人気ブログランキング |

<   2013年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

日フィル夏休みコンサート

日本フィルハーモニー交響楽団の「夏休みコンサート」という子供向けのコンサートに行きました。

http://www.japanphil.or.jp/

3部構成で、2部にバレエ「くるみ割り人形」の抜粋があるということで、バレエに興味ある娘に初めて舞台を見せるのにいいかな~と思って。

バレエの方はスターダンサーズバレエ団

三部構成の一部はクラシック音楽。ベートーベンのトルコ行進曲、メンデルスゾーンの結婚行進曲、オッフェンバックの天国と地獄、それにスターウォーズのテーマ。

子どもが飽きないような短めで、アップテンポで、聞き覚えがある曲もあって、子供たちも飽きずに聞けたみたい。

しかも前から二列目だったので臨場感がすごかった!

司会の女性が合間合間に出て来て曲の解説などをしてくれるのも、間伸びしなくて良かったです。

休憩を挟んで、二部のバレエは、オケが少し後ろに下がってそのまま舞台に残り、その前でダンサー達が踊ります。

抜粋ながら一応ストーリーになっていました。息子はあくびしてましたが;^_^A娘は熱中してました。

ドロッセルマイヤーのマントの下で、くるみ割りが王子になるシーンに「すごーい!」、ロシアの踊りのダンサーがグルグル何回もピルエットするのに「すごーい!」(笑)

帰宅後、夫に説明したり、ピルエットの真似して踊ってみせたりしていました。

三部は、となりのトトロのさんぽ、童謡のうみ、ONE PIECEのウィーゴーを皆で歌って、最後にホルストの木星で占め。

息子は始まるまで「聞くだけ?劇はないの?」と不満げでしたが、終わったあとどうだったか聞いたら「結構面白かった」と言ってて、やった〜と思いました。

大人も子供も楽しめる楽しいコンサートでした♪

今回は大宮ソニックシティだったのですが、今度はサントリーホールで聴きたいなぁ。
by lucie1104 | 2013-07-29 17:48 | 子どもとおでかけ | Comments(0)

親キャリ勉強会シーズン2第2回その1

先週末『親になったわたしたちのためのキャリア勉強会』に参加しました。

シーズン2第2回の今回のテーマは、前回の『わたしの「1mm」』の続きで、『ちいさな芽の世話をする』です。

事前にツイッターで、↓の課題が出されていました。

・大好きなこと、興味があってやってみたかったことをリストアップ
・ひとりでやるもの/ひとと一緒にやるものを分ける
・好きなことを人と一緒に、できたらリーダーシップをとってやる

やりたいことのリストアップは、これまでにも何度かやってみたことがありますが、『人と一緒にやる』という切り口では考えたことなかったな。

事前にはできなかったのですが、実際にプライベートな活動でリーダーシップを取ってみた方達の感想が参考になりました。

・人と一緒に実際にやろうとすると、本当にやりたいのかどうか本気度が試される

・人と一緒にやるからこそ、そこから自分が何を得たいのか、皆に何を得てもらいたいのかを明確にする必要がでてくる

・パートナーと一緒にやってみて、お互いの得意分野や持ち味が分かった

・プライベート分野でのリーダーシップ経験により、職場でも積極的に仕事に関わるようになった


私も勉強会の後、リストアップしてみました。色々あるんですが、大別すると、部屋の片付け・模様替え系、子どもとどこか旅行や遊びに行きたい系、個人的な趣味系に分かれる感じ。

① 個人的な趣味の分野は仲間を集めてできなくもなさそうだけど、仕事と育児に重点おいてる今、それをあえてやりたいかっていうとそこまでの気持ちでもないかなぁ。

② 子どもとの旅行は、ママ友に声をかけて、スキーやキャンプ、やろうかなって思えてきました。

③ 部屋の片づけ系は、一人でやると思っていたけど、よく考えてみれば家族を巻き込んでやれば、「ひとと一緒にやること」になるかな?でも夫を巻き込んで部屋の片づけというのは、別の意味でヒジョーにハードル高いなぁ。


というわけで、一番現実的なのは②かな?

このワーク、ついリストアップに夢中になってしまいましたが、そもそもの目的は「1mmを育てる」

仕事の場でうまく自分の「1mm」を見つけたり育てたりすることができなくても、自分が大好きなこと、やってみたことで、試してみればもっと伸ばしていけるかも?

かぶりえさんの言葉で言うと「責任と失敗の影響範囲の小さい場所で自分を試す」ということ。

ただスキー旅行を企画するにしたって、友達に声かけてやるとなるとお金も時間もかかるし、皆に満足してもらいたいという責任も出てくるなぁとやる前から感じます。

1mmって、人と比べて1mm分でも頭が出てる部分てことだから、自分ひとりの中で完結する活動ばかりしていてもわからないんですよね。

うん、1mmを意識して、何かやってみたいと思います。

このワークの出典の本も面白そう。読んでみます。

最高の人生と仕事をつかむ18分の法則

ピーター・ブレグマン / 日本経済新聞出版社



大分長くなってしまったので、後半はまた後日!
by lucie1104 | 2013-07-27 09:27 | 自己啓発 | Comments(0)

【小2息子】今年の夏休みの宿題

今年の宿題ラインナップはこんなです。

(去年の記事⇒小学一年生の夏休みの宿題

■ 漢字ドリル48ページ、計算ドリル12ページ

去年はプリント数枚で2日で終わらせてしまったのですが、今年はそんなわけにはいかなそう。。

夏休み初日から6日間夫の実家に子どもたち預けたので、その時に持っていかせて一日2ページやるように義母にお願いしておきました。

どうかな~と思ったけど、漢字ドリル30ページ、計算ドリル10ページ終わらせてた!やった!

この調子で7月中に終わるかな。

■ 夏休み読書の記録5冊分

感想文はいらなくて、題名と作者と読んだ日の記録だけ。

今は学校の図書館で借りたこちらを読んでいるようです。でも6日間で一冊の半分くらいだそう。

死神レストラン (怪談レストラン)

童心社



読書苦手(読んでもらうのは大好き)で、このボリュームの本を一冊読み通したこと今まで1回しかないのですが、マジックツリーハウスでもゾロリでもなんでもいいので、頑張って夏休み中に5冊読んで達成感をあじわって欲しいです。

■ トマトの観察日記2枚

不在中に枯らさないか一番の今の懸案事項。マンションの共有部分で園芸をされているおばさま方がいるので、水遣りをお願いできないか頼んでみようかと思うのですが、、勇気いるなぁ。今私のバジルとミントもすごい元気で枯らすの惜しいので頑張らなければ。

■ 絵日記2枚

フォーマットがグレードアップしてる。去年は学童の遠足と、キャンプのことで書いてました。今年は後半に旅行するので、8月末ギリギリになっちゃうけどそれで描かせたいな~。

そういえば去年は息子だけが行った学童の遠足とキャンプの絵日記で、それはそれでどんなことしたのか、どんな風に思ったのかが分かって面白かったけど、一緒に行く旅行の絵日記を書かせるのもまた面白そう。

■ 自由工作

夏休み直前に参考書を一冊買いました。

小学生の自由研究 1・2年生

成美堂出版



見たら色々作りたくなったみたい。とりあえず牛乳パックのウクレレを作ると言っていました。土日しかできないので、のんびりしないで早めに終わらせよう~。

■ チャレンジ夏休み

今年は去年より項目が少なくなっていました。ホッ。「おふろをあらう」「ほしを見る」など10項目。これは大丈夫かな。

■ 母の宿題。

学校のプリントにこんなチェック表がついていましたよ。ギリギリになって焦らないように、8月前半土日でちゃんとチェックしようと思います~。

f0176860_9461752.jpg

by lucie1104 | 2013-07-26 09:24 | 育児 | Comments(0)

むすめ4歳の誕生日

誕生日当日は平日夜で仕事で遅くなる予定だったので、お休み中に誕生日会をしました。

f0176860_11201337.jpg


今年の誕生日は前からすごく楽しみにしていて、6月から、7月になったら誕生日、7月に入ったらあと何回寝たら誕生日?と聞いてきていたほど。

当日は、娘の好きなピザを焼きましたが、暑くて食欲いまいちだったっぽくあまり進まず残念。

f0176860_11201392.jpg


ケーキはチョコレートケーキをリクエストされてたので、なかしましほさんのチョコシフォンにデコレーション。

ダークチェリーが黒くてなんかいまいち…。しかも甘さが足りなかったようで、子どもウケもいまひとつ…。

f0176860_12531495.jpg



プレゼントは、ミニピアノを欲しがっていたのであげました。

f0176860_12531567.jpg


5月にたまたまおもちゃ屋さんで見てからずーっとぶれずにピアノと言い続けてきたので、大変な喜びよう。

あとワンピースなどもあげたんだけど、毎日着るほど気に入ってくれて良かった〜。

誕生日おめでとうって言われることが、心から嬉しいみたいで、何度も何度もおめでとう、ありがとうとやり取りしました。

まだまだ愚図ることもあるけど、四歳、もう赤ちゃん期はすっかり遠く、随分しっかりしたお姉さんになってきました。

近頃写真の整理をしてるので、昔の写真を見るとホントに幼くて、大きくなったなぁ〜と思います。

f0176860_1344564.jpg


寂しいとも思うけど、上の子と一緒に遊んだり、でかけたりもしやすく、ますます活動の幅を広げられそうなのは楽しみ。

保育園では頑張り屋の優等生。運動会やお遊戯会など、人前で何かをするのは苦手だけど、最近は折り紙、鉄棒、手紙やお絵描きなど、色んなことを積極的に頑張ってます。

一方で負けず嫌いもすごく、常に上の子と対抗します。すぐにわたしに言いつけるのは、女の子ならでは?

この一年でまた大きく成長するんだろうな。
by lucie1104 | 2013-07-20 13:04 | 行事 | Comments(2)

ブルーベリージャム

三連休にブルーベリージャムを煮ました。

レシピは、ベリーさんの。

ミセスベリーのジャム・ノート (マイライフシリーズ 738 特集版)

赤曽部 麗子 / グラフ社



ベリーさんのブルーベリージャムは、すごく美味しいと聞いていて、一度作ってみたかったのです。

本ではブルーベリー1kgで作ることになっているのですが、八百屋さんにあるの全部買っても500gだったので半量で。

f0176860_850743.jpg


煮る時に、ミントを一枝入れるのがベリーさん流。あとレモンが結構たくさん入ります。

ホントはリンゴ果汁もいるんだけど、買い忘れたので省きました。

f0176860_8501051.jpg


半量で、瓶3つと半分の量ができました。

ひと瓶、この前作った梅シロップと共に、義実家におすそ分け予定。

味は、レモンが沢山入ってるだけあって酸味が効いてて、ブルーベリーの味が濃厚!美味しい〜。

クリームチーズと合わせると最高です!

f0176860_8501552.jpg


ミントの味は全然しなかったけど…。

ブルーベリージャムは、へたを取るなどの下処理が不要なのでとっても簡単でした。ペクチンが豊富なのでそれほど煮詰めなくても、冷めるとかなり固まります。

子供達も気に入ってくれたので、来年は1kgで作ろうかな。
by lucie1104 | 2013-07-18 09:06 | 料理 | Comments(0)

人形劇『ふたりはともだち』鑑賞

ふたりはともだち (ミセスこどもの本)

アーノルド・ローベル / 文化出版局



この絵本の中の「お手紙」という話が、息子@小2の国語の教科書に載っているのですが、近くでこの「ふたりはともだち」の人形劇をやるというチラシを見つけたので行ってきました。

劇団はひとみ座というところです。

http://hitomiza.com/

ホームページを見たとこ中々伝統とあるところみたい。ひょっこりひょうたん島をやってたらしい。そうなんだ!

がまくんとかえるくんの二人のお話なので、演技するのもお二人。

それぞれ他にかたつむり、蛇などの役もこなしています。声色を使い分けててすごい〜。

お話は、お手紙の他にもう一つ。お手紙の方も、本にはない二人が川で泳ぐエピソードなどあり。

コミカルでテンポの良い動きとトークであっという間の45分でした。

人形が想像以上に表情豊かで、お二人の演技も素晴らしく、私も引き込まれて見ていました。

娘は最後の方、もう帰りたいと言ってたけど、45分なのでもちました^_^;

息子は離れたところで見てたので反応があまり見えなかったけど、よく集中して見てたかな?来てる子供は、息子より下の年長から小1位が一番多そう。みんな大笑いしてました。

公演後人形作りのワークショップがあったので参加。

娘が一人でハサミをうまく使って、絵もどんどん描いていたので驚き!すっかりお姉さんになったなあ。

f0176860_8351920.jpg


そして上の子の作品はこちら

f0176860_839589.jpg


二人とも楽しめたようで良かったです!
by lucie1104 | 2013-07-17 08:35 | 子どもとおでかけ | Comments(0)

【iPhoneアプリ】FlickStackr

6月頭から一念発起して、2800枚のiPhone画像をフォトブックにしていましたが、やっと終わりました!

フォトブックの記事はこちら→TOLOTで歴代iPhone画像をフォトブック化

何冊行くかと思いましたが、15冊でした~。

今後はある程度枚数がたまったらまた順次フォトブックにする流れを作ればためてストレスになることはないかな、と。

フォトブックにした画像はiPhoneのライブラリから削除していたのですが、やっぱり消しちゃうのはもったいないような気がして、クラウドで管理できないかなと検索してみたところ、良い記事発見!

http://number333.org/2013/05/24/how-to-use-flickr/

Flickrは去年両親と画像の共有のために、使ってみようとしたのですが、なぜかうまく向こうがアクセスできなくてそのまま放置していました。

その時共有目的でしか考えていませんでしたが、今は無料で1TBまで使えるとのことですので、ここにアップロードしちゃえば、iPhoneから削除してもいいんじゃん~~♪♪

というわけでFlickrStackrというiPhoneのアップロード、編集アプリをDL。

アップロードにはそれなりに時間がかかりますが、なんとか完了。

記事の中で、セットにすることが薦められているので、今は暇を見て、セットを作って編集しています。

後は、パソコンの中の画像もFlickrに入れちゃえば、かなり安心!

引き続き頑張ろうと思います~。
by lucie1104 | 2013-07-14 08:23 | 写真・ビデオ | Comments(0)

『Lean In』感想

Lean In: Women, Work, and the Will to Lead

Sheryl Sandberg / W H Allen



翻訳がもう出ちゃったようですが、一応原著をKindleで読みました。一か月近くかかっちゃったけど、読みやすくて面白かったです。

先日来日して、講演をしたり、クローズアップ現代で特集されたり、ネット上にもたくさんインタビュー記事などがあるので、この本での彼女の主張は大体興味ある人ならもう知ってるかと思いますが、感想を書きます。

シェリル・サンドバーグのことは、TEDのプレゼンで知りました。

本は、あのプレゼンと同じことを、より詳しく、色んなエピソードを盛り込んで展開したような内容。

働く女性の感じるジレンマをよく代弁してくれたなーと思いました。彼女ほどの地位にいても同じような葛藤を感じるんだなぁと驚きつつも共感しきり。

たとえば、ある女性が、子どもを持ったら全力で働けなるからと言って仕事を引き受けることに躊躇していたけど、実は彼女は子どもどころか、結婚してないし、恋人もいない状況w

これは極端な例かもしれないけど、わかるんですよねー。その一歩引いてしまう感じ。

私も娘がもうすぐ4歳になる今まで時短を中々解除するのに踏み切れなかったし、出張も中々踏み切れなかった。転職したいと思った時も、子供を理由に断念したことがありました。

何か実際に問題が起こったわけではなくて、「ああなったらどうしよう、こうなったらどうしよう」って想定しては、不安だから、一歩引いて我慢しちゃう感じ。

それに対してシェリルは、たとえ妊娠したって、出産までは何カ月もあるんだし、そうやって引いてしまうと、責任とやりがいのある仕事の経験のチャンスを逃し、仕事に対するやりがいも失ってしまう可能性がある。。だったら本当に産休に入る(もしくはそのほかアクセルを踏めない時)時まで、アクセルを踏み続けようと言います。

それから、何事も予め想定して準備しておくのは良いことだけど、キャリアやライフプランに関してはプランニングすることで、道が開けるより、閉じることが多いと書いていて、それもなるほど、と、思いました。

彼女はキャリアを、はしごじゃなく、ジャングルジムに例えています。

この件に関しては、女性の側だけでなく、会社の方ももっとオープンに妊娠の希望などについて尋ね、話せるようにできるといいとあり、それにも同感です。

二つ目が、母親としても、仕事でも中途半端に感じてしまうジレンマ。

母親としては、専業主婦と比較し、職場では、仕事に専念できる同僚と比較し、できていないと落ち込む。あるある。

でも、一人の人間が、家庭も仕事も100%やるなんて絶対ムリ!そんなのは神話。そもそもどちらかに専念できる人達を基準にしてはいけない。

興味深いデータが紹介されているのですが、1975年の専業主婦の育児にかける時間は11時間/週で、ワーキングマザーは7時間、現代の専業主婦は17時間、ワーキングマザーで11時間なんだそう。てことは、現代のワーママも、1975年の専業主婦と同じくらいやってるわけで・・・。これは多分アメリカのデータでしょうけど、日本も同じような感じな気がします。育児に昔よりどんどん手がかかってるような。

シェリルは、Done is better than perfectという言葉を気に入って使っているそう。完璧主義はやめよう。

そして三つ目が、成功する女性は嫌われるジレンマ。

同じように成功した男性と女性の話を聞いて、男女とも男性の方には好感を抱くのに、女性の方は悪い印象を持ついう実験結果があるらしい。

そんな実験は知りませんでしたが、私自身、仕事で積極的に手を挙げたり、アピールするのがとても苦手。手を挙げるのにすごく勇気が要ります。苦手な原因は、それでどう思われるだろう?って不安がある気がします。

女性は、男性より、自己評価を低くつけるという実験結果もあるのだそうです。

これは今の女性に対するステレオタイプな見方が影響しているらしく、その状況は今すぐ変えられるものではなさそうですが…これを変えていくには、女性リーダーが増えて、世の中の意識が変わるしかないですよね。

そのためには、自分の中の恐れを克服して、もっと手を挙げなくては!と思いました。

面白いエピソード、納得できる話がまだまだ沢山あるのですが、感想はとりあえずここまで。

彼女のような影響力のある女性が本を出し、クローズアップされているだけで、この先少しは世の中変わっていくんじゃないかと期待が膨らみます。

私自身も、これからの世代の人達のためにも、自分の葛藤を乗り越えて、踏み出していきたいと思います。
by lucie1104 | 2013-07-13 17:03 | 自己啓発 | Comments(0)

体組成検査二回目

先週池袋に行く用があったので、カラダステーションに行って体組成の検査をしてもらいました。

一回目の検査のことはこちら→体組成測ってみた!

今回の結果を前回と比較してみると…

体水分:27.5 kg(標準)→26.7 kg
タンパク質:7.3kg(標準)→7.2 kg
ミネラル:2.52kg(標準)→2.49 kg
体脂肪:8.8kg(低)→10.2 kg

体重:46.1kg:(標準)→46.6kg
骨格筋量:20.3kg(標準)→19.5 kg
体脂肪量:8.8kg(低)→10.2 kg

BMI:19.2kg/m2→19.4
体脂肪率:19.0%→22.0%

フィットネススコア:76点(普通)→76点
基礎代謝量:1176kcal(標準)→1155
内臓脂肪レベル:低→低


部位別筋肉バランス
左上104.1% →92.0%
右上105.2%→92.8%
左下101.2% →104.6%
右下101.1%→104.7%

部位別脂肪バランス
左上23.1% →28.6%
右上22.6%→28.0%
左下20.6%→23.3%
右下20.6%→23.4%

前回測定したのが午前、今回は夕方で、時間帯による誤差の範囲内かもしれませんが、いずれも筋肉量が減って、脂肪量が増えてるのが残念>_<

ここ三ヶ月間の体重、体脂肪率の推移を見ても実際あまり変化なしなんだけど。

f0176860_844657.jpg


筋肉をもう少し増やしたいので、筋トレが必要なのかなぁ。あまりモチベーションあがらないけど^_^;
by lucie1104 | 2013-07-12 08:43 | 体・健康 | Comments(0)

読み聞かせボランティア2013年7月

今回は猛反省した出来事がひとつ。

前日まで、ちゃんと覚えていたのに、当日朝読み聞かせのことをなぜかころっと忘れてしまっていたんです!

朝保育園に娘を送る途中、偶然ボランティア仲間の一人とすれちがい、珍しい人とすれ違ったなぁなんて思った数秒後、「読み聞かせー!!」と思い出しました。

とにかくダッシュで娘を送って、家に戻り、絵本を持って学校へ。

一分遅刻で、一応予定時間内に読み終えましたが冷や汗をかきました。もしすれちがっていなかったから…と思うとゾッ((((;゚Д゚)))))))

次回は忘れないようにリマインダーをセットしました>_<

さて、読み聞かせの方は、エディのごちそうづくりという絵本を読みました。

エディの ごちそうづくり (福音館の科学シリーズ)

サラ・ガーランド / 福音館書店



おじいちゃんの誕生日に、忙しいママに代わってパンやスパゲッティ、ケーキを作る兄妹のお話。

料理が美味しそうだし、庭の木からリンゴを取ったり、鶏小屋から卵を取ったり、自給自足な感じも好きです。最後にちょっとしたオチもあり。

全員が集中して聞いてくれてました。三年生しっかりしてるな(^-^)

本の最後にレシピが載ってるので、興味あったら図書館で借りて作ってみてねと言いました。


◆ほかのクラスで読まれた絵本

http://www.ehonnavi.net/ehon/26603/%E3%81%91%E3%81%91%E3%81%91%E3%81%AE%E3%81%91/

今月のイチオシ。修学旅行を間近に控えた6年生のクラスに、毛のお話だそうです。
こんな絵本があるんですね~。知らなかった。
最初は笑っていたのに、途中から皆大人しくなっちゃって神妙に聞いていたそう。こういう話をみんなで共有するのはいいかもしれない。
まずはうちで読んでみようかと思います。二年生位だと逆に読みやすいかもね。


ひもかとおもったら… (園児参加かみしばい みんなもいっしょにね)

古川 タク / 教育画劇



「ひもかと思ったら、、恐竜」とか「星かと思ったら、、たいやき」とか、絵の右半分を見せて、残りを見せると「あら?」となる展開の紙芝居。

本来もっと小さい子向けのものなので、英語で言うと?なんてひねりを聞かせてやったそうです。

じいさまときつね (日本民話かみしばい選・おばけがいっぱい)

増田 尚子 / 童心社



怪談みたいな怖い所のあるお話。絵いっぱいに幽霊のヌッと伸びた腕だけが描かれてるシーンなど、紙芝居ならではの迫力がありました。夏向きですな。

おっきょちゃんとかっぱ (こどものとも傑作集)

長谷川 摂子 / 福音館書店



ストーリーについて紹介されなかったのでわからないですが、今の季節にぜひ読みたい、せつない、懐かしい感じのする絵本だそう。目利きのIさんセレクトなので注目です。


きつねのかみさま (絵本・いつでもいっしょ)

あまん きみこ / ポプラ社



私の好きな酒井駒子さんの絵、あまんきみこさんのお話の絵本。二年生女子から絵が可愛い〜と感想が出たそう。

うしはどこでも「モー!」

エレン・スラスキー ワインスティーン / 鈴木出版



色んな国の言葉で動物の鳴き声を紹介する絵本。

アンジェロ

デビッド マコーレイ / ほるぷ出版



こちらは四年生のクラスで。四年生って、興味ないそぶりで、集まらない子がいたりするらしい。

でもそのボランティアの方は、「興味ある子が集まってくれればいい。読み始めたら絵本の力できっと聞いてくれる自信がある」と仰ってました。かっこいい〜

下二冊は導入と、締めに。メインが重い本なので、五味太郎さんを選んだそう。

ぬぬぬぬぬ

五味 太郎 / 偕成社



どどどどど

五味 太郎 / 偕成社



ウエズレーの国

ポール・フライシュマン / あすなろ書房



絵がきれい。お話は中々荒唐無稽な感じですが、子ども受けはすごく良かったそうですよ。


片耳の大シカ (ポプラ社文庫―日本の名作文庫)

椋 鳩十 / ポプラ社



椋鳩十さんの本から、一話。絵本じゃなく、語りです。猟りの話でどちらかというと男の子向きですが、女の子もよく聞いてきたそう。

そして読み終わった後「あ〜、面白かった〜!」って感想が出たそう。私もそんな風に言わせてみたい!
by lucie1104 | 2013-07-11 08:21 | 読み聞かせボランティア | Comments(0)


読んだ本の簡単レビューと日記


by lucie1104

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

さなごんさん ありがと..
by lucie1104 at 21:19
おめでとうございます!娘..
by さなごん at 20:58
さなごんさん、黄色マグ、..
by lucie1104 at 17:38
娘ちゃん、おめでとうござ..
by さなごん at 20:12
> さなごんさん 黄色..
by lucie1104 at 19:12
マグカップが!! 私も..
by さなごん at 22:29
お仲間ですね〜♪♪ブログ..
by lucie1104 at 13:03
私も6話から見出してはま..
by さなごん at 13:09
みゅうちゃんも去年から管..
by lucie1104 at 13:17
さなごんさんも学童落ちる..
by lucie1104 at 13:16

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル