わりに、なんと上の本が全員に配られ、なるほどね!と思いました^^

研修を研修だけで終わらせず、実践に移せるよう、4月から学んだことを生かして頑張ろうと思います。

来週頭に、他部署から異動してくる私のトレイニーとの面談があるので、ドキドキワクワクしています。


by lucie1104 | 2018-03-30 13:07 | 仕事 | Comments(0)

管理職試験合格

今週は、学童落ちたというショッキングなニュースとともに、会社で挑戦した管理職試験に無事合格したというお知らせもあって、盛沢山な一週間でした。

私が入社した20年以上前は女性管理職比率はかなり低かったのですが、ここ数年時流に乗って、社内女性管理職はどんどん増え、同期の女性(ワーママ含む)も毎年誰かしら管理職になってきていて、私も自分事として考えるようになってきました。

私自身、3~4年前に仕事で目立って成果を出せたことがあって、そのあと「管理職になる意思があるか」聞かれて、「はい」と答えました。

そして今年度試験にチャレンジする機会に恵まれ、夏頃に筆記試験を受けて合格し、12月に面接を受けて、今回合格の知らせを受けました。

会社組織で働く以上、管理職になることは、これまでの成果や自分自身の能力を認められたように感じられるものでもあり、合格できたことはとてもうれしいです(本来管理職になることと、仕事の成果とはそもそも別の話で、いくら仕事ができても管理職に向いていない人もいますが)。

40代半ば、仕事のキャリアも20年以上積んだところで、新たな挑戦をさせてもらえることに感謝の気持ちもあります。この先10数年をこのまま一般職でずっと行くのはしんどかったと思います。

一方で、来月からは部下を持って、部下に仕事を采配し、評価するというこれまでと大きく違う仕事が待っているので、不安もあります。

管理職として働くということは、他者への働きかけが必要になるということ。

近頃LINEで登録して毎日メルマガを読んでる中原淳先生の本を読んでみようかなーと思います。




by lucie1104 | 2018-03-04 10:30 | 仕事 | Comments(2)


読んだ本の簡単レビューと日記


by lucie1104

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

さなごんさん ありがと..
by lucie1104 at 21:19
おめでとうございます!娘..
by さなごん at 20:58
さなごんさん、黄色マグ、..
by lucie1104 at 17:38
娘ちゃん、おめでとうござ..
by さなごん at 20:12
> さなごんさん 黄色..
by lucie1104 at 19:12
マグカップが!! 私も..
by さなごん at 22:29
お仲間ですね〜♪♪ブログ..
by lucie1104 at 13:03
私も6話から見出してはま..
by さなごん at 13:09
みゅうちゃんも去年から管..
by lucie1104 at 13:17
さなごんさんも学童落ちる..
by lucie1104 at 13:16

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル