人気ブログランキング |

<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ママはテンパリスト

ママはテンパリスト 1 (愛蔵版コミックス)

東村 アキコ / 集英社



ママはテンパリスト 2 (愛蔵版コミックス)

東村 アキコ / 集英社



ママはテンパリスト 3 (愛蔵版コミックス)

東村 アキコ / 集英社



同僚の男性(うちと同じ1歳の子持ち)に強力に勧められ、高校友人にも漫画の中の一エピソードを聞いてそれがあまりにおかしくて、お買い上げ。

これ面白ーいですo(>▽<)o

ああ、もう、電車の中では吹き出しちゃうので危険すぎ。

同じ男の子を育てているとはいえ、ごっちゃんのキャラはあまりに強烈で、それに対するお母さんのリアクションもすっごくおかしくて、共感を呼ぶ~というより、もうびっくりな感じです。

あーでも、ごっちゃんをびびらせるために、追いかけ始めたら本気のスイッチが入っちゃうところとか、私もあるなぁ^^

それに恥ずかしながらうちも4歳までおっぱい飲んでたので、その点も共感&うれしい。

上記高校友人は、産後2カ月でこれを読んだので、「面白いけど、大変そう(^▽^;)」という感想が私には新鮮でした。

確かにまだ育児未経験の人が読むと育児の大変さとか、面白さがリアルに伝わっていいかも。

最初に勧めてくれた同僚男性は、1歳の息子さんがごっちゃんみたいになるのが楽しみと言っていましたが。

成長していくごっちゃんが今後どうなっていくのかまた楽しみです。
by lucie1104 | 2011-01-31 08:04 | Comments(4)

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣

小山 龍介 / 東洋経済新報社



HACKSシリーズ小山龍介さんの著書、以前から知っていたけど、最近やっと読みました。

「整理」って本当に私にとって大きなテーマです。

会社のデスクの整理、PC内のファイル・メールの整理、家のクローゼットの中のものの整理というものの整理から、家計や自分のやりたいこと、思考の整理、などなど。。

はじめにの中で、「これまでの整理方法ではおいつかなくなってきた原因は、携帯電話やインターネットの普及。これまでの整理のやり方では想定していなかった早いスピードで情報が行き来するようになり、整理しきれなくなった」と著者。

というわけで、発想を転換させ、従来の整理のやり方とは違った手法が必要になるそう。

あとはじめにのなかで響いたもうひとつのフレーズが↓

クリエイティブな仕事があるのではない、仕事をクリエイティブにやるかどうかが重要だ。退屈な整理という作業をどれだけクリエイティブに、楽しく変えていけるかということが仕事や人生のクリエイティビティや楽しさにつながっていくのだ

そんなわけで89+1のHACKSが紹介されています。

デジタル機器を使うハックが多いので、初期投資が必要だったり、そもそもデジタル音痴な私に使いこなせるかと、ハードルが高かったりするものも結構ありますが。

書類ハックが仕事上使えそうなものが多かったです。

「プリントアウトは容赦なく捨てる」とか、「紙の書類はクリアホルダーで時系列管理」とか、「100円ノート1冊に情報集約する」とか。「Eye-Fiを使って写真データのアップロードを自動化」っていうのがかなり気になっています。

情報ハックのTwitterでライフログをとるというの、Twitterずっとやろうやろうと思いつつ、まだ手を出してないのでこれを機に始めようかなあ。。せっかくiphone買ったのにブログ閲覧しかしてないので、もう少し活用しないと~^^;
by lucie1104 | 2011-01-30 08:32 | Comments(2)

花さき山

花さき山 (ものがたり絵本 20)

斎藤 隆介 / 岩崎書店



先日ご紹介した俵万智さんの「かーかん、はあい」で紹介されていた絵本。→過去記事はこちら
保育園にあったので借りてみました♪

山の中で道に迷ってしまった10歳のあやは、山姥に出会い、

その山の中で一面に咲いている花がどうしてさくのかそのわけを教えてもらう。

あやは、妹が祭り着を欲しがった時、家が貧乏で二人分は買えないことを知ってたから、

「おらはいらねえから そよサ かってやれ」としんぼうした。

その時、赤いきれいな花が咲いた。

この花さき山いちめんの花は、みんなこうしてさいた。

つらいのをしんぼうして、

じぶんのことより ひとのことを 思って

なみだをいっぱいためてしんぼうすると、

そのやさしさと、けなげさが、

こうして花になって、さきだすのだ。


とっても良い話で、私自身がじーんと感動してしまいました。

「自分を犠牲にして、人のためにやさしくしてあげること」、

とても大事だけど、なかなかそうしなさいと口で教えるのが難しい価値観。

「情けは人のためならず」で、人のために何かしたとき、還ってくることがあるというのもあると思うんだけど、

そういう損得ではなくって、山奥でひっそりと人知れず美しい花が咲く、そんなイメージが、善い行いを後押しするものであったらいいなあと思います。

読むだけで十分で、この本を使ってその価値観を、というのもちょっと野暮な気もしますが、

あまりに印象的だったのもあって、5歳の息子が、1歳の下の子と物の取り合いをして譲ってあげたりすると、「今花さき山に花が咲いたね~」なんてつい言ってしまいます。

最初山姥の絵を見て、「これ、怖い話でしょ?」と息子は言っていて、私も表紙を見たときは正直好きな絵ではなかったのですが、読んで行くうちに、この民話風のお話に、ちょっと土臭い感じがぴったりで、いいなぁと感じてきました。

この本の本当の良さはまだ理解できないと思うのですが、繰り返し読んでいきたいなと思う絵本でした。
by lucie1104 | 2011-01-17 06:07 | 絵本 | Comments(4)

欲ばりワードローブ

欲ばりワードローブ

進藤やす子 / 産業編集センター



遅くなりましたが、新年初投稿です。今年もよろしくおねがいしますm(_ _)m

この本は、書店で「あら可愛い表紙」と手にとってパラパラめくってそのままお持ち帰りしたのですが、ヒットでした♪

著者の進藤やす子さんはオシャレ好きなイラストレーター。彼女自身のお気に入りワードローブを、普通の人がいかに着映えするかという視点で、紹介しています。

ところで私は衣食住でいうと、優先順位が食・住・衣。

洋服にお金かけるなんてもったいないし、流行の服を毎シーズン買っては捨てたりなんてエコでもないし、、それにそもそも人は外見を飾るより内面を磨くべきだと思っているので、「衣」に時間も手間もかけてなかったんです。。

思春期以降それなりに興味をもった時期はあったけど、センスがなくて素敵に着こなすことができず、あきらめちゃったところもあり。。

それに対して、私の夫の母は、まさに衣・食・住の人!

よく「そのコートいつかったもの?」とか、子ども達の服にも「それお下がり?」とかたびたびチェックが入り^^;(「○○さん、そのピンク似合うね!」とか、「その帽子可愛い」なんて褒め言葉も頂けるんだけど。)

会うときには、洋服にすごーく気を使うようになりました。。

で、どうせ洋服買うなら、似合う服を素敵に着こなしたい!流行に流されてる風ではなく、でもそれなりに今素敵に見えるスタイルを!って思うんです。

そんな私にとって、とっても参考になるほんでした。

進藤さんは、私と同世代みたいで、いまどきっぽい格好ではあっても、若づくりにはなってない絶妙なスタイリングでツボです♪

そして「この服が可愛い」だけでなく、バッグの刺し色をこうやって効果的に使う、とか、このトップスならこの靴がバランスがいい、大人の女性に似合うニットのシルエット、ストールの巻き方などなど、とっても参考になるおしゃれのテクニック&理論が満載♪

おしゃれってお金かけるだけじゃなくて(お金もある程度必要だけど^^;)、頭を使っていかに上手に、着まわすかってことなんだな~とわかりました。

進藤さんのブログもあります。絵も可愛いし、面白い→やす子のB級図鑑

ファッションについては、昔ご紹介したスタイリスト大草直子さんの本も、私にとってはバイブルでたびたび読み返しています。おすすめ→
by lucie1104 | 2011-01-12 07:06 | 美容・ファッション | Comments(2)


読んだ本の簡単レビューと日記


by lucie1104

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

さなごんさん ありがと..
by lucie1104 at 21:19
おめでとうございます!娘..
by さなごん at 20:58
さなごんさん、黄色マグ、..
by lucie1104 at 17:38
娘ちゃん、おめでとうござ..
by さなごん at 20:12
> さなごんさん 黄色..
by lucie1104 at 19:12
マグカップが!! 私も..
by さなごん at 22:29
お仲間ですね〜♪♪ブログ..
by lucie1104 at 13:03
私も6話から見出してはま..
by さなごん at 13:09
みゅうちゃんも去年から管..
by lucie1104 at 13:17
さなごんさんも学童落ちる..
by lucie1104 at 13:16

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル