人気ブログランキング |

<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

手ぶくろを買いに

手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)

新美 南吉 / 偕成社



とっても優しい気持ちになれる絵本で、気に入って最近よく寝る前に読み聞かせしています。

黒井健さんの絵のきつねの坊やの愛らしさ(人間の家の前で、てぶくろを握り締めて、親子の会話を聞き入っているところが一番好き)、里山の雪景色(私にとってはスキー場でしかお目にかかったことのないような、一面の雪野原)、一昔前の懐かしいような町並み、どのページをめくっても、美しい絵でワクワクしてしまいます。

新美南吉のテキストも良いです。少し古めかしくて、今では使わないような表現がまた、声に出して読んでみるといいんです。子ぎつねの「お手手がちんちんする」とか、「シャッポ」(帽子って意味なのねー、知らなかった)とか。

母ぎつねの「ほんとうに人間はいいものかしら、ほんとうに人間はいいものかしら」という余韻が残る終わり方もいいですね~。

今年のGWに清里に行くので、黒井健さんの絵本ハウスに行ってみたいな。

***********************

先日こんなことを書いたばかりというのに、昨夜も今朝またくだらないことで息子についねちねち怒ってしまった~。あー、反省。今はまだ「じゃあ、おばあちゃんちの子になれば?」なんてひどいこと言っても、「いやだー、ママの家にいるー。」なんて泣いてくれるけど、そのうちホントに呆れられちゃうかも・・・。

いくら心がけたって、育児してるとどうしても自分の器の小ささが露呈しちゃう。「この時期の子供は大変だから」とか、「仕事も家事もあって大変だから」とか、そんな言い訳はしたくないから、もうひたすら忍耐と、愛で頑張ろう。

子供に好かれようとする態度は親として間違いというような考え方もあると思うのだけど、私は子供時代父のことが嫌いで嫌いで、それがまた辛かったという経験があるし、それにやっぱり愛する子供には愛されていたいから、子供に愛されるような人格を備えたいです。媚びるのとは違うんだけど。その辺のバランスも難しいね。
by lucie1104 | 2009-03-30 12:25 | 絵本 | Comments(0)

会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く

会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書) (光文社新書)

勝間和代 / 光文社



勝間さんの新刊。またまたうならされてしまいました。
勝間さん次々と新刊を出されていますが、どの本も今の日本を生きる人達にとって切実なメッセージが含まれており、一見多くの作品を世に出すことが目的のように写るかもしれないけれども、読んでみれば一冊一冊が必然性のあるものばかりということに毎度驚かされます。

今回のこの本も素晴らしい。終身雇用というある意味タブーな領域にざっくりと切り込んでいます。そして、読めば読むほど、この終身雇用という制度の弊害、安心なようでいて、日本の社会全体がとてつもなく大きなリスクを抱えていることを感じました。

多分終身雇用によって利益を得ている人達は、既得権益を離さないでしょうし、かといってこの終身雇用の弊害を受けている人達(出産によって仕事をやめた後に再就職を求める女性や、なかなか正社員につくことのできない若者達)は、この制度を終わらせる力がない、ということにもどかしさを感じますが、そこは勝間さん、この制度を今すぐ個人でどうにかできるわけではないけれど、読者一人ひとりができることも、きちんと解説されています。

読者の私達ができること、それは、サブタイトルの通り、リスク・リテラシーを磨くということです。リスクについて考えないことは、ある意味楽な生き方だけど、いくら見ないようにしても、ないものにしようとしても、実際リスクというものは厳然と存在するわけで、とても危険な生き方。逆にリスクを考慮して生きることは、人生の自由度を高めることにも繋がるわけです。

リスクの話の中で、仕事や資産(預金など)におけるリスクだけでなく、例えば食品添加物などのリスクについても触れられているところが勝間さんらしく、リスクというのは実は生活のあらゆる場面に潜んでいるものであり、そこを意識することでリスク・リテラシーは磨かれる、ということです。

私自身、リスクをとる生き方をしてこなかったけれど(折々に転職など考えつつも、結局新卒の会社をやめずに10年ですから)、リスクをむやみに怖がることないんだなーと思えたのが良かったです。
by lucie1104 | 2009-03-24 14:35 | 自己啓発 | Comments(0)

パンに合う家のごはん

パンに合う家のごはん

堀井 和子 / 文化出版局



やっぱり堀井和子さんのセンスって素敵~と、わくわくしながら読みました(眺めました?)
写真が満載でいいです。表紙からしていいですね。

堀井さんの家ごはんを毎食大切にしている感じ、なかなかできないんだけど、憧れます。

週末の自分で焼いたパンとワインを美味しく楽しめる夕食メニューは、がっつりごはん党のうちじゃありえないんだけど、お客さんの時などにやってみたいな。

とってもおしゃれで、でも決してお店では味わえない、フレンチのような、でもちょっと和のセンスも入ったようなごはん。そんなごはんを家族のために作れたらいいですねー。

たくさん持ってらっしゃるテーブルクロスも全部素敵~。私もクロス新しいの欲しいなあ。あとトレイも。
by lucie1104 | 2009-03-24 13:03 | 料理 | Comments(0)

星に願いを

星に願いを

庄野 潤三 / 講談社



うさぎのミミリー」を初めて読んで以来、庄野潤三さんの一連のこの日記のような小説シリーズのファンです。

もう80歳を超えられた庄野潤三さんの日々の暮らしについて綴られています。最初は同じことばかり書いてあって「何これ?」と思ったのですが、なんかそれが不思議な魅力になっているのです。

毎日自宅から散歩をすること、夕食後にハーモニカで童謡を吹くこと、年に2回両親とお兄さんのお墓参りに大阪に行くこと、時々子供や孫を連れて宝塚を観にいくのを楽しみにしていること、その時宿泊するホテルや、夕食に食べるものまでほとんど変わらないんだけど、その変わらないことが読んでてとっても心地いい。

変わらない日々の生活の中で小さかった孫のふーちゃんが、高校生になって、吹奏楽部の演奏会を聞きに行くという楽しみがまたひとつ増えたりという登場人物たちの小さな成長を感じられるのも楽しみのひとつ。

庄野さんご自身が、あえて嬉しかったこと、楽しかったことを選んで書いていると仰っていたように、バラが咲いたことや、庭にめじろがきたことなど、日々の生活の小さな幸せがたくさん詰まっています。奥様をはじめ、また成人され、もう家族どころか、お孫さんまでいらっしゃる娘の夏子さんや、息子さん達がまた皆気持ちよい人達で、庄野さんが恒例の食事会でご馳走を振舞うと、毎回ちゃんとハガキや手紙でお礼状を出したりしていて、私ももっと両親孝行しなきゃなあなんて、優しい気持ちになります。

庄野さんが、作家の江国香織さんとの対談で、「もう書くのはやめろというまで続けます」と言ったら、江国さんが「誰もいいません」と言っていたと、この本の中に書かれていましたが(その対談は文庫のうさぎのミミリーに収められています)、本当に、この本の続きを読むのがとっても楽しみなので、長生きされて、ずっとこの小説が続いて欲しいなあと思います。
by lucie1104 | 2009-03-24 12:53 | Comments(0)

100%幸せな1%の人々

100%幸せな1%の人々

小林 正観 / 中経出版



ご本を読むのは初めてです。お名前を聞いたり、小林正観さんの言った言葉なんかは、目にしたりしてるんですが。

前向きに、努力してバリバリ前進しよう系の本もいいけど、こういう本もまた、自分を改めて見つめなおすのに良いですね。

聞いたことがあっても、やっぱり心に響く言葉がたくさん(聞いたことあっても実践できていないし)

自分の周りで起こっていることや、今自分の置かれている環境に、幸・不幸の区別はなく、幸せというのは、その人がどう感じるかというだけのこと。だから、こうなったら(お金がたくさん手に入ったら、とか、身近な人がこうなってくれたら、とか)幸せということはなく、今自分が手にしていることすべてを受け入れることができ、幸せと感じられたら、100%幸せになるんだということ。

それから、私の夫は私にちょうどいい、私の子供は私にちょうどいい、私の親は私にちょうどいい、ということ。家族は自分を磨いてくれる砥石であり、相手を変えようとするのではなく、そのままの相手を受け入れることが大事。

子育てについては、怒ったり、怒鳴ったり、イライラして、子供をコントロールしようとするのはダメ。こうして欲しいという要求があっても、ニコニコしながら言って、そのまま言うことを聞かなくても怒らない。というのは、怒って言うことをきかせようと親がすれば、子供だって同じようにしてしまうから。育児の中でいかに自分の感情をコントロールすることを学ぶのは、人格を高めるチャンス。子供に向き合う必要はなくて、子供に生きる姿勢を示していくことが大切。

人を喜ばせることが、充実した人生。頼まれたことをどんどん引き受けていくと、自分がどんなことが求められているのかということが見えてくる。

つわりによる体調不良のせいもあって、子供についイライラしてきつく当たっちゃったり、夫にも八つ当たりしていた自分を超反省しました。怒鳴ったり、怒ったりしていいってことはないんだなぁ。

掃除も、かなり家の中が乱雑になっているので、もう少しきれいにしようと心がけよう。産休入ったら大掃除しよと。
by lucie1104 | 2009-03-17 12:01 | Comments(2)

スカンジナビアン・スタイル2009年03月号

スカンジナビアン・スタイル 2009年 03月号 [雑誌]

イーストリーム



表紙とサブタイトル「北欧物語 作家たちの心を旅する」に惹かれて。

リンドグレーンの特集記事がたくさん載っていました。写真も素敵で見てるだけで楽しいです。

リンドグレーンは、昔から大好きで、最初に読んだのは、「名探偵カッレくん」のシリーズかな。百夜のスウェーデンでは、夕食後の夜9時頃にカッレたちがまた外で集まったりするというのに、感心したりしました。

その後NHKBSでやっていたラッセ・ハルストレム監督の「やかまし村」シリーズにものすごくはまって、ビデオに撮ったのを何度も何度も繰り返して見たり。もちろん「ロッタちゃん」の映画も恵比寿に見に行きました。

今とは違ってテレビもゲームも何にもない田舎の中で、尽きることなく面白い遊びを作り出して楽しんでいる子供たちが本当に楽しそうで憧れたなあ。

そしてもちろん北欧の景色や、家の中のこまごまとした調度品もまた魅力的で。

リンドグレーン以外にもたくさんの北欧の絵本や児童文学が紹介されているので、それらも手に取ってみたいと思います。クレヨンハウスにでも今度探しにいってみよう。

何より、北欧に行ってみたい!

そうそう、あと、たまたまその日ネットサーフィンして見つけたこちらのブログの著者が、この本にエッセイを書いていたのでびっくり!過去ログもしばらく楽しめそう♪本も出されている方なのですねー、今度本屋で探してみよっと。
by lucie1104 | 2009-03-12 12:12 | Comments(0)

心と響き合う読書案内

心と響き合う読書案内 (PHP新書)

小川 洋子 / PHP研究所



小川洋子さんによる読書案内。TOKYO FMで未来に残したい文学遺産を紹介するラジオ番組のパーソナリティをされていたそうで、その内容をまとめたものです。

まえがきの中で、

本書により、昔々に読んだ本と再開するきっかけが生まれてくれたら、と願っています

とあるとおり、古典的な名作が並んでいて、50作ちょっとの作品の中に『枕草子』、『おくのほそ道』や梶井基次郎の『檸檬』が入っているのが驚きでした。何百年も昔の作品や、教科書に載ってたのは覚えているけれどあくまでお勉強用の小説といった先入観を持っていた作品についても、純粋に楽しめるものなのか!と、目からウロコでした。

小川洋子さんの書評は、今まで読んだエッセイの中でも読んだことがあり、この人は、書き手としてだけでなく、読み手としても一流な人だと思います。紹介された本は、本当に全部読みたくなります。

この本の中で紹介されている中に『秘密の花園』、『窓ぎわのトットちゃん』など、子供の頃にわくわくしながら読んで大好きだった作品があって、私もぜひもう一度読んでみようと思いました。それから読んでいないけどずっと気になっていた『銀河鉄道の夜』、『こころ』、『ダーシェンカ』、『星の王子さま』などなど、小川洋子さんのお墨付きとあれば、絶対読まなきゃぁ。

まえがきからもう少し引用

私がラジオ番組とかかわって得た最も大きな収穫は、再読の喜びを知ったことでした。どれほどの時間が空こうと、本はちゃんと待ってくれています。年齢を重ねた自分に、必ずまた新たな魅力を見せてくれます。
by lucie1104 | 2009-03-11 12:10 | Comments(0)


読んだ本の簡単レビューと日記


by lucie1104

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

さなごんさん ありがと..
by lucie1104 at 21:19
おめでとうございます!娘..
by さなごん at 20:58
さなごんさん、黄色マグ、..
by lucie1104 at 17:38
娘ちゃん、おめでとうござ..
by さなごん at 20:12
> さなごんさん 黄色..
by lucie1104 at 19:12
マグカップが!! 私も..
by さなごん at 22:29
お仲間ですね〜♪♪ブログ..
by lucie1104 at 13:03
私も6話から見出してはま..
by さなごん at 13:09
みゅうちゃんも去年から管..
by lucie1104 at 13:17
さなごんさんも学童落ちる..
by lucie1104 at 13:16

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル